令和時代のお笑い公論

心が腐る、その前に。

2019年11月の入荷予定

06「7300days」(チョップリン
27「Aマッソのゲラニチョビ マジカル・オオギリー・ツアー〜ディレクターズカット版〜
27「バカリズムライブ「image」
27「ジョビジョバライブ『Let's GO SIX MONKEYS』
27「うしろシティ単独ライブ「人生に、エクスカリバーを。」

どうも菅家です。皆さんは生きてますか。私は死にました。献血ポスターも死にました。それでも血液を求めている人は後を絶ちません。幸いにも赤十字社は死んでいませんから、皆で献血に行きましょう。あと『宇崎ちゃんは遊びたい!』も死んでません。そもそも漫画作品とのコラボとして貼り出されたポスターなのに、くだんの女性が作品内でどのように描かれている人物なのかについて語られないまま、イラストだけが切り取られて、セクハラかそうじゃないかという議論に発展していることは、それはそれで作品に対する侮辱的姿勢といえるのではないかという気がしないでもないです。お互いを尊重し合いながら前に進んでいきたいものです。知らんけど。

そんなことより11月のリリース作品ですが、やはり注目すべきはチョップリンによる久々の単独作品でしょうね。チョップリン名義のDVDがリリースされるのは、2007年に発売された『ライヴ「中年」』以来、およそ十二年ぶりのこと。……こうなると、むしろ何故に今になってリリースされるのかという疑問が浮かんできますが、気にしない気にしない。ちなみに私はこのライブを生で観賞しています。工場のコントが素晴らしいので、是非ともご覧下さい。その他、気になるところでいうと、なんだか色んなことがあったような気がしないでもないAマッソのネット番組のDVDでしょうか。なんやかんやと批判もあったでしょうが、予定通りに発売されるようです。思うところはあるようなないような感じですが、ひとまず楽しみですね。

……おおっと、菅家しのぶという名のお笑い公論エクスプレス、そろそろ蘇生の時刻がきたようです。