読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDを見てなんやかんやいうブログ

ラーメンズ「映画好きのふたり」(003/100)

洋画好きな二人がちょっとしたやりとりをきっかけに狭い部屋の中で映画ごっこ。『爆笑オンエアバトル』第二回チャンピオン大会の決勝戦で披露されたコントである。結果は自身最低記録の201キロバトル。笑いどころの掴みにくいネタなので、どう楽しめばいいのか観客も理解し辛かったのだろう。

このコントの肝は、日常と非日常の切り替わりにある。アパートの部屋という日常的な空間の中で雑談を重ねていた二人が、ふとしたきっかけで映画のワンシーンを再現し始める。その瞬間、これまで日常的に描かれていた空間は、あっという間に非日常的な空間に変貌を遂げてしまう。舞台衣装や小道具を使わずに、二人の身体だけでシチュエーションを表現するという手法を取っているからこそ成立する表現方法だといえるだろう。

興味深いのは、前半と後半で見せている部分が違っている点である。

前半部分で見せているのは、日常的な空間で非日常的なやりとりを繰り広げることで生じるギャップの面白さだ。二人が演じているのは人質を取り戻しに行く西部劇(?)のシチュエーションなのに、登場するアイテムは「醤油入れ」「体温計」「耳かき」「ロケット鉛筆」とまるで冴えない。しかし、二人は臆することなく、あくまでも映画ならではの大袈裟な演技によって会話を重ねていく。このギャップが面白い。

対して、後半部分で見せているのは、“映画ごっこ”という制約を持たない遊びならではの自由度の高い展開である。映画についてのやりとりを経て、二人が最初に選んだシチュエーションは「麻薬中毒患者」だった筈なのに、すぐさま「エイリアンに身体を乗っ取られてしまった大統領を救った男」に切り替わる。更に、いくつかのまったく別々の映画を彷彿とさせるようなさせないような言葉のやりとりを交わし、最後に流れる音楽は明らかに某有名映画のアレ……色んな映画のイイところだけを切り取ったMAD映像のように、二人の映画ごっこは自由な展開を迎える。この閉鎖的な空間だからこそ可能な無制限の表現がバカバカしく……それでいて愛おしい。何故か。思うに、後半での二人のやりとりから、二人が作品に対する共通したイメージを持っていることを感じさせられるためだろう。こういう友達が身近にいると、人生は何倍も楽しくなる。

これほどまでに、日常の中で非日常を繰り広げていた二人が、最後の最後でド日常的な事件に打ちのめされ、ひっくり返ってしまうオチもたまらない。そうそう、録画した番組の上からうっかり別の番組を録画することって、あるよねえ……と書こうとしたところで、気が付いた。当時はビデオテープで録画することが当たり前だったから、このオチは成立したのである。だが、HDDで録画するようになった今、このオチはもはや旧時代の遺物でしかない。今、こういうことは、起こり得ないのである。意図せずして17年という月日の長さを噛み締めてしまった。ううむ……。

ちなみに、先述の『爆笑オンエアバトル』第二回チャンピオンには、あの立川談志が特別審査員として参加しており、ラーメンズはこのコントで「審査員特別賞」を受け取っている。

「マッハスピード豪速球」(2017年4月19日)

マッハスピード豪速球 [DVD]

マッハスピード豪速球 [DVD]

 

2016年11月24日に新宿バティオスで開催された映像収録スペシャルライブ(無料)の模様を収録。

私が初めて目にしたマッハスピード豪速球のネタは、動画配信されていた「M-1グランプリ2016」準々決勝戦で披露されていた漫才『カポエイラ』である。このタイトルが正式名称なのかどうかは分からない。ただ、とにかく、『カポエイラ』のネタだ。ダンスと格闘技の間のものである“カポエイラ”という不明瞭な存在をテーマにした漫才で、そのニッチな着眼点に感心し、また坂巻の洗練されていないビミョーなカポエイラの動きで笑ったように記憶している。しかし一方で、ニッチなテーマをあまり掘り下げられていない詰めの甘さに、物足りなさを感じていた。そのため、本作のリリースが発表されたときも、同じ日に発売される『ランジャタイのキャハハのハ!』の方にばかり関心を寄せていた。

しかし、いざ視聴してみて、その複雑な面白さに驚かされた。そう。彼らのコントは複雑だ。例えば、一本目のコント『マナー』。電車に入ってきた老婆(坂巻)が、まったく席を譲ろうとしない若者(ガン太)に対して愚痴をこぼし始めるのだが、当の若者がまるで独り言のように自らがいかに疲労しているのかを語り出し、そのことを知らずに批判していた老婆へ罪悪感を残そうとするコントである。当初は、相手の事情も知らずに一方的な論理を押し付けてくる老婆に対して若者がカウンターを仕掛けている“スカッとジャパン”的な姿が笑えるのだが、一方で、若者を杖でぶん殴るという攻撃的な手段に出る老婆のファイターぶりに爽快感を覚える。果たして、本当におかしいのはどちらなのか。この不明瞭であやふやな関係性が、たまらなく面白い。

この他のコントも傑作揃いだ。路上で倒れたところを助けてくれた命の恩人がどうしても生理的に受け付けない『命の恩人』は、坂巻演じる恩人の不快感を催す演技が素晴らしい。水筒でお茶を飲んでいるだけなのに、どうしてあんなに不愉快に感じられるのだろう。この行き過ぎた不快感が、たまらない面白い。個人で勝手に自転車を撤去しているおじさんを描いた『自転車撤去』は、設定の絶妙さが光るコント。もとい、本当にこういうことをやって、生計を立てている人が実在しそうである。このリアリティ溢れる危うさが実に良い。ストーカー行為を働いた落語家の裁判にファンが押し掛けてくる『裁判』は、落語家と常連客の間に培われてきた密な関係性を笑いに昇華している。本編に収録されているコントの中では、ある意味で最も危険性の高いネタといえるのかもしれない。……というか、実際にストーカーで逮捕された落語家がいたよなあ……。

中でも、強烈な印象を残したのは、深夜のコンビニでテキパキと働いているアルバイト(坂巻)のことを、ホテルグループの会長(ガン太)が新しいホテルの従業員としてスカウトしようとするのだが、あっさりと断られてしまう『下の上』。このコントは是非とも実際に視聴してもらいたいので、具体的な内容については触れないが、彼のような感覚の人間は意外と世の中に少なくないのではないかと思う。もとい、個人的にも、どちらかというとそっち寄りの思想を持っているので、なんだか激しく共感してしまった。その着眼点もさることながら、コントの構成も魅力的である。どういうコントなのかが分かってからも、しっかりと驚きの情報をこちらに提供してくれる。オチの切れ味もサイコーだ。傑作だと思う。

ちなみに、冒頭で挙げた「M-1グランプリ2016」準々決勝戦で披露された漫才も、本作に収録されている。『親子喧嘩』がそれだ。基本的なやりとりは同じなのだが、やや強引にハートフルに仕上げられているオチがたまらなくバカバカしかった。カポエイラの曖昧模糊としたアイデンティティを最後まで活かしていた。恐らく、M-1で披露していた漫才は、これを手直ししたものだったのだろう。……だが、どうせ出場するのであれば、ちゃんとオリジナルのネタを作った方が良い。私のように、M-1の動画を通じて、本来の魅力を知ることなく良し悪しを判断してしまう人間も少なくないだろうから……。マッハスピード豪速球、ランジャタイに負けるとも劣らない名演ぶりだった。

これら本編に加えて、特典映像として「検証「ガン太に対する坂巻の愛が足りないんじゃないか問題」」が収録されている。「坂巻は自分に対して愛がないのではないか?」と感じているガン太が、坂巻にドッキリを仕掛けて、愛があるのかどうかを検証するという企画である。どういうドッキリなのかは実際に観ていただくとして、このネタバレを映像内では行わず、完成した映像を確認するというカタチで坂巻に真実が告げられるという底意地の悪い報せ方をしていたというのが興味深い。絶対に面白いじゃないか。その時の様子はビデオカメラに収められているのだろうか。収められていたとすれば、それはいずれリリースされるであろう第二弾の特典映像にきちんと収められるのだろうか……。この他にも、単独ライブでは面白い企画を幾つも手掛けているというマッハスピード豪速球。その模様がドキュメンタリータッチにソフト化される日が、いつか来ないものだろうか。

■本編【43分】

「マナー」「こんな夜は」「命の恩人」「自転車撤去」「ゲームセンター」「効果以上」「裁判」「下の上」「親子喧嘩」

■特典映像【28分】

「検証「ガン太に対する坂巻の愛が足りないんじゃないか問題」」

「ランジャタイのキャハハのハ!」(2017年4月19日)

2016年11月24日に新宿バティオスで開催された映像収録スペシャルライブ(無料)の模様を収録。

「えー……宇宙大戦争がーっ、来ます……!」。2000年に公開され、日本中で話題騒然となった映画『バトル・ロワイヤル』において、ビートたけし演じる中学教師が3年B組の生徒たちに言い放つ「今日は皆さんに、殺し合いをしてもらいます」という台詞をフラッシュバックさせる、あまりにも衝撃的な一言である。だが、これは映画のワンシーンからの抜粋ではない。オフィス北野所属の漫才師・ランジャタイの漫才『宇宙大戦争』の冒頭で放たれる、ボケ・国崎和也(愛称:クニちゃん)の第一声である。そこに「もしも」や「仮に」、或いは「将来的に」などといった生半可なオブラートはない。とはいえ、冗談で言っているようでもない。

だからこそ、相方であるツッコミ・伊藤幸司は、クニちゃんの言葉に「なに、急に! 来るの!? 何処情報なの!?」とあまりにも真っ当な疑問を投げかける。するとクニちゃんは「アメリカのね、アメリカさまの情報がね……」としれっと答える。では、クニちゃんは如何にして、その情報を秘密裏に入手したのか。曰く、アメリカからの情報は、クニちゃんの頭に赤外線で直接的に送られてくるのだという。……誰がどう見ても完全にイカレている。だが、これ以降、この件に関して追及されることはない。この漫才において重要なのは、あくまでも「宇宙大戦争が来る!」という一大事に対して如何に対応するかという一点のみなのだ。

宇宙大戦争が起こるとUFOがたくさんやってくる。そのUFOを撃墜するのは誰なのか。そう、クニちゃんだ。クニちゃんは日本代表なのだ。各国それぞれに代表がいて、ブラジル代表はロードリーくんである。ロードリーくんは、ニワトリを引き延ばして棒状にした杖を駆使して、棒術でUFOに立ち向かう。クニちゃんも戦うぞ。UFOを掴んでは投げ、掴んでは投げ。その様子をカメラで撮影、アメリカにアピールだ。次々に破壊されるUFO。そのうちの一機がクニちゃんに語りかける。「クニちゃん……結婚しよう……」。あまりにもトリッキーなボケの乱打に、頭がどうかしそうになる。

私が初めてランジャタイの漫才を目にしたのは、「M-1グランプリ2016」準々決勝戦の配信動画だった。当時、彼らが披露したネタは、この『宇宙大戦争』を更に上回る展開を迎えている『カラオケ』。一緒にカラオケに行った友達にイカ墨をぶっかけて目をつぶしたり、イルカとデュエットを始めたり、クリオネに因縁をつけられたり……ストーリーが無いだけに、その世界はとことん無鉄砲に広がっている。

しかし、これほどにハチャメチャなランジャタイの漫才なのに、不思議と無理なく受け入れられる。あまりにも非論理的で破綻した内容なのに、強引に笑わせられてしまう。何故か。その理由は、恐らく独特のテンションを帯びたクニちゃんの語り口にある。私たちが生きている世界とは違う世界が見えているタイプの市井のクレイジーな方々を思わせるクニちゃんの喋りには、ランジャタイの漫才の中で繰り広げられているような出来事が本当に見えているのではないかと思わせられる、ある種の説得力が感じられるのだ。もし、現実に根差した漫才師が、ランジャタイの台本をそのまま再現したとしても、ここまで面白い漫才にはならないだろう。

また、クニちゃんの表現力の高さも無視できない。現実的には有り得ないキャラクターやシチュエーションを自らの肉体だけを駆使して見事に表現している。『宇宙大戦争』でUFOをお風呂につけるくだり、本当に浴槽が見えるんだよな……。加えて、相方の伊藤が、クニちゃんの喋りを強引に止めようとせず、絶妙な距離感を保ちながらツッコミを入れていることで、観客の視点をしっかりと代弁してくれている点も大きい。この絶妙なバランス感が、ランジャタイの漫才を成立させている。

そんなランジャタイの漫才が一時間に渡って披露されている本作は、何処を切り取ってもクレイジー極まりない。猫を飼いたいクニちゃんが夜中二時のシャッターが下りているペットショップの前で時を止めたり次元を切り開いたり『猫を飼いたい』、アルバイトの面接を受けに行くクニちゃんと一緒に謎の生命体「カツ丼くん」が付いてくる『バイトの面接』、子どもの頃から欽ちゃんのことが大好きなクニちゃんが伊藤と「仏が沼にハマッたよ」で仮装大賞に出場する『仮装大賞』など、まともな漫才が一つもない。とりわけ、イヌとキャッチャーとカラスと伊藤を引き連れたクニちゃんがトロールたちと戦いに行く『仲間が欲しい』は、「桃太郎」的な世界観を再構築したような設定から誰も想像できないであろう結末を迎える、とんでもないネタである。是非、観ていただきたい。

これら本編に加えて、特典映像として謎の落語家「馬車楽亭馬太郎」による謎の新作落語『パカラ』、この『パカラ』を坂巻裕哉(マッハスピード豪速球)に延々と聴かせ続ける『パカラ地獄』を収録している。言わずもがな、馬車楽亭馬太郎の正体はクニちゃんなのだが、漫才とは違って、完全に落語家の口調で『パカラ』を演じているから驚きだ。おかげで、これといった笑いどころもない30分の長編新作落語にも関わらず、妙に聴き入ってしまった。いや、とはいえ……『パカラ地獄』のような目には合いたくないが。視聴後、割と本気で「芸人って、大変なんだな……」と思ってしまった。

追記。私が初めてランジャタイの漫才を目にしたのは、どうやら『ぴんく-1ぐらんぷり』(2016年4月29日リリース)だったらしい。衝撃的な内容のDVDだったので、記憶が飛んでしまったのかもしれない。こちらのレビューも、いずれ……。

■本編【55分】

宇宙大戦争」「猫を飼いたい」「カラオケ」「バイトの面接」「仲間が欲しい」「仮装大賞」「寿司子」「沼」「ザリちゃん」

■特典映像【52分】

「馬車楽亭馬太郎「パカラ」」「パカラ地獄」

2017年6月の入荷予定

21「2017年度版 漫才 爆笑問題のツーショット

21「ネタやらかし」(Aマッソ)

タイムマシーン3号の単独ライブがソフト化されるという情報で浮かれている最中ですが、来月の予定のお報せです。年に一度のお楽しみ、「爆笑問題のツーショット」が今年もリリースされます。この一年間も本当に色んなことがあったので、彼らがどのようにそれらの出来事を調理してくれるのか、本当に楽しみですね。ちょこちょこ挟み込まれるアドリブみたいなやりとり、今回も見せてくれるかな。NHKのドキュメント番組「笑けずり」で人気に火が付いたAマッソは、これが初めての単独作品。今年3月に開催された単独ライブ「買ったらお縄!ホンチャン・ヤルデ株」の内容を再現しているとのことですが……だったら最初から単独ライブの映像で良かったのではないかという気がしないでもないです。スタジオ収録は画が寂しいからアレなんだけどなーどうなんだろーなー。何はともあれ楽しみです。