土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDを見てなんやかんやいうブログ

「キングオブコント2016」終了直後の感想

グルーヴしてなかったねえ。以前はもっとグルーヴしていたと思うんだけどねえ。決勝戦での審査方針を一新した途端にグルーヴしなくなったねえ。なんでだろうねえ。分からないねえ。決勝戦の審査方針を変えると同時に、準決勝の審査も方針を変えたのかねえ。それでも昨年はコロコロチキチキペッパーズやロッチ、バンビーノが盛り上げてくれたけどねえ。今年はファーストステージが終わっても、優勝に相応しい芸人が見受けられなかったねえ(かまいたちには少し期待していたけどねえ)。個人的に面白かった、しずる、ラブレターズ、ななまがりはファーストステージで敗退したしねえ。気が付けば「この流れなら勝てるんじゃないか?」って、審査員の傾向を読み取って応援していたよねえ。クソ下らないねえ。そんな低レベルな推測じゃなくて、コントの面白さで圧倒してほしかったんだよねえ。そうしてくれれば、自然とこちらもコントが生み出すグルーヴに飲み込まれるんだけどねえ。まあ、俺の感覚が、古臭くなってしまっただけなのかもしれないねえ。でも、『じわじわチャップリン』とか見ていると、けっこうグルーヴしてるんだよねえ。……ひょっとすると、もはやキングオブコントは、今の若手が織り成すグルーヴを欲していないのかもしれないねえ。でも、そうなると、俺は何のためにこの番組を見ているのだろうって話にもなってきそうだから、あんまり考えないことにしようねえ。最後に余談だけど、今回の記事は笑い飯の哲夫さんが演じる鳥人をイメージして打ち込んでいるので、それを想像しながら読もうねえ。