読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDを見てなんやかんやいうブログ

「ENGEIグランドスラム」(2017年2月25日)

テレビ

銀シャリ「20万円のドライヤー」

COWCOW「うたの鬼ぃさん」

バイきんぐ「早押しクイズ」

ハライチ「旅館の機械化」

ジャングルポケット「常連客」

ジャルジャル「うろ覚えデュオ」

タイムマシーン3号「不動産の内見」

TKO「義父のSNS

チュートリアル「パンの王様」

オードリー「監督・主演 春日俊彰

アンガールズ「友情」

テンダラー「ディナーショー」

品川庄司「漫才(住所・ツッコミ・撃たれる演技)」

博多華丸・大吉金八先生にはなりたくない」「舞台の親睦会」

吉本新喜劇ユニット「給食にクレーム」

ロバート「アスリートCM講習会」

ナイツ「漫才(俺じゃない?)」

南海キャンディーズ「山里の最期」「理想の女性に看取られたい」

バカリズム「いろは問題」

千鳥「こだわりの寿司店」

エレ片「同窓会」

麒麟「名言を言いたい」「声で人を癒やしたい」

CONTS「取り憑かれた男」

レイザーラモン「ナイキソング」

オリエンタルラジオ「黄金時代」「GOLDEN TOWER」

和牛「洋服店」

東京03「20年来の友人」

木村祐一「“写術”」

中川家「漫才(護身、電車を降りる、不在届)」

爆笑問題「漫才(日米首脳会談、清水富美加、翻訳アプリ)」

久しぶりにリアルタイムで視聴(見られなかったところは録画で補填)。長時間の特別番組ながら、どのユニットもしっかりと面白くて、飽きずに楽しむことが出来た。

色々と発見も多かった。例えば、「ハライチの漫才は視点が現代的になりつつある」「ジャングルポケットはどんどんスタジオコントの似合うユニットに成長してきた」「微かな異常をじわりと楽しむジャルジャルのネタはテレビでの視聴に向いていない疑惑」「チュートリアルは自由になったときが一番面白いし一番ヤバい」「常に一定の軽やかさを保っているオードリーの漫才は、暗殺者のように不気味で恐ろしい」「「チドってる」というニューワードをぶちこんできた博多華丸・大吉の千鳥の知名度に対する信頼感の厚さ」などなど。

あ、あとアンガールズの『友情』は、よりベストな状態のパフォーマンスが『アンガールズ単独ライブ「~ゴミにも息づく生命がある~」』に収録されているので、気になる方は是非手に取ってみてください。めちゃくちゃ面白いから。

「R-1ぐらんぷり」と女性芸人に関する資料。

雑文

【過去のR-1決勝戦における女性率】

■2002年

浅越ゴエオール阪神桂三若ケンドーコバヤシ笑福亭三喬陣内智則だいたひかる友近中田なおきパペットマペット水玉れっぷう隊 アキ、南野やじ

 ファイナリスト12人中2人が女性。だいたは初代チャンピオンに。

■2004年

浅越ゴエあべこうじ陣内智則友近ネゴシックス、ヒロシ、南野やじヤナギブソン

ファイナリスト8人中1人が女性。友近は2年連続決勝進出。

■2005年

あべこうじ井上マー長州小力友近中山功太ネゴシックス、ヒロシ、ほっしゃん。

ファイナリスト8人中1人が女性。友近は3年連続決勝進出。

■2006年

浅越ゴエあべこうじ岸学キャプテン☆ボンバー友近中山功太博多華丸バカリズム

ファイナリスト8人中1人が女性。 友近は4年連続決勝進出。

■2007年

ウメ、大輪教授、徳井義実土肥ポン太友近なだぎ武バカリズムやまもとまさみ

ファイナリスト8人中2人が女性。友近は5年連続決勝進出。

■2008年

あべこうじ芋洗坂係長COWCOW山田よし世界のナベアツ土肥ポン太鳥居みゆき中山功太なだぎ武

ファイナリスト8人中1人が女性。

■2009年

あべこうじエハラマサヒロCOWCOW山田興志岸学(復)、鬼頭真也夜ふかしの会)、サイクロンZ、夙川アトム(復)、鳥居みゆき中山功太バカリズム

ファイナリスト10人中1人が女性。鳥居は2年連続決勝進出。

■2010年

あべこうじいとうあさこエハラマサヒロCOWCOW山田興志(復)、川島明我人祥太Gたかしなだぎ武バカリズム

ファイナリスト9人中1人が女性。

■2011年
AMEMIYA、COWCOW山田興志、キャプテン渡辺、佐久間一行スリムクラブ真栄田、ナオユキ、バッファロー吾郎 木村、ヒューマン中村

ファイナリスト8人に女性不在。

■2012年

AMEMIYA、いなだなおきCOWCOW多田、キャプテン渡辺、サイクロンZ、スギちゃん、千鳥 大悟、徳井義実友近ヒューマン中村野性爆弾 川島、ヤナギブソン

ファイナリスト12人中1人が女性。友近が05年以来の決勝進出。

■2013年
アンドーひであき桂三度雷ジャクソン高本岸学キンタロー。三遊亭こうもり、スギちゃん、田上よしえヒューマン中村プラスマイナス岩橋三浦マイルドヤナギブソン

ファイナリスト12人中2人が女性。

■2014年
馬と魚、おぐ、小森園ひろしじゅんいちダビッドソン、スギちゃん、TAIGA、中山女子短期大学、バイク川崎バイクヒューマン中村ミヤシタガクやまもとまさみレイザーラモンRG

ファイナリスト12人に女性不在。

■2015年

アジアン馬場園厚切りジェイソン、あばれる君、エハラマサヒロCOWCOW善し(復)、じゅんいちダビッドソンとにかく明るい安村NON STYLE石田、ヒューマン中村(復)、マツモトクラブ(復)、やまもとまさみゆりやんレトリィバァ

ファイナリスト12人中2人が女性。

■2016年

厚切りジェイソンエハラマサヒロ、おいでやす小田、小島よしお、サンシャイン池崎(復)、シャンプーハットこいで、とにかく明るい安村ハリウッドザコシショウ、マツモトクラブ(復)、ゆりやんレトリィバァ横澤夏子ルシファー吉岡(復)

 ファイナリスト12人中2人が女性。ゆりやんは2年連続決勝進出。

■2017年

アキラ100%石出奈々子三浦マイルドブルゾンちえみ、マツモトクラブ、ゆりやんレトリィバァ横澤夏子ルシファー吉岡レイザーラモンRG

ファイナリスト(復活除)9人中4人が女性。横澤は2年連続、ゆりやんは3年連続決勝進出。

【過去大会における主な女性セミファイナリスト】

(カッコ内数字は準決勝進出を果たした年)

赤プル(05、10)

アジアン馬場園(15)

いがわゆり蚊(06、07、09~11)

石出奈々子(16、17)

出雲阿国(06、09)

いとうあさこ(05~08、10)

ウメ(06~09、12~14)

エド・はるみ(08)

川村エミコ(07)

キンタロー。(13~15)

国崎恵美(05、06)

黒沢かずこ(08)

紺野ぶるま(17)

稲垣早希(10~15)

島田珠代(12)

だいたひかる(02)

たかまつなな(13)

田上よしえ(04、05、09~11、13~16)

ツジカオルコ(08)

椿鬼奴(06)

友近(02~10)

鳥居みゆき(08~10)

長江もみ(10、11、13)

中村涼子(16、17)

にしおかすみこ(07、10)

ニッチェ江上(09)

ニッチェ近藤(15、17)

平野ノラ(17)

北陽 虻川(12)

まちゃまちゃ(05)

松本美香(04、05)

森田まりこ(08、12)

やしろ優(15)

柳原可奈子(07)

ゆりやんレトリィバァ(15~17)

横澤夏子(15~17)

ロリィタ族。(07)

渡辺直美(09、10)

今年の「R-1ぐらんぷり」は女性芸人が豊作だという話を受けて、ちょっと調べてみた。で、どうやらその通りなのだが、こうしてズラッと並べてみると、別に今年が豊作というよりも、これまであんまり女性芸人が選出されていなかっただけなんじゃねえの的な気持ちがムクムクと。04年~12年まで女性芸人のファイナリストが0人ないし1人だったのって、やっぱりなんだかおかしい(実際の予選を見ていないから断言はできない)。……まあ、別にいいんだけど。うん。

追記。「M-1グランプリ」や「キングオブコント」で女性コンビが決勝に進出した例が少ないことを思えば、むしろ「R-1ぐらんぷり」は女性芸人の門戸を開いている方なのではないか……という指摘を受け、確かにそうだなあと少し思い直した。とはいえ、女性コンビに比べれば、女性ピン芸人の方が層は厚いのではないか?という気もしないでもないのだが。難しい。

2017年3月の入荷予定

入荷予定

15「小林賢太郎最新コント公演 カジャラ #1 『大人たるもの』 Blu-ray

22「じゅんいちダビッドソンの「のびしろの向こう側」

22「佐久間一行SHOW2016~NOW~

29「サンドウィッチマンライブツアー2016

年度末ということで、労働に勤しむ身と致しましては、なにやら身が引き締まるようなそうでもないような感じがしないでもないですが、当ブログの読者の皆様方はどんなもんでしょうか。年度末だからって、特に何も感じませんか。どうでもいいですか。どうでもいいですね。正直、私もどちらかというと、どうでもいいです。でも、まあ、こういう文章を書くときには、なにかしらかの挨拶文がないと、どうしても全体が引き締まらないというか……とりとめのない話を無駄に続けてしまいました。そろそろ本題に入ります。

三月のラインナップは以上になります。注目すべきは、やはりKAJALLAですかねえ。小林賢太郎片桐仁が久しぶりに共演を果たしたということで、けっこう話題になりました。昨年、私も大阪公演を観に行きましたが……いいライブでしたねえ。お芝居とも、一人舞台とも違った、ちゃんとしたコントライブでした。シティボーイズがファイナルを宣言してしまった今、その後を引き継いでもらいたいものです。この他、「M-1グランプリ」王者のサンドウィッチマン、「R-1ぐらんぷり」王者の佐久間一行が、それぞれ自身の公演をソフト化。サンドは10枚目、佐久間は6枚目のリリースとなります。今年もきちんと発売してくれて、ありがたいですね。じゅんいちダビッドソンはベストライブ……ではなく単独ライブを初のソフト化。ここで無難なベスト盤ではなく個性際立つ単独ライブ盤をチョイスする攻めの姿勢……まだまだ伸びしろ、ありますねえ!

そして四月は……あの衝撃的な漫才師たちが初のDVDをリリースだ!

「R-1ぐらんぷり2017」ファイナリスト発表の件。

テレビ

アキラ100%(SMA)

石出奈々子(浅井企画

ブルゾンちえみ(ワタナベエンターテインメント

マツモトクラブ(SMA)

三浦マイルドよしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)

横澤夏子よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)

ゆりやんレトリィバァよしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)

レイザーラモンRGよしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)

ルシファー吉岡マセキ芸能社

ご覧のメンツとなった。

まずは決勝進出経験者から。昨年大会3位の「ゆりやんレトリィバァ」、ファイナリストの「マツモトクラブ」「横澤夏子」「ルシファー吉岡」が今年も決勝進出。「マツモトクラブ」「ゆりやんレトリィバァ」は三年連続の決勝進出である。どちらも最終決戦進出経験があり、優勝候補と言ってもいいのでは。「三浦マイルド」は2013年のチャンピオン。以来、4年ぶりの決勝進出である。優勝後、まったく名前を聞かなくなってしまっただけに、なんだか頑張ってもらいたい気がしないでもない。「レイザーラモンRG」は2014年以来の決勝進出。当時はスティーブ・ジョブズに扮していたが……今回は?

残りの三人は初の決勝進出者。「アキラ100%」はお盆で股間を隠すという宴会芸の可能性を追い求める、男性ピン芸人。前張りなどを要さず、本当に裸でネタに臨んでいるという話を聞いたことがあるが……生放送で大丈夫なのだろうか。「石出奈々子」はモノマネ芸で注目を集めている、女性ピン芸人。過去の大会では、モノマネ芸で優勝しているピン芸人も少なくないので、ここが優勝する可能性もある。「ブルゾンちえみ」は今まさに旬の女性ピン芸人。いつもはバックにダンサー二人を引き連れているが、今回のような賞レースではどうだろう。

以上がファイナリスト。ブロック分けはこのように決定している。

■Aブロック

レイザーラモンRG

横澤夏子

三浦マイルド

(復活ステージ3位)

■Bブロック

ゆりやんレトリィバァ

石出奈々子

ルシファー吉岡

(復活ステージ2位)

■Cブロック

ブルゾンちえみ

マツモトクラブ

アキラ100%

(復活ステージ1位)

ひたすらに一番手を選び続けるRGのカッコよさに惚れ惚れしそうだが、最後に出番を選んだゆりやんが「ここで!」と言いながら、トーナメント表の優勝のところに自分の名前を貼ろうとしたことも記録として残しておきたい(身長の問題で届かなかったが)。

以下、復活の可能性がある、準決勝戦敗退者の皆さん。

アイデンティティ田島

あばれる君(15年ファイナリスト)

AMEMIYA(11年、12年ファイナリスト)

エハラマサヒロ(09年、10年、15年、16年ファイナリスト)

おいでやす小田(16年ファイナリスト)

キャプテン渡辺(11年、12年ファイナリスト)

クロスバー直撃前野

紺野ぶるま

ZAZY

サンシャイン池﨑(16年ファイナリスト)

スリムクラブ真栄田(11年ファイナリスト)

粗品(霜降り明星

とにかく明るい安村(15年、16年ファイナリスト)

ナオ・デストラーデ

中村涼子

中山功太(09年チャンピオン)

西村ヒロチョ

ニッチェ近藤

脳みそ夫

パーマ大佐

バイク川崎バイク(14年ファイナリスト)

パタパタママ木下

ヒューマン中村(11年~15年ファイナリスト)

平野ノラ

藤崎マーケット田崎佑一

藤崎マーケットトキ

ぶらっくさむらい

まとばゆう

もう中学生

守谷日和

勝戦の模様は2月28日19時から放送予定。