土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDを見てなんやかんやいうブログ

「キングオブコント2017」セミファイナリストまとめ

いつものアレです。各自でご査収ください。

続きを読む

君(たち)は東京(2017年8月11日~15日)

■8月11日(金)

午前11時半起床。12日に開催するオフ会の参加人数変更のため、鳥貴族に電話。また、オフ会参加者の名簿を、各参加者へとDMで送付する。休日中の特番を予約録画。その流れで、以前に録画した『なつやすみ びじゅチューン!ツアー in関西』『自由研究55(ゴーゴー)』を見る。井上涼が手掛けるアニメーションから時たま溢れ出る押しつけがましくないメッセージがたまらなく好きだ。Be ベラボー! 午後3時に愛車で家を出る。ATMやコンビニに立ち寄ったりしながら空港へ。車を空港内の駐車場に停めて、しばしの別れを惜しむ。荷物を抱え、トイレで一息ついて、搭乗ゲートに向かうも誰もいない。疑問に思いながらも受付に向かうと、どうやら来なくてはならない時刻を少し過ぎていたらしく、「ちゃんと時間通りに来てください」と窘められる。反省しながら金属探知ゲートをくぐっていると、後から同じような注意を受けている人がいたので、妙に安心する。午後6時20分ごろ、離陸。直前の急激に機体の速度が上がる瞬間がなんだか苦手だ。死を感じるためだろうか。

午後7時40分ごろ、成田空港に到着。空港第2ビルへと徒歩で移動し、成田空港と上野を繋いでいる京成スカイライナーに乗り込む。京成本線だと1時間20分ほどかかるところを40分程度で到着できる高速ぶりはとても有り難いのだが、片道およそ2,500円という価格はなかなかのものだ。午後9時20分ごろ、上野駅に到着。既に疲労感でいっぱいになっていたが、対してお腹は減っていたので、「富士そば」で盛りそばをかっ食らう。

f:id:Sugaya:20170811213702j:plain

午後9時50分、カプセルホテル「北欧」にチェックイン。館内着に着替え、大浴場で身体を清め(露天風呂が本当に有り難い)、カプセルの中の布団に飛び込む。スマホのアプリで「古館伊知郎のオールナイトニッポンGOLD」を聴きながら、深夜0時を迎えるころに就寝。

続きを読む

旅行のお報せ

どうも菅家です。

このところ、すっかり更新が滞ってしまいまして、このような場末のブログに付いてくださっている読者の皆様方にはご迷惑をおかけしております。……迷惑というほどではないですか。そうですか。まあ、確かに、ウチのブログには、あってもなくてもどーでもいいようなことしか書かれていないので、そんな迷惑をおかけするほどの存在感も無いかもしれませんが。我ながら卑屈がヒドい。

で、もうしばらく、ブログの更新は滞ります。というのも、旅行に出かけるからです。今夜の飛行機で出発して、来週の火曜日に帰宅する予定になっています。なので、その間は恐らく、ブログを更新する余裕はないでしょう。……多分。まあ、どこかで隙間の時間が出来たら、ひょっとしたらネットカフェあたりでキコキコと書き込む可能性もありますが。その時は、またよろしくお願いしますね。

と、単なる報告で終わるのもアレなので、近況でも。最近、山下達郎のアルバム『COME ALONG』を買いました。

COME ALONG

COME ALONG

 
COME ALONG2

COME ALONG2

 

別に山下達郎のファンというわけではないのですが、こういったコンピレーションアルバムというか、企画盤の類いはどうしても買ってしまいます。どうしても、ということもないけれど。曲間で小林克也が英語で喋りまくるという実際のラジオを思わせる構成に、激しい魅力を感じてしまい、ついつい購入してしまった次第です。で、実際のところ、大変に宜しいです。ここでわざわざ言うことでもないですが、とにかく山下達郎の曲が良い! どうしても『クリスマス・イブ』のイメージが強いから、秋から冬にかけてのミュージシャンとして認識してしまっていたのですが、アルバム全体から溢れ出んばかりのナツ感がたまらないですね。一枚2,000円という価格設定も敷居が低くてヒジョーに良いです。こういうアルバムを聴きながら、車でどっか遠くに行きたいものです。今回は飛行機で行くから関係無いけど。活用できないネー。

こちらからは以上です。

理想も現実も抱きしめて『矛盾、はじめました。』

ハロプロの音楽とともに思春期を過ごしたためなのか、アイドルソングといえばポップで陽気で楽しい楽曲というイメージが私の中に深く刻み込まれている。まあ、あながち間違いではない。時にはしっとりとしたバラードを歌っている姿を目にすることもあるが、基本的にアイドルの歌う曲は明るく楽しい。だからこそ、Negiccoの『矛盾、はじめました。』を初めて耳にしたときには、そのアダルトな雰囲気に驚かされた。イヤな言い方をすれば地味なのだが、しかし、ついつい何度も聴いてしまう中毒性を秘めている。歌詞の内容も大人びていて、「持ち寄った(コンビニの)缶ビール(シュークリーム)」なんて言い回し、アイドルソングではあんまり聞かない。 でも、そんなメロディと歌詞を、Negiccoは寄り添うように優しく歌ってみせる。自分がもしも女性で、恋に振り回されていたとしたら、こういった曲でうっかり涙を流してしまうのだろうか。

Negicco 2011~2017 -BEST- 2 [CD+Blu-ray Disc]

Negicco 2011~2017 -BEST- 2 [CD+Blu-ray Disc]

 

ベスト盤も買ったのだが、なんだかんだでコレばっかり聴いている。他の曲も聴けよ、勿体無い。