土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDについてなんやかんやいう

「6人のテレビ局員と1人の千原ジュニア」(2017年5月17日)

2016年3月25日に恵比寿ザ・ガーデンホールで開催されたライブを収録。

千原ジュニアといえば、「人志松本のすべらない話」「IPPONグランプリ」「にけつッ!!」などの番組での活躍ぶりから、大喜利やエピソードトークのように自身の視点や思考を反映した笑いを得意としている印象が強い。しかし、その一方で、ジュニアは他人の台本に身を委ねてしまうことで、プレイヤーとしての自らの能力を意識したライブも敢行している。例えば、2006年に行われた「6人の放送作家と1人の千原ジュニア」では、宮藤官九郎鈴木おさむといった人気放送作家たちの手掛ける企画・台本に挑んでいる。また、2014年に千原ジュニア・生誕40周年を記念して開催されたライブ「千原ジュニア×□」では様々なジャンルの人たちとコラボレーション。いずれのライブでも、彼の力だけでは生み出されることのなかったであろう笑いの世界が表現されている。

そして今回、千原ジュニアが目をつけたのは、人気バラエティ番組を手掛けている各局の演出家たち。「ヒルナンデス」「ワイドナショー」「水曜日のダウンタウン」「超絶 凄ワザ!」「ゴッドタン」など、今を時めく名物番組を手掛けている六人のテレビ局員たちが“千原ジュニア”という素材を駆使して、テレビとはまたベツモノの板の上の世界を作り上げている。但し、残念なことに、「アメトーーク」「ロンドンハーツ」などの人気番組を手掛けている加地倫三テレビ朝日)パートは未収録。理由は分からないが、ゲストとして出演したという田中卓志アンガールズ)絡みの何かがあったのかもしれない。そのため、本編には、五人のテレビ局員による舞台が収録されていることになる。タイトル的に不味いような気がしないでもない。

とはいえ、本編を視聴している最中に、物足りなさを感じることは一度もなかった。各局のテレビマンたちが、千原ジュニアを存分に活かした企画を用意しているためだろう。その手法も各自さまざま。某人気ドキュメンタリー番組風の映像で大喜利職人としての千原ジュニアをどんどん追い込んでいく末弘奉央(NHK)、「2016年、もしも千原ジュニアが全くの無名の若手芸人だったら、やはり“売れる”のだろうか?」という空想世界を構築した内田秀実(日本テレビ)、千原ジュニアによる鉄板のエピソードトークを様々な手段で妨害する佐久間宣行(テレビ東京)など、それぞれの経験によって培われた技法でもって千原ジュニアの良さを引き出している。

その中でも圧倒的だったのは、竹内誠(フジテレビ)と藤井健太郎(TBS)。

竹内誠(フジテレビ)が用意した企画は「daiben.com」。【ジャンルの専門家たちが面白いと思う話】を千原ジュニアが代弁、その巧みな話術でもって、面白いエピソードトークへと昇華する。恐らく、ジュニアの話芸の魅力を引き出すために打ち出された企画だったのではないかと思うのだが、ジュニアに代弁をお願いする代弁依頼人の個性があまりにも強烈過ぎて、本来の企画意図が吹っ飛んでしまっている。否、厳密にいえば、二人目の代弁依頼人「気象予報士天達武史」においては、きちんと企画が成立している。ただ、一人目の代弁依頼人「きのこ愛好家・堀博美」が、あまりにも衝撃的過ぎて、天達氏も天達氏の代弁話もまったく記憶に残らない。それぐらいに衝撃的な人物で、持っているエピソードも濃厚で、ただただたまらなかった。思うに、むしろ『アウト×デラックス』向けの人物だろう(話の内容は放送できないだろうが)。ただ、企画そのものは確かに魅力的で、本編に収録されている企画の中で最も“テレビ向け”に感じられた。

そんな(結果的に)人間力の強さを見せつけていた竹内氏に対して、藤井健太郎(TBS)は徹底的に考え抜かれた企画を考案。その内容は、過去の千原ジュニアの映像素材をかき集めて編集、現在のジュニアとアドリブで会話、対決するというもの。……正直、企画そのものに関しては、誰もが思いつくことだろう。ただ、それを実際にやってみようなどと思った人間は、そんなにいない筈だ。何故ならば、それを実現するためには、たった一度きりのライブを成立させるために出来る努力の範疇を優に超えてしまうからだ。実際に映像を見れば、そのバリエーションと密度に驚かされることだろう。というか、この企画を見るためだけに、本作を購入してもいい。あの「水曜日のダウンタウン」、あの「クイズ 正解は一年後」を手掛けている名プロデューサーが、千原ジュニアが口にするであろう発言を想定して、過去の映像素材をかき集めて、このライブに全力で臨んでいる壮絶な23分を確認していただきたい。

ちなみに、各チャプターの冒頭で、各局の担当者へのインタビューが取り上げられているので、そちらにも注目してもらいたい。それぞれのテレビに対する意識の違いみたいなものが感じられ、なかなかに面白いぞ。

◆本編【125分】

1ch(NHK):末弘奉央

4ch(日本テレビ):内田秀

5ch(テレビ朝日):加地倫三(※本編未収録)

6ch(TBSテレビ):藤井健太郎

7ch(テレビ東京):佐久間宣行

8ch(フジテレビ):竹内誠

◆特典

千原ジュニア放送作家高須光聖によるオーディオコメンタリー

「トップリードのコント集」(2010年12月1日)

トップリードのコント集 [DVD]

トップリードのコント集 [DVD]

 

太田プロ所属のお笑いコンビ、トップリードの傑作選である。

あまりにもシンプルなタイトルからは、コントの演じ手としての意地とプライドが感じられる。事実、本編には、彼らの代表作だけが厳選して収録されている。幕間映像は一切無い。実に潔い。“トップリード”名義の作品は、本作の他に2011年11月に開催された単独ライブを収録した『単独ライブ 二日坊主』が存在する。この二枚だけである。本作のリリース後、トップリードは「オンバト+」初代チャンピオンに輝き、「キングオブコント」で二度の決勝進出を果たしている。それなりの功績だ。そのことを思うと、この本数はあまりにも少なすぎやしないか。売り上げが芳しくなかったのかもしれないが、もっとソフトがリリースされても良かったのではないか……と今更ながらに思う。

本編には七本のコントを収録。本作はお手ごろな価格で若手芸人のネタを楽しめるシリーズ【笑魂(Short Contents)】の一作としてリリースされたため、ボリュームはやや控えめだ。とはいえ、ここは敢えて、「少数精鋭」という言葉を使わせていただきたい。なにせ、本編を再生し始めて、いきなり始まるコントが『狭いラーメン屋』である。文字通り、新妻が店長を務める“狭いラーメン屋”を訪れた和賀が、その店ならではの特殊な調理法を目の当たりにする様子を描いている。通常のコントのように、当事者同士がボケとツッコミの関係性にあるのではなく、コントの舞台が持つ特異性が結果的に二人をボケとツッコミの関係にしてしまう。とはいえ、決して非現実的とまではいかない、ギリギリ現実味のある設定なので、シチュエーションを無理矢理に作り上げているような印象は与えない。バランスの整った、素晴らしいコントである。

この他のコントも名作揃い。新妻の新宅への引っ越しのお手伝いを終えた和賀が雑談中に衝撃の事実を知ることとなる『引っ越しのお手伝い』、恋人と別れた悲しさから友人の新妻とベロベロになるまで酔っ払った和賀が翌日に己が犯した過ちに気付かされる『二日酔い』、トイレの前でコンパの作戦を打ち合わせる二人に秘められた想いとは?『コンパのトイレタイム』などなど……いずれのネタも巧みな構成がとても魅力的だ。芸能の世界において、決して目立つ見た目をしているとはいえない二人だが、だからこそ、それぞれの魅力を存分に引き出せる台本を適切に作り上げている。

これら傑作コントの中でも、突出して素晴らしいネタが『雨の建設予定地』と『先行く男』である。『雨の建設予定地』は『狭いラーメン屋』と同様、特異なシチュエーションが結果としてボケとツッコミの関係を作り上げているコントだ。雨の建設予定地を確認にやってきた二人が、傘とお土産で手元が塞がっている中でぐちゃぐちゃになりながら打ち合わせを重ねていく様子はとても滑稽で、しかし、その何処か見覚えのある混乱した状態に、共感を覚えずにはいられない。片や『先行く男』は、新妻演じるせっかちな男が、あまりにもせっかち過ぎて未来を予測していくという、他のコントとは一転してSF色の強いネタだ。とはいえ、あくまで舞台は日常的な風景で、いわゆる「すこしふしぎ」な魅力に満ち溢れている。当たり前のことのように平然と未来を先読みする新妻と、そんな新妻の言動に戸惑いを隠せない和賀のやり取りは、シチュエーションはまったく違っているものの、これまた『狭いラーメン屋』における、その状態を当たり前に感じている者(新妻)とその状態に始めて遭遇して驚きを隠せない者(和賀)の差異ある関係性を思わせる。その姿勢からは、異常を異常と突き放さない優しさが垣間見える。

これら本編に加えて、特典映像としてコント『雨男』と本編に収録されているコント『二日酔い』のオチの後の流れを撮影した『二日酔い おまけ』を収録。『雨男』は超が付くほどの“雨男”なアメミヤ(新妻)が、友達とキャンプに出掛けるのを楽しみにしている様子を描いたコント。基本的には笑えるのだが、雨が降っている状態がデフォルトなアメミヤの不遇な扱いがあまりにも哀しく、本編に収録されているネタに比べて作品性が強い。純粋にネタとしても勘当させられるのだが、和賀の「俺、こいつとは一生、一緒にいようって」という台詞は、今となっては非常に重い。もはや舞台に戻ることはなかったとしても、そうし続けてくれるのだろうか。

最後に改めて。勿体無い。

◆本編【39分】

「狭いラーメン屋」「ヨクルトおばさん」「引っ越しのお手伝い」「二日酔い」「雨の建設予定地」「先行く男」「コンパのトイレタイム」

◆特典映像【11分】

「雨男」「二日酔い おまけ」

トップリードの件について

単独ライブ 二日坊主 [DVD]

単独ライブ 二日坊主 [DVD]

 

トップリードが解散するという。

当然、想定される展開である。他人の家に土足で踏み込んだ男が穏やかに芸能活動を継続することは無理というものだ。

だが、そこを敢えて、そんなどうしようもない人間ですらも包み込んでくれるのが芸能という世界なのだから、赦されても良かったのではないか。そんなことを言いたくなってしまうのは、本件において、私がまったくの部外者であるためである。無責任な立場から語っている。

実際、彼は加害者であるから、言うまでもなく被害者が存在する。被害者にしてみれば、また、被害者と同等の体験をしている方々にしてみれば、今後も彼が芸能の世界でのうのうと生きていくことなど、とても許し難いだろう。分かっている。分かっているが、どうもやりきれない。

1998年に幼馴染み同士でコンビを結成。東京アナウンス学院在学中の2001年に太田プロよりデビュー。しばらく芽の出ない日々が続いたが、2008年ごろからコント師としての才能を開花。2011年に「オンバト+」初代チャンピオンに選ばれる。2011年、2012年に「キングオブコント」決勝進出。2014年からは漫才にも挑戦し始め、「THE MANZAI」「M-1グランプリ」にも出場している。

決して目立つタイプのコンビではなかった。だが、それでも地道に、自らが出来るコントを作り続けていくだろうコンビだった。どうしてそれが出来なかったのか。そのことが腹立たしく、哀しく、惜しい。

昨年のタイタンシネマライブで彼らのコントを観た。父親に娘との結婚を嘆願する男のコントだ。娘との結婚を断られるたびに、男が時間を過去へと巻き戻し、父親が結婚の申し出を断る理由を一つ一つ潰していくという設定が、とても素晴らしかった。ありがちな状況にSF的要素を絡める面白さ。それを観た私は「ああ、トップリードはやっぱり、いつでも面白いコントを作り続けてくれるのだな」と感慨深い気持ちになった。それなのに。

せめて、解散するのであれば、限界点に辿り着いてもらいたかった。同じラーメンズファンとしても頑張ってもらいたかった。こんなことで終わってもらいたくなかった。でも解散するというのだから仕方がない。それぞれにそれぞれの道を邁進してもらいたい。

……ほとぼりが冷めたら、また復活してもいいのよ?(諦めが悪い)

さらば愛しきスマホ

私の傍らでスマホが揺れている。

着信があるわけではない。人付き合いの良くない私と連絡を取ろうという奇特な人間は少ない。無論、メールが届いているわけでもない。とはいえ、スヌーズ設定にしているわけでもない。ただ延々と、ひたすらに延々と、再起動を繰り返しているのである。どうしてこのようなことになってしまったのか。

事の起こりは昨晩である。家族がインフルエンザに倒れ、自分も二の舞を演じないように早く眠って健康的に過ごさなくては……と、昼間のうちに強い意志を抱いていたにも関わらず、何故か午前一時半にベッドに潜り込んでいた私は、それでも来たる月曜日の到来に悲観していたのか、現実から目を背けるように、ベッド脇で充電中だったスマホを手に取った。その瞬間、違和感が訪れた。熱い。滅多に降らない筈の雪がそこいらの畑の土を真っ白に汚す極寒の冬を迎えていた香川県。確かに私の部屋も暖房機をガンガンブイブイいわせていたが、それにしても熱を持ち過ぎている。もし、水を浸した洗面器に放り込んでみたら、途端に蒸気で部屋をサウナにしてしまうだろう熱だ。

驚いて画面を見てみると、何も操作していないのに再起動の真最中。過去にも何度か経験した状況である。こちらの都合など知る由もなく、自由気ままに再起動してしまうスマホ。文明の機器とは思えぬ身勝手さ。ところが、どうも様子がおかしい。再起動が終わらない。再起動が終わり、トップ画面が表示されたかと思うと、そのまま即座に改めて再起動が開始される。それが終わると、また再起動。それが終わると、また再起動。それが終わると……そんなことが延々と続いているのである。どうも宜しくない。そこで私は、強制的に電源を落として、自主的に再起動を試みることにした。なんてことはない。家電にはよくある状況だ。ビデオデッキだって、パソコンだって、どんなに様子が悪くなってきたとしても、強制的に再起動するとどうにかなった。しかし、どれほど再起動しても、再起動する状況は変わらない。再起動に次ぐ再起動。延々再再起動に至り。こちらの言うことなど聞きゃしない。何がなんだか。

一年と数か月の付き合いとはいえ、日々を共に過ごしてきたスマホである。突然、言うことを聞かなくなってしまえば、こちらも不安にならずにはいられない。とはいえ、日曜の夜中である。もう数時間も経てば、憂鬱な月曜日が始まってしまう。心配していても仕方がないので、その日は穏やかに眠ることにした……のに、これがなかなか眠れない。午前四時ごろに目が覚めてしまったので、パソコンで対処法を調べてみることに。どうやら同様のケースに見舞われている人が少なからず存在するようだ。データ容量に余裕がないだとか、SIMカードの接触不良だとか、色々な原因が考えられるらしい。そこで、試しにSIMカードを引っこ抜いてみたのだが、どうも様子が変わらない。ついでにSDカードを抜いてみても梨のつぶて。どうにもこうにもならなかったので、これはもう覚悟を決めて、そのまま不貞寝した。

翌朝。仕事を終えた私は直ちに近所のケータイショップへ飛び込んだ。対応してくれたのはメガネをかけた女性だった。一見、少女のように溌剌としていたが、手や指のしわの深さが、年齢の積み重ねと経験の深さを感じさせていた。事実、彼女の対応はとても事務的で、まるで手練れのダンサーのように自然に状況を処理していた。結局のところ、私のスマホはやはりどうしようもなくて、電話帳から何から全てのデータを引き継ぐことも出来ないらしい。そのこと自体は大した哀しみではない。ただ、文明の利器たるスマートフォンの中には、あれだけ多量の情報が詰め込まれているというのに、こんなにもあっさりと失われてしまうのだろう……という空虚に見舞われてしまった。そして、それは人間も同じなのである、などと恰好つける余裕も見せながら。

現在、私の手元には二台のスマホがある。一台はケータイショップで借りた代替機。すぐさま中身を自己流に改装してしまいたい衝動に駆られるが、借り物だから返さなくてはならず、どうも躊躇してしまう。そして、もう一台は、相変わらず再起動を続けている私の愛機。どうにもこうにもエンドレス再起動。どのみち、二日後には新しいスマホが届くことになっているので、残り僅かの命である。それまでに蘇ってくれれば良いのだが、きっと無理だそうなあ。はあ、空虚。紛れもなく空虚。