土曜深夜の視聴覚室

Saturday midnight audio-visual room.

トーキョウシソンヌ旅行記(2018年8月11日~14日)

【8月11日(土)】

午前十時、起床。

前日の夜、家族でビアホールに繰り出し、バドワイザーハイネケンの瓶を空けまくっていたためか、少し頭がぼんやりとしている。

クセの強い味付けのカップヌードルで朝食を済ませ、旅行の荷物を確認する。三泊四日の予定なので、下着を上下三枚ずつと着替えのシャツを二枚、ズボンを一本。パンツは現地で捨てることを前提に、持っているものの中から穴が開きかけている古ぼけた三枚を選んだ。その他、ライブのチケット、T字カミソリ(+替え刃)、手帖などを詰め込む。年に一度の旅行なので、予算についてはあまり考えない。おそらく、謙虚で健全な観光であれば、必要のないだろう程度の金額を用意する。

午前十一時、愛車で家を出る。搭乗する飛行機は午後三時半発の予定だったが、移動中に何かが起きてしまった場合を想定し、かなり早めの出発となった。途中、空港近くのコンビニに立ち寄って、缶コーヒーを購入。駐車場に大型トラックが停まっていて、出るときにそれが邪魔になって道路の様子が見えなくて、少し難儀した。

午後一時半を過ぎた頃、高松空港に到着。お盆休みの時期ということもあって、駐車場はなかなかに混み合っていた。ただ人気はない。皆、午前中の飛行機で、とっとと行ってしまったのだろうか。辛うじて、やや奥まったところが空いていたので、無事に駐車。その場で十二日のオフ会の会場に電話、人数が変更になったことを伝える。その後もしばらく車内で時間を潰していたのだが、あまりにも退屈だったので、荷物の詰め込まれた大きなカバンを抱えて空港内へ。

しばらく中でウロウロしていると、ブックオフが出店しているところに通りがかる。何故に空港内でブックオフを? 艦これや初音ミクのフィギュアが千円で売られていて、少し購入を検討したが、結局、買ったフィギュアを車へ置きに行くことを思うと、ちょっと面倒臭かったので、眺めるだけに留める。

午後三時半搭乗。一時間と少しのフライトを、電子書籍を読みながら過ごす。

午後五時過ぎ、成田空港に到着。徒歩で成田空港駅へと移動し、京成電鉄のスカイライナーに乗り込む。やや車内が混み合っていたので、何処かの知らない中年男性と相席となった。旅行の帰りらしく、ちょっと酒の臭いがした。午後六時半ごろ、上野駅に到着。ひとまず今回の宿であるカプセルホテル北欧へと移動……しようと思っていたのだが、あまりにも空腹だったために、ホテル近くの【てんや】で天丼を食べる。この後、すぐにオフ会の予定だったのだが、朝のカップヌードル以降、ろくに何も食べていなかったのだから仕方がない。食後、ホテルへ赴き、チェックイン。荷物をロッカーに預け、最低限の荷物だけを入れた肩掛けバッグを片手にホテルを出る。

f:id:Sugaya:20180811184037j:plain

そのままオフ会の会場である【マグロ婆娑羅 上野店】へ。しかし、店の前に来ても知った人が見当たらなかったので、ちょっとだけ近くのTSUTAYAで涼を取る。アニメ版「ゲゲゲの鬼太郎」が好評だからなのか、やたらと妖怪事典の類が売られていたのが気になった。しばらくして再び外へ、店の前まで戻ってくると、今回のオフ会を主催してくれたウダガワ氏の一行と遭遇する。ウダガワ氏と対面するのは、何年か前の飲み会以来だ。挨拶もそこそこに会場へ。飲み放題・食べ放題と聞いていたのだが、よくよく話を聞いてみると、どうも食べ放題に関しては限られたメニューだけが適用されるらしく、結果的に延々と肉寿司と婆娑羅(店のオリジナル魚料理)ばかりを食べ続けることになってしまった。とはいえ、テレビ好きなメンツが集まったため、話がスーパーボールのように弾む。SNSがつまらなくなってきただとか、黒塗りの件をどう処理したものかとか、そういった話が延々と繰り広げられた。

f:id:Sugaya:20180811193506j:plain

f:id:Sugaya:20180811195530j:plain

f:id:Sugaya:20180811195654j:plain

午後十時、店を出る。しかし、まだまだ飲み足りなかった私は更なる飲み会の開催を要求、すぐ近くにある【銀座ライオン】での二次会を敢行した。ただ、既に閉店間際だったため、一時間ぐらいしか滞在できず。その癖、何の話をしたのかもまるで覚えていない。きっと、楽しい話をしたことだろう。

f:id:Sugaya:20180811221936j:plain

午後十一時、解散。そのままホテルに戻った私は、すぐさま大浴場へと赴き、身体中から溢れ出る汗を洗い流した。やはり北欧の大浴場は広々としていて気持ちいい。入浴後、すぐ寝た。

続きを読む

「クローズアップ!サザン~40周年プレミアム~」(2018年8月8日)

「茅ケ崎に背を向けて」(1978)

いとしのエリー」(1979)

 インタビュー映像

「YOU」(1990)

「SHE SIDE WOMAN BLUES」(1997)

 インタビュー映像

「闘う戦士たちへ愛を込めて」(2018)

「壮年JUMP」(2018)

「涙の海で抱かれたい ~SEA OF LOVE~」(2003)

 メンバー紹介(+インタビュー映像)

「東京VICTORY」(2014)

ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」(1984

HOTEL PACIFIC」(2000)

みんなのうた」(1988)

 インタビュー映像

「LOVE AFFAIR ~秘密のデート~」(1998)

勝手にシンドバッド」(1978)

クローズアップ現代」の枠で放送されたサザンオールスターズの四十周年特番。放送時、なんとなく録画しながら横目に視聴していたのだが、想像以上にたくさんの楽曲が披露されていて、ちょっと気になったのでこうしてセットリストにまとめてみた。七十分の特番で十三曲。他のミュージシャンの場合を知らないのではっきりとはいえないが、けっこうな本数のような気がする。実際問題、こういった番組ならではのメンバーインタビューはかなり短めに編集されていて、楽曲中心の構成になっていたのではないかと。有り難いネ。

披露された楽曲は多種多様。過去の名曲もあれば最新曲もあり。先日、ベストアルバム「海のOh,Yeah!!」をリリースしたばかりなので、これに収録されている楽曲を中心に披露されるかと思っていたのだが、むしろバンドとしてのサザンオールスターズを再認識していただくためのラインナップになっていた印象を受けた。ああ謙虚。

どの曲も素晴らしかったが、とりわけ『みんなのうた』のイントロは素晴らしかった。セクシーな水着ダンサーズとともに駆け抜けた『HOTEL PACIFIC』の喧騒が静かに幕を下ろし、しっとりとした原由子の伴奏とともに知らない曲が始まったかと思ったら、最後にこれが『みんなのうた』のフリだと気付かされた瞬間……あれはカッコよかったな。

「神宮前四丁目視聴覚室」で取り上げた作品のリストなど。

どうも菅家です。

ご覧のとおり、ブログの更新が滞っております。三十歳を過ぎて、そろそろ他所に引っ張り出されるような存在になりたいという欲が出てきて、別件向けの文章を誰に頼まれたわけでもないのに書いています。私のことなので、とっとと頓挫してしまう可能性もありますが、生暖かい目で見守っていただけますと幸いです。

それはそれとして、ブログをまったく更新しない日が続くというのはなんだか不安で落ち着かないので、つい先日までコンテンツリーグのアレをナニしていたこともあって、過去にコンテンツリーグのフリーペーパー【SHOW COM】での連載「神宮前四丁目視聴覚室」で取り上げた作品のリストを公開したいと思います。……そうです。連載も五年目に突入して、もう過去に取り上げた作品を覚えられなくなってしまっているのです。要するに完全に自分のためのリストです。私用もいいとこ。

とはいえ、ここでタイトルを挙げている作品はいずれも名作なので、お盆休みを利用して鑑賞されるのも良いのではないかと思います。その間、私は東京でシソンヌライブ[sept]を観てきます。ふっふっふ。皆さまはどうぞお楽しみください(態度がヒドい)。

続きを読む