令和時代のお笑い公論

心が壊死する、その前に。

なあ、怖いコントを観ようじゃないか!!

先日、XXCLUB大島育宙氏を怒らせてしまった。

実際に怒っていたのかどうかは分からない。でも、きっと怒っていたのではないかと思う。少なくとも私には怒っているように見えた。日頃は理論的に物事を語っている人が冷静に怒りを露わにする姿というのは、得も言われぬ迫力に満ちている。それも原因は明らかに此方にあるので穏やかじゃない(氏のとある意見ツイートに対し、不用意な批判を飛ばしてしまったのである。相手に対して不相応な知性を晒し上げながら批判する行為ほどみっともないものはない)。過ちに気付いた私は即座に反省の意志を表明するリプを氏に送った。そして、この恥ずかしさと情けなさ、なにより相手に対する申し訳なさを少しでも解消すべく、数日前に大島氏が募集していた〈怖いネタ〉を一つお教えしようと思い至った。

お笑い芸人のネタの多くは観客を笑わせるためだけに作られている。だが、それらの中には、ただ笑わせるだけではなく、時に他の感情を呼び起こすものも幾つか存在する。その中でも、人の恐怖心に揺さぶりをかける〈怖いネタ〉は、お笑い芸人マニアの間ではたびたび話題の種となるメジャーなテーマだった。当時、大島氏はそんな〈怖いネタ〉について、フォロワーへ募集をかけていたのである。その募集を始めて目にしたとき、私は別に自分が意見せずとも、多くのフォロワーを持つ彼の元には沢山の情報が集まってくるだろうと思い、敢えて反応しなかった。だが、氏を怒らせてしまった後となると、話は別である。まだ名前の挙がっていない怖いネタを教えることで、先程のみっともないツイートを相殺すべく、必死に考え込んだ。

そして思い出したのが、シソンヌの『しつけ』である。

『しつけ』は新居へと引っ越してきたとある入籍前の男女の姿を描いたコントだ。女性(じろう)が化粧品回りの荷物を片付けようと段ボール箱の中身を確認していると、そこにドライヤーが無いことに気が付く。男性(長谷川)に所在を尋ねると、「古くなったから捨てて、新しいのを買ってきた」と聞かされる。それを聞いて女性は激怒。「なんでそんな勝手なことをするのよ!」。しかし、故障してコールドしか出てなかったし、捨ててしまったものは仕方がないと説得され、しぶしぶ新しいドライヤーを受け取ることに。ところが、女性はその新しいドライヤーのコードを縛り、机の下へと投げ捨てる。「関係性を覚えさせないと……!」。

『しつけ』は基本的に女性の言動が持つ可笑しみを中心に構成されている。ドライヤーに対する過剰な思い入れ、そして「ドライヤーを躾ける」という不可思議な視点が持つ異質性によるものだ。だが、その言動こそ異質ではあるが、彼女の気持ちそのものは決して異常ではないことが分かり始める。彼女にとっての日用品に対する躾け行為は、あくまでも自分の所持物として受け入れるための儀式なのだ。まだ生活に馴染んでいない日用品を日常に当たり前に存在するものとして受け入れるために必要な期間なのである。そのことが分かるようになるにつれて、少しずつ、その舞台に有る別の異常性が明らかになっていく。この瞬間が、とても怖い。是非とも体感してもらいたい。

私は大島氏に『しつけ』を紹介した。何処に出しても恥ずかしくない名作である。

ここで話は終わるべきだったのだが、お詫びの品(=怖いコント)を無事に提出することが出来た安心感からか、無性に怖いコントの話がしたくなってきてしまった。以後、私は怖いコントについてあーだこーだと考え、思いついたことを次々にツイートしてしまった。そして、自分の中で怖いと思うコント、大袈裟にいうならば【新三大・怖いコント】を選出したのであった。

ちなみに、【旧三大・怖いコント】は以下の三作品である。

ラーメンズ『採集』(「ATOM」収録)
バナナマン『ルスデン』(「秘蔵映像集 "private stock"」収録)
千原浩史千原靖史渡辺鐘『ダンボくん』(「プロペラを止めた、僕の声を聞くために。」収録)

ちなみに、私はこれらの三作品を「怖いネタである」という事前情報を得ずに鑑賞しているのだが、当時、それほど恐怖を覚えることはなかった(『採集』のオチには驚かされたが)。確かに、これらのコントはいずれも不穏な空気に満ち溢れていて、一般的なコントとは一線を画した存在感を見せつけていた。だが、その描写があまりにもドラマチックで、一つの非日常的なシチュエーションのフィクションとして見えてしまい、恐怖心を抱くことが出来なかったのである。逆にいえば、これから私が紹介する【新三大・怖いコント】は、日常に直結する恐怖が感じられるコントということになる。

続きを読む

2019年8月の入荷予定

21「第20回東京03単独公演「不自然体」

どうも菅家です。七月は更新が少なくてすいませんでした。大阪旅行の記録で体力を絞り出した後で、京アニの放火だの、吉本動乱だの、色々な出来事で精神的にも疲弊してしまって、いよいよ何もやる気がなくなってしまったのです。皆さんもきっと疲れ切っていることでしょう。お笑いなんて見てないで、とっとと寝てしまった方がいいですよ。それはそうとして来月の予定ですが……なんとも心寂しいことになっていますね。東京03の単独公演だそうです。前回と同様、DVDとBlu-rayの二形態でリリースするそうです。Blu-rayにはDVDに収録されていない映像が特典として入るそうです。楽しみですね。あ、あと、2日に幕張メッセでのイベントを収録した『ゲームセンターCX 15th感謝祭 有野の生挑戦 リベンジ七番勝負』がリリースされるそうです。こちらもDVD・Blu-rayでの二形態でのリリースとなります(どちらも二枚組)。お盆の夜はこれ観ながら一杯ひっかけるしかないな……嫌なことは全て酒で忘れるんだ……。

めちゃめちゃ大事な正念場

宮迫博之吉本興業から契約解除であるという。私は『ワンナイ』の熱心な視聴者ではなかったし、『アメトーーク』もMCよりゲストの方に注目していたし、むしろ『R-1ぐらんぷり』に関してはMCとしての判を押したような立ち振る舞いに苛立ちを覚えることも少なくなかったので、正直なところ宮迫氏の引退そのものに関しては「まあ別に引退したからってだからなんだっていうんですか?」としか思えないのだが、それよりも何よりも「契約解除するほどのことじゃねえだろ、バカじゃねえの」という気持ちの方が強いわけです。彼に対して抱いていたあらゆる嫌悪感を集結させたとしても、それよりもなによりも、その気持ちの方が強いわけです。一部報道では引退も視野に入れているとのことですが、やっぱり引退することそのものについては「どうでもいい」としか言いようがないのですが、それ以上に「こんなことで引退していいの? 芸能の世界に対する未練はそんな程度のものなの?」と思ってしまうわけです。引退する側にもさせる側にも思うわけです。なんかもう、そういう思考になっちゃってるような気がします。いらねえんだよそんなのは。そういう時代の流れ、風潮の胡散臭さから逸脱して、狂気の世界へと誘ってくれるのが芸人じゃねえのかよ。良識に呑まれてんじゃねえよ。尤も、山本圭壱だって復帰したわけで、そこまで心配することじゃないのかもしれないけれど。ていうか、いつまでこの話題続けるの。いいだろ、もう。誰が喜ぶんだよこれ。

追記。明けて七月二十日、状況があまりにも変わり過ぎてしまった。昨日まで、闇営業の一件を受けて、ただ宮迫が引退するだのなんだのという話になっているという程度に認識していたのだが、本日行われた宮迫・田村亮による記者会見によると、どうも色々な前提が食い違っていることが分かった。無論、宮迫・亮の言い分が、必ずしも正しいとはいえない。自分にとって都合の良いことを言っている可能性は否定できない。とはいえ、それにしても驚くべき話が飛び出している。飛び出し過ぎている。細かいところはお笑いナタリーの記事に詳しい。

例えば、宮迫引退の件からしてズレている。当初、保身を理由に闇営業の件で「お金は受け取っていない」とコメントしていた宮迫だったが、騒ぎが大きくなってきたため、世間を欺いていたことを改めて謝罪する会見を開きたいと亮とともに社長へ申し出たところ「会見はやってもええけど、全員連帯責任でクビにする」と告げられ、謹慎期間に入り、再び記者会見を開きたいと申し出ると「宮迫と亮の引退会見もしくは二人との契約解除のどちらかを選べ」という旨の書面が届いたという。そこまでして事務所が反社会的勢力への闇営業の存在を無かったことにしたい理由は分からないが、結果として、最悪の状況を生み出してしまったことを思うと、なんともいえない気持ちにさせられる。

そもそもの発端である闇営業についても、どうやら胡散臭いことになっているらしい。

会見によれば、入江から「結婚パーティに顔を出してもらえないか」と誘いを受け、その報酬の高さに驚いて「大丈夫か?」と確認をしたところ、「入江のイベントのスポンサーについてくれている。吉本の会社を通したイベントについてくれているスポンサーなので安心です」と話されたのだそうだ。もし、入江が嘘をついたわけではないのだとすれば、吉本は過去に反社会勢力がスポンサーについているイベントを通していることになる。……なにやら良からぬことを邪推してしまいたくなるが、果たして……。

色々と激しい動きを見せた本件、どのような着地を見せることになるのか。無関係な我々は、ひたすらへらへら踊るばかりである。