令和時代のお笑い公論

心が腐る、その前に。

テレビを見よ、自然へ出よう。『ひとりキャンプで食って寝る』

f:id:Sugaya:20191028222219j:plain

TVerにて『ひとりキャンプで食って寝る』を視聴。コマーシャルで見かけたときから気になっていたのに、いつの間にやら第一話の放送日が過ぎていて、気が付けば第二話の放送が終わっていた。こんな時にTVerの存在は本当に有難い。ちなみに、注意書きによると、どうやら第一話と第二話は12月末まで配信され続けるらしい。本作は主人公が二人いるので、それぞれにとっての第一話は残しておこうという配慮だろうか。実に有難い。私と同様、気になっているけれどまだ見てないという人は、第三話が放送されるまでにチェックした方が良い。否、チェックすべきだ。とにかく素晴らしかった。

簡単にストーリーを説明しよう。先述の通り、このドラマには二人の主人公が存在する。一人目は大木健人(三浦貴大)。キャンプ地で持参した缶詰を調理して食べて寝る。二人目は七子(夏帆)。キャンプ地で手に入れた山の幸海の幸を調理して食べて寝る。このドラマは、そんな二人のキャンプ地での行動を描いた作品である。今後、ドラマチックな要素が加えられる可能性もあるが、恐らくそのような無粋なことはしないだろう。何故なら、このドラマが軸に描いているのは、徹底して“キャンプ”だからだ。都会の喧騒を離れ、非日常的に過ぎていく緩やかな時間の流れを、本作はとても丁寧に描いている。余計なBGMもない。無駄がない。もとい、無駄しかない。でもそれが良い。それがキャンプだ。わざわざ出かけてテントを建てて野外で飯を食って寝る。それがキャンプだ。そして、だからこそ本作では、アクセントとしての調理が最重要事項となっている。調理から完成、そして食事までの流れを、徹底的に美味そうに見せる。否、絶対に美味い。第一話の導入部分、缶詰のコーンをバターで炒めて、酒のツマミにしているシーンで、私などは早々にノックアウトである。

正直、ちょっと綺麗に描き過ぎているようなところはある。同じキャンプ仲間が燻製したササミを分けてくれるところはまだ理解できるが、居合わせた釣り人夫婦がそんな簡単に受け入れてくれるようなことがあるだろうか。まあ、でも、そういうことが起こり得るのがキャンプである、ともいえる(とはいえ夜中の砂浜でラジオからシュガー・ベイブが流れてくるのは、あまりにも「理想的な美しさ」に満ちていて笑ってしまった)。とにかく良いドラマだ。どういうことになるかは分からないが、最終話まで見守りたい。

ちなみに、大木健人パートは横浜聡子(『世界のフラワーロード』『俳優 亀岡拓次』)、七子パートは冨永昌敬(『パビリオン山椒魚』『素敵なダイナマイトスキャンダル』)が担当している。男性パートを女性の監督が、女性のパートを男性の監督が、それぞれ撮っているというのも、ちょっと面白いかもしれない。