令和時代のお笑い公論

笑いの粗熱が冷めるまで

雑文

ファーストサマーウイカが感銘を受けたコント。

ザ・ギース コントセレクション「ニューオールド」 [DVD] ザ・ギース Amazon 2021年9月6日放送の『ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0』に、3時のヒロイン・福田麻貴がゲストとして出演していました。 以前、3時のヒロインとして『霜降り明星の…

こんな夜にお前に乗れないなんて

雨上がり決死隊が解散した。 正直、それほど思い入れのあるコンビではない。コンビとして注目を集めるきっかけとなった『めちゃイケ』や、ガレッジセール・DonDokoDon・小池栄子とともにしのぎを削った『ワンナイ』の放送はたまにチェックしていたが、注目す…

笑いを生み出すということ

いつもお世話になっております。すが家しのぶです。 最近は『佐久間宣行のNOBROCK TV』を毎週欠かさず見ております。 『佐久間宣行のNOBROCK TV』は、元テレビ東京局員のテレビプロデューサー・佐久間宣行が企画・出演・プロデュースを行うYouTubeチャンネル…

『読む余熱』第二号について

読む余熱 VOLUME 2 作者:すが家しのぶ,児島気奈,ヒャダイン,飲用てれび 白泉社 Amazon いつもお世話になっております。すが家しのぶです。 先月、配信が開始されました『読む余熱』第二号において、テキストを寄稿させていただきました。今号の特集は「大好…

大切なお知らせ

読む余熱 VOLUME 2 作者:すが家しのぶ,児島気奈,ヒャダイン,飲用てれび 白泉社 Amazon どうも、すが家しのぶです。今年頭に創刊号が配信された『読む余熱』の第二号に寄稿させていただきました。今回のテーマは「大好き!テレビバラエティ」ということで、私…

頑張れ思春期、負けるな記憶力。

どうも、すが家です。 突然ですが、皆さんの記憶力ってどうですか。 私はどうも最近、思い出そうとして思い出せないことがやたらと増えてきまして、それが「肝心のワードが出てこない」というよりも「肝心のワードに辿り着くまでの前段階で必要なワードが出…

『読む余熱』本創刊号について

読む余熱 VOLUME 1 作者:飲用てれび,すが家しのぶ,児島気奈,小田ひとみ,彼方さとみ 発売日: 2021/01/20 メディア: Kindle版 どうも、すが家です。改めてご連絡させていただきます。 先日、白泉社より配信を開始しました電子雑誌『読む余熱』の本創刊号に、テ…

藤岡拓太郎が『街で』で見せたギャグ漫画家としての挑戦。

『大丈夫マン』が面白い。 大丈夫マン 藤岡拓太郎作品集 作者:藤岡 拓太郎 発売日: 2021/01/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) 『大丈夫マン』は気鋭のギャグ漫画家、藤岡拓太郎による作品集だ。2017年から2020年にかけてTwitterやInstagramなどで公開さ…

大切なお知らせ

①QJ Webに記事が掲載されました。 『M-1グランプリ2020』決勝戦当日に公開されました。お笑いについてあんまり詳しくない人でもなんとなく理解できるファイナリスト紹介文になっています。正直、M-1絡みのコラムでは、18日に公開された釣木文恵氏の記事や19…

2020年の入荷予定(まとめ)+暮れの挨拶

0129「エレ片 光光☆コントの人」0129「ナイツ独演会 エルやエスの必需品」0129「詰め合わせ」(まんじゅう大帝国)0129「アンタッチャブル柴田の「超ワロタwwww」~もうすぐ世間に知られてしまう超絶おもしろ芸人たち~」0205「bananaman live S」0318「うる…

元凶。

小林賢太郎が引退である。 あくまでも出演者として引退するだけで、裏方としての活動は今後も続けていくそうだ。なるほど、それならば……と、容易に受け入れるのは難しい。何故ならば、私が愛した小林賢太郎のコント世界において、パフォーマーとしての小林賢…

『読む余熱』プレ創刊号について

読む余熱 VOLUME 0 作者:飲用てれび,すが家しのぶ,のてい,児島気奈,彼方さとみ,小田ひとみ 発売日: 2020/11/26 メディア: Kindle版 どうも、すが家です。改めて、ご連絡させていただきます。 昨日、白泉社より配信を開始しました電子雑誌『読む余熱』のプレ…

大切なお知らせ

①結婚しました。 ②引っ越しました。 ③白泉社が発行する電子雑誌『読む余熱』に寄稿させていただきました。11月26日にプレ号、年明けには第一号が配信される予定になっています。よほどの不祥事を起こさない限り、両方に原稿を載せていただくことになると思い…

ヒマなので第七世代の年齢表を作ってみた

【1980】サイトウナオキ(ゾフィー) 【1983】1018:田辺智加(ぼる塾)1109:松陰寺太勇(ぺこぱ) 【1984】0128:布川ひろき(トム・ブラウン)1217:上田航平(ゾフィー)1229:みちお(トム・ブラウン) 【1985】0811:友保隼平(金属バット) 【1986】0…

芸人Blu-ray史

どうも菅家です。好きなスシローの軍艦は「たらマヨ」です。 特に理由はないのですが、「芸人のBlu-rayリリースの歴史を一回振り返ってみてもいいのではないだろうか」と思い立ったので、年表を作ってみました。あくまでも芸人のソフト限定なので、『さまぁ…

僕は僕の素晴らしき人生の為に寝っ転がってYouTubeを見ている

疲れている。明らかに疲弊している。 否、摩耗している、と表現した方が今の状態を説明するに適切かもしれない。川の流れに身を任せた小石が、川底の石たちにぶつかって少しずつ角を落としていき、最終的にはつるつるとした形状になってしまうように、それま…

年始の御挨拶。

あけましておめでとうございます。すが家です。 正月も三が日を過ぎまして、そろそろ無闇に気持ちの高揚する元日の根拠なき目出度さを理由に欲望へと埋没した日々から平々凡々とした惨めったらしい日常へと気持ちを切り替えていかねばならぬと考えているとこ…

年末の御挨拶

すが家です。皆さんはすが家ですか?この記事を書いている今、時刻は午後十時を過ぎたところであります。残り二時間で2019年が終わります。毎年、大晦日となると、独特の緊張感を漂わせているものですが、今年は平成から令和へと切り替わる大イベントを経験…

出先なので一言だけ

やったーーーーーーーー!!!

『俺たちはどう生きるか』(大竹まこと)

俺たちはどう生きるか (集英社新書) 作者: 大竹まこと 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2019/07/17 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る ここ数週間、本を読む時間を設けている。読もうと決意したわけではない。本を読むことが出来る時間が偶発的に…

なあ、怖いコントを観ようじゃないか!!

先日、XXCLUBの大島育宙氏を怒らせてしまった。 実際に怒っていたのかどうかは分からない。でも、きっと怒っていたのではないかと思う。少なくとも私には怒っているように見えた。日頃は理論的に物事を語っている人が冷静に怒りを露わにする姿というのは、得…

めちゃめちゃ大事な正念場

宮迫博之、吉本興業から契約解除であるという。私は『ワンナイ』の熱心な視聴者ではなかったし、『アメトーーク』もMCよりゲストの方に注目していたし、むしろ『R-1ぐらんぷり』に関してはMCとしての判を押したような立ち振る舞いに苛立ちを覚えることも少な…

ハコのサイズはどんなかな?

「シソンヌライブ08[huit]」大阪公演のチケットが売れていないらしい。 『キングオブコント2014』での華々しい優勝から五年が経過している今も尚、年に一度のペースで開催されている単独公演を継続し、その舞台が高く評価されているシソンヌ。完成された世…

「今夜、笑いの数を数えましょう」(いとうせいこう)

今夜、笑いの数を数えましょう 作者: いとうせいこう 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/02/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 芸人ではない人間が「笑い」について語ることほど滑稽なものはない。どれほどの理屈をこねくり回したところ…

「映像コントアワード2018」の件。

どうも菅家です。 賢明な読者の皆さまなら、かつて私が「映像コントアワード2016」および「映像コントアワード2017」というイベントにコメントを寄せていたことを、しっかりと覚えているのではないかと思いますが……覚えていないのならば脳味噌を搾って思い出…

無題。

ちょっとムカッときたので記録。 2014年に、どぶろっくのネタについて、 「どぶろっくがこんなに老若男女に大人気なのは、痴漢などの性犯罪に関する知識が日本の世の中に浸透していないことの表れ」 「どぶろっくを笑う世界」には、痴漢などの性暴力は存在し…

年末のごあいさつ

どうも菅家です。 本年もお世話になりました。なったと思います。なってないなーと思った人は、見て見ぬふりをしてください。正直なところ、私もそれほどお世話になったような気がしていません。自分が書きたいことを書いて、放出しているだけであります。ブ…

大園桃子について書いてみよう!

ブログを怠けている。 他に書きたいことがあり、そちらの方にばかり力を注いでいるためである。とはいえ、私の文筆活動の中心は、あくまでも本ブログなので、そこをおざなりにしてしまっているのは宜しくない。 そこで、日曜深夜の寝る直前に、Twitterで募集…

今になって、枡野浩一の言葉を思い出す。

ふと、本棚の一冊を引っ張り出す。 お笑い解体新書―ブームの謎を完全に紐解くお笑いMANUAL MOOK (Vol.1) (Oak mook (106)) 出版社/メーカー: オークラ出版 発売日: 2005/09/01 メディア: ムック クリック: 33回 この商品を含むブログ (13件) を見る 2005年に…

「人を傷つけない笑い」と佐久間一行。

4月7日放送予定の「ENGEIグランドスラム」に佐久間一行が出演する。 他の出演者が推薦する“今、この芸人がすごい!”という特別枠での出演らしい。「R-1ぐらんぷり2011」王者である佐久間が、どうして特別に設けられた枠で出演させられるのか、些か理解に苦し…