土曜深夜の視聴覚室

Saturday midnight audio-visual room.

「にちようチャップリン」(2018年5月27日)

  • オテンキ【86点】

「コント:小ボケヒーロー」。木の高いところにある枝に風船を引っ掛けてしまった少年の元へ、小ボケまくるヒーローがやってくる。オテンキの代表作『小ボケ先生』からの流れを感じさせるコントだが、フィクション性の高い設定が故に、持ち味である“小ボケ感”が薄まっている。その結果、小ボケどうこうというより、単純に役立たずなヒーローもののコントに落ち着いていて、面白かったけれども少し物足りない。GO演じる少年が割れた風船で満足しちゃうくだりが好き。

  • ジャンゴ【82点】

イカ」。昔ながらのロックンローラー風の二人が、世の中の気に入らない人たちに凍ったイカで喉をドゥーン。意識しているのかどうか分からないが、ギター演奏+歌担当とコミカル+動き担当の二人組があるあるネタを披露するスタイルはテツandトモの『なんでだろう』を踏襲していて、決して新しくはないのだが、この路線に光を見出そうとするコンビが出てきたことは興味深い。『なんでだろう』レベルのキラーワードを見出すことが出来れば一気に売れそう。スリムクラブ内間のくだりは笑った。理不尽で笑わせられるのは強い。

「コント:コールセンター」。光回線の工事の後、ネットに繋がらないのでコールセンターに電話したところ、担当者が本日付で辞めるので「めちゃくちゃやってやろうと思って」いる人で……。『キングオブコント』決勝の舞台でも披露されていたコント。相手の状況が窺い知れない電話だけのやり取りがもたらす不安を上手く取り入れている。ヘッドセットを変に付けるという冗談が相手に伝わっていないくだりなど、よく出来ている。ただ、シチュエーションにあまりにも忠実で、「めちゃくちゃやってやろうと思って」と導入で言っていた割にはきちんと作り込まれ過ぎていたようにも思う。要するに、もうちょっとめちゃくちゃになっているところが見たかった。

  • インポッシブル【60点】

「コント:ケンタ」。いじめられっ子のケンタは、いじめっ子を見返すために通りすがりのボクサーからボクシングを習い始める。ドラマや映画の世界で起こりそうなシチュエーションを忠実に再現しながら、最後の最後で大胆に裏切ってしまうスタイルのコント。こういう一つの展開だけで笑いを引っ張り出す手法は、起爆力に定評のあるインポッシブルだからこそ出来ることだろう。とはいえ、ケンタがいじめっ子をやり返すくだりは、もうちょっと色々と見たかったような。

「漫才:スーパー」。妹の美穂さんが経営するスーパーマーケットを、姉の江里子さんが買い物にやってくる。自分たちの見られ方を理解しているからこそ出来るテーマ、ネタ運びには一種の安心感が。それでいて、ツッコミとしてクロスチョップを食らわせたり、長渕剛のパロディソングを歌ったりして、イメージとのギャップを生み出す笑いも散りばめている。そのバランス感が丁度良い。買い物かごを駕籠屋に置き換えてノリボケするくだりが好き。

「コント:万引き」。コンビニで万引きしてスタッフルームに連れてこられた高校生が、そのことを知らずにやってきた夜勤のバイト店員と出くわして……。好き。こういうコントが本当に好きだ。余計な説明がないまま話が進行する自然な導入もさることながら、はっきりと片方がボケで片方がツッコミという役割分担になっていないところも良い。たいの演技力の高さも見事。「こういう人っているよなあ」というキャラクターを違和感なく見事に演じ切っている。ネタの中枢となっている“立ち読みおじさん”なるキャラクターも素晴らしい。オチも好き。「『こち亀』か! 長ぇぞぉ~」の絶妙な温度。売れてほしい。

  • ニューヨーク【66点】

「漫才:正解」。屋敷が経験した腹が立つ出来事に対するリアクションの正解を嶋佐が示してみせる。『痛快TV スカッとジャパン』でやっているようなことに、ニューヨークの持ち味である偏見を微かにまぶしているようなネタ。ただ、偏見がやや弱くて、ただ『スカッとジャパン』をなぞっているだけのような後味が残ってしまっている。もうちょっと、なんとかなったような気もする。嶋佐がネタから逃げ出すオチは好き。

1位の阿佐ヶ谷姉妹やさしいズが勝ち上がり。

【次回の出場者】

アイロンヘッド

石出奈々子

EXIT

なすなかにし

バンビーノ

四千頭身

ラフレクラン

今になって、枡野浩一の言葉を思い出す。

ふと、本棚の一冊を引っ張り出す。

2005年に発行された『お笑い解体新書』は、お笑いブームの真っ只中で活躍する若手芸人たちについて書かれたコラム集だ。おぎやはぎますだおかだラーメンズといった芸人たちの2005年の状況が、複数のライターたちによって書き留められている。

当時、まだ学生だった私は、本書をバカみたいに読み込んでいた。ブログで公開していたお笑いDVDのレビューを書く際の参考にさせていただいていた。そして、本書の第二弾には、きっと自分がライターとして参加したいと思っていた。事実、プロのライターから誘われ、この企画に参加しているブロガーもいたので、可能性はゼロではなかった。だが、それは叶わぬ夢となった。第二弾が出なかったからだ。風の噂によれば、本書の担当者が移動になったためだという。なんとも残念な話である。

それほど思い入れのある本書だが、気に食わないコラムも掲載されていた。それが、歌人枡野浩一氏によるコラム「日本の笑いは、もちろん世界に通用しない。笑いを語るとき、そんなに威張らなくてもいいのになあと思います。」だった。本文において、枡野氏はだいたひかるのネタを例として取り上げ、それが“無知ゆえのツッコミ”であると批評、また同様の行為に及んでいる芸人たちがたくさん存在すると語り、「「どんなお笑いネタも、受け手の教養や経験値によって、受けとめられ方が変わってしまうものだ」という当たり前のことを、あらためて自覚しないとまずいんじゃないか」とまとめている。

当時の私はとにかく枡野氏に「日本の笑いをクサされた」と感じ、このコラムに嫌悪感を抱いていた。だが、今になって、改めて枡野氏のコラムを読み返してみると、理解できる部分の多さに愕然とした。何故ならば、今まさに日本の笑いは、これまで当たり前と思われてきた笑いの取りかたの是非が問われる変遷の時を迎えているからだ。男だから、女だから、独身者だから、既婚者だから、美人だから、ブサイクだから……ありとあらゆるカテゴライズされた見方による笑いに、メスが入れられようとしている時代だからだ。当時、枡野氏は日本と世界に区分して話を展開していたが、今や私たちは過去と未来の境目に居る。

ところで、そんな枡野氏のコラムに対し、弟子筋のブログ歌人佐々木あらら氏が芸人をフォローするコラムを寄せている。佐々木氏はだいたひかるの笑いの取り方は単なる「発見の披露=単なる無知」ではなく、「ある虚像からの一人称視点での語り」であると指摘する。それはだいた自身から出た言葉ではなく、あくまでも作り上げられた虚像による言葉にしてしまうことで、その無知の責任を虚像に押しつけてしまう。それはずるいけれど、不快じゃない……と。

その「ずるさ」に、私は笑いの未来がある気がする。

「山里亮太の140 高知公演~岐険を乗り越えて~<追加公演>」(2018年6月30日)

山里亮太トークライブがあるというので観に行くことにした。

山里亮太といえば、「M-1グランプリ2004」ファイナリストに選ばれ、脚光を浴びた男女漫才師“南海キャンディーズ”のツッコミ役として知られている。近年は、コンビではなくピンとしての活動に重きを置いており、とりわけ自身がパーソナリティを務めているラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』に対する思い入れは強い。そんな山里が、わざわざ高知県までやってきて、トークライブで何を話すというのか。どうしても確認しなくてはならない……というほど、彼に対して思い入れがあるわけではないが、チケット完売後に追加公演の開催を決意する熱意に絆され、鑑賞を決意した次第である。

続きを読む

「bananaman live Super heart head market」(2018年2月7日)

bananaman live Super heart head market [DVD]

bananaman live Super heart head market [DVD]

 

2017年8月10日から13日にかけて俳優座劇場(東京)で行われたライブを収録。

「心さーん! 昔はよく出てきてましたけど、最近はずっと頭さんばっかですねーっ!」。お馴染みのフォークデュオがライブステージを展開するコント『赤えんぴつ』で“おーちゃん”がこんなことを言っていて、なんだか胸に刺さってしまった。とあるお店の店員から少しイヤなことを言われてしまって傷ついたという“ヒーとん”の話を聞いて、心と頭の関係性を説きながら、傷ついたときに心で思ったことをそのまま店員にぶつければ良かったんだよ、とアグレッシブな言葉で説明するおーちゃん。その最中に、おーちゃんがヒーとんの胸倉に向かって、前述した言葉をぶちまける。分かる。確かにそうだ。心で思ったことをそのまま言葉にしないで、それどころか、心にもない頭の中で考えただけの言葉ばかりを口にすることの、なんと多いことだろう。それが大人になることだし、逃れられないことだとは分かっているけれど。この後のおーちゃんの台詞がまたスゴいのだが、ここには書かない。見て。

思えば、オープニングコント『voice from the haeart』からして鮮烈だった。友人の日村のことを「こいつといると楽なんだ」「なんにも考えなくても付き合える掛け替えのない存在」と思っている設楽に対し、当の日村は「こいつの期待を裏切ってはならない」という強迫観念に捉われている。掛け替えのない二人の掛け違った関係性。その後、設楽のちょっとした発言に対し、決して期待を裏切らない返事が出来るように必死になって考える日村の姿は、とても面白い。心の声を表したモノローグだけでも面白いのに、それを表情で巧みに表現する日村の演技が凄まじい。でも、その状況ほどではないにしても、日村にとっての設楽のような人間が自分にもいるよなあと考えると、その必死さが一転して、切なく感じられてしまう。その時、本心は何処かに行っている。心の声は聞こえてくるのに、心は何処かに行っている。

Air head』も印象的なコントだ。同じ職場で働いている先輩・日村の作業が遅れているため、残業に付き合わされている後輩・設楽。そんな最中、日村から飴を貰ったので、食べようとすると「それ手作りなんだよ」と言われ、思わず不快感を表情に出してしまう。実は、その飴は日村がタクシーのおじさんから手作りと聞かされて受け取った飴だったのだが、日村は設楽が不快な表情を浮かべていたことが忘れられず……。その後、どこまでもダメな発言を続ける日村。どうでもいいことに引っかかって、自分の仕事を手伝ってくれている後輩に愚痴をこぼしている姿は、どうしようもなくみっともない。けれど、それでも、日村が「俺の方が真っ当だよ!!!」と大声を張り上げる姿に、ダメな人を見る目で笑いながらも、目じりにうっすらと涙のようなものが浮かんできてしまう。ああ、分かる。分かるんだよ。そんなことを言ってたら世の中を渡り歩いていけないけれど、でも、分かるんだよ。おしっこの入った検尿のカップにパーカーのヒモが入ってて慌ててしまう瞬間は、きっと誰にでもある。

ああ、こんな気持ちになるような大人になるつもりはなかったのに、いつの間にやら共感の坩堝に迷い込んでいる。心の中で思ったことを言葉に出来ずに、頭で考えた最も適切な言葉を吐き出して、いつの間にやら心は何処かに隠れている。そんなこと、自覚せずに生きていたのに、よもや芸人の単独ライブをきっかけに思い出すことになろうとは。勿論、生きていく上で、心にはちょっと引っ込んでいてもらわないといけない場面は少なくないけれど、それでも心を殺さないように気を付けないといけないなあと月並みな感想で本文を締め「おちんちん侍!」「「「「おちんちん侍!!!」」」」

■本編【147分】

「voice from the heart」「Air head」「罰」「different container」「アルフレッドとベン」「何でだ!」「ワニワニパニパニゲーム」「赤えんぴつ」「一番面白いパンストを探そう」「Incident in the mountain」