令和時代のお笑い公論

心が腐る、その前に。

「M-1グランプリ2019」準々決勝敗退者・オススメの五組(11月18日大阪予選)

すが家です。今年のアレの大阪バージョンです。

年の瀬だというのにプライベート方面でなにかとバタバタしているので、今回も特に凝った文章は用意しておりません。ただただ、惜しくも準々決勝で敗退してしまった漫才師たちの中から、個人的に面白いと感じさせられたコンビを選出しております。私が好きな漫才師を皆さんも気に入るとは思いませんが、興味がありましたらば。

以下、今年のアレ。

Dr.ハインリッヒ

f:id:Sugaya:20191220212227j:plain

吉本興業所属。幸(左)と彩(右)によって2005年に結成。大阪NSC27期生。一卵性双生児の姉妹によるコンビである。だが、それをネタに取り入れることはない。それどころか漫才の中で微塵も触れようとしない。双子であることなど、二人にとってはまったく重要ではないのである。無駄なことは語らない。そんな二人の姿勢は漫才にも表れている。冒頭から聖書について語り始める幸。唐突に「風のような人だと思われたい」などと言ってのける彩。それらの言動の根拠が説明されることはない。必要無いからだ。そんな些細なことは二人にとって大事ではないからだ。大事なのは、それよりももっと奥の方にある……と、思わせておいて、実は何もないのかもしれない。なにせ混沌の時代である。混沌の時代を生きる混沌の漫才師に理由など求めても意味などないのだ。三回戦「風のような人だったな」準々決勝「顔にはっつけ人間」

 

【シカゴ実業】

f:id:Sugaya:20191220220217j:plain

吉本興業所属。山本プロ野球(右)と中川ひちゃゆき(左)によって2016年に結成。山本は大阪NSC31期生、中川は大阪NSC32期生。人間は学ぶ生き物である。観察し、学習し、記憶する能力が、他の生物たちよりも圧倒的に優れていたからこそ、今日の文明に辿り着いたのだ。だが、その優れた能力が、必ずしも効果的に発揮するとは限らない。私たちは本当に必要な情報だけを記憶しているだろうか。否、そんなわけがない。今日に至るまで、生きていく上で必要のないことを、私たちは随分と記憶してしまっている。シカゴ実業の漫才は、そんな記憶という優れた能力を持っているが故に生じる不条理を笑いに変える。知らなくてもいいことを覚え、知りたかったことを覚えていない。とかくこの世は難しい。記憶の引き出しには今日もポディマハッタヤ。三回戦「日本の教育」準々決勝「ポディマハッタヤ」

 

【ガーベラガーデン】

f:id:Sugaya:20191220225938j:plain

マチュア。上浦侑(右)とジッパー(左)によって2007年に結成。芸人にとって唯一無二の武器があるということが必ずしも有利に働くとは限らない。何故なら、その武器によるイメージが定着することで、表現できることが制限されてしまうからだ。もし、敢えて武器を捨てて、まったく新しいスタイルのネタを作り上げたとしても、観客の脳裏には元来の武器がどうしても浮かび上がってくる。しかし、それを上手く使いこなすことが出来れば、他の芸人であれば決して辿り着くことの出来ない深海へと到達することも可能になる。学校教員と塾講師によるアマチュアコンビ・ガーベラガーデンの漫才は、もはやその域に達しているといっていいだろう。学校教員だからこそ生み落とせる発想、塾講師だからこそ吐き出せるボヤキ、もはや内部告発レベルに踏み込んでいるのではないか?と心配させられるほどのリアリティ……。変ホ長調、ラランドの後を静かに追う姿は、化け物の如き存在感である。三回戦「学校を舞台にしたRPG」準々決勝「学校を舞台にしたRPG」

 

【にぼしいわし】

f:id:Sugaya:20191220231510j:plain

スパンキープロダクション所属。いわし(右)とにぼし(左)によって2013年に結成。『女芸人No.1決定戦 THE W』2019年大会・ファイナリスト。奇妙な出来事に遭遇してしまったとき、人は誰かにそのことを話したくなるものである。家族であれ、恋人であれ、友人であれ……誰かに話すことで経験を共有し、安寧を手に入れたいからだ。にぼしいわしの漫才は、そんな感覚を体現している。にぼしが体験したヘンテコな出来事を、相方のいわしに聞いてもらう。観客である私たちは、ただそれを見ているに過ぎない。このいわしの役割が意外と重要だ。いわしの役割はツッコミではなくあくまでもにぼしの話の聞き役に過ぎない。だからこそにぼしの話に笑ってしまうこともある。通常の漫才であれば許されない。だが、にぼしいわしの場合、それが許される。このスタイルが定着すれば、彼女たちは更なる爆発を見せることになるだろう。楽しみだなあ。三回戦「王将の天津飯」準々決勝「接骨院でサプライズ」

 

キャタピラーズ】

f:id:Sugaya:20191221210020j:plain

吉本興業所属。しげみうどん(右)とサカモト(左)によって2017年に結成。しげみは大阪NSC30期生、サカモトは大阪NSC32期生。しげみうどんがかわいい。どういうつもりなんだろうか。とにかくかわいい。ボケとして自由奔放に立ち振る舞うサカモトもかわいい空気を醸し出しているが、しげみのかわいさは圧倒的である。なにせ声がかわいい。適度に高音で親しみやすい。かといってアニメ的なデフォルメが効いているわけでもない。ただかわいい。しかも、その声のかわいさが、見た目ときちんと結合している。また芸風にも繋がっている。サカモトのボケに対してツッコミを入れるのではなく全面的に受け入れる際の一言がビシッとハマる。とりわけ準々決勝の漫才は最高なので是非ともご覧いただきたい。無理せずに共犯的な関係性に持ち込める。この強み。いずれ発見されて、バラエティの人気者になってしまうことだろう。三回戦「遊園地デート」準々決勝「水族館デート」

以下、準々決勝戦(大阪予選)の出場者。

パーフェクト・ダブル・シュレッダー「思わせぶりな女」
てんしとあくま「お前の好きなキス」
蛙亭「仕事と私、どっちが大事なの?」
もも「○○してそうな顔」
★シカゴ実業「ポディマハッタヤさん」
紅しょうが「ハイキング合コン」
ロングコートダディ【通過】
吉田たち「二人が同じ日に亡くなったら」
滝音「寝つきが悪い」
セルライトスパ【通過】
ネイビーズアフロ「メリーさん」
タチマチ「ギャップをつくる」
★にぼしいわし「接骨院でサプライズ」
さや香無人島で新山文明が…」
黒帯「手術とホームラン」
和牛【通過】
ダブルヒガシ「裁判員制度で選ばれて」
ニッポンの社長「犬のしつけ」
★パーティーパーティー「不動産屋さん」
ドーナツ・ピーナツ「霊媒師になりたい」
見取り図【通過】
マユリカ「ショッピングモールデート」
かまいたち【通過】
天才ピアニスト「見応えのあるストリートミュージシャン
★ガーベラガーデン「学校を舞台にしたRPG
たくろう「ねずみ講を断る」
デルマパンゲ「コマーシャルのコピー」
エンペラー「浮気のボーダーライン」
ミルクボーイ【通過】
モンスターエンジン「我が子に力士を説明する」
Dr.ハインリッヒ「顔に何かはっつけてる人」
ラフ次元「勉強が役に立つとき」
キャタピラーズ「彼女と水族館デート」
たらちね「なぞかけ」
★金属バット「人魚」
武者武者「美容師」
ヒガシ逢ウサカ「犯罪者やん!」
コウテイ「ホストになりたい」
ビスケットブラザーズ「高級旅館」
ツートライブ「結婚式の話」
アインシュタイン【通過】
からし蓮根【通過】

 ちなみに、GYAO!復活枠を制したのは金属バットでした。