読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDを見てなんやかんやいうブログ

無題。

昔、聴いていて、衝撃を受けた音源がある。

「この馬鹿野郎、娘一人さらわれたおかげでもって、両親楽で暮らせるように成りやがって……あの拉致太りめ。ええっ、横田某の夫婦の馬鹿野郎……」

これはヘイト・スピーチではない。立川流家元・立川談志のマクラである。もう少し、細かいところをいうと、2007年12月8日に博品館劇場で高座にかけられた『やかん』のマクラである。死後、キントトレコードからリリースされた追悼盤に収録されたもので、それまで繰り出されたジョークで笑っていた観客も、この瞬間だけは唖然したようで、ただただ静かな時間が流れている。

家元自薦ベスト やかん/天災 立川談志公式追悼盤(2枚組CD/談志役場・キントトレコード)

家元自薦ベスト やかん/天災 立川談志公式追悼盤(2枚組CD/談志役場・キントトレコード)

 

無論、あの談志が言うことなので、何の脈絡もなくこのような暴言を吐いたわけではない。この発言の前後は、以下のようになっている。

(数々の猥雑なジョークで観客を笑わせる家元……)

あのね、元来ね、寄席というのはこういうところなんですよ。

この馬鹿野郎、娘一人さらわれたおかげでもって、両親楽で暮らせるように成りやがって……あの拉致太りめ。ええっ、横田某の夫婦の馬鹿野郎……。

これがここ(高座)で言うことなんですよ。

んなもの、あの親には悪いところなんか一つもないですよ、そんなの。可愛い娘がさらわれて、国が相手にしてくれないから、自分たちが立ち上がって、みんなの協力を得ながらやってきた……って、崇高な行為ですよ。

だけど、庶民の腹ん中にゃね、さっきの「あの丸坊主の人殺しにしなきゃ困る」と同じようにね、「あの野郎、拉致太りめ」っていう、この了見があるんですよ。これは一番……良い悪いの問題じゃないんですよね。この了見がね、国からテレビを通じて無くなっちゃったんだね。

昔はそれが寄席にあったしね。寄席に出てくるね、隠居さんとかね、和尚さんにそういう了見があったんだよ。

だから庶民はそこで永遠にガス抜きしてたかな。

実にどうも……べけんやで……。

かつての寄席が庶民から求められていたことについて話していたわけである。

ただ、私が衝撃を受けたのは、この暴言のくだりそのものではない。「丸坊主」の件である。ここでいう「丸坊主」とは、高座の音源が収録された時期に話題となっていた殺人事件の関係者のことである。当時、その胡散臭い風貌から、インターネット掲示板の書き込みやマスコミから「犯人なのではないか」と疑心暗鬼の目を向けられていたのだ。結果、犯人は別の人物だったのだが、この日の談志はマクラで「あれ、なんとか犯人に仕立て上げようじゃねえか」とネタにしていたのである。そして、それを聞いた観客は、文字通り爆笑しているのである。

なんとも奇妙な話ではないか。横田某にしても、「丸坊主」にしても、まったく無実の人間であることには違いないのに、それぞれ切り口が違っているとはいえ、観客の反応もまるで違ってしまうなんて。同様に罪のない人間をネタにしても、その時その時の時代の流れによって、良しとされることもあれば、悪しとされることもあるということか。それはまさに「笑い」というあやふやで危うい概念を実感させられた瞬間であった。

……という記憶が、某茂木健一郎の話を考えている最中に甦った。関連性があるかどうかは、知ったことではない。