土曜深夜の視聴覚室

Saturday midnight audio-visual room.

無題。

ちょっとムカッときたので記録。

2014年に、どぶろっくのネタについて、

「どぶろっくがこんなに老若男女に大人気なのは、痴漢などの性犯罪に関する知識が日本の世の中に浸透していないことの表れ」

「どぶろっくを笑う世界」には、痴漢などの性暴力は存在しないことが前提になっている。同じ世の中にそういった被害は実際にあるのに、その被害とどぶろっくは別々のものと認識されていて、観ている人たちの中で、まったくつながっていない。

「社会全体が「女性に対しての侮辱」に対して徹底的に鈍感なことが、どぶろっく流行を力強く支えている」

と書いたテキストをあげていた漫画家の田房永子氏が、今年になって、

「どぶろっくは痴漢の『膜』の中のストーリーを分かりやすくユーモラスに歌い上げている。すごいな、と思った」

と表現を柔らかくしたうえで、2014年に起こった批判について、

「私は、どぶろっくのネタは観客が“ヤバい男の妄想”を聞いて「んなわけねーだろ笑」「バカじゃないの笑」という呆れ笑いがこみ上げる芸だと思っていたけど、どぶろっくが歌っているのは「あるあるネタ」だとドメンズは言う。だから、そのあるあるネタを痴漢の心理だと言うことは、「一般男性はみんな痴漢と同じ」と言っていることになるというのである」

と振り返っているテキストを書いていて、この人は信用できないなと再認識した。アクセス数に貢献したくないのでリンクは貼らないので、気になる方はテキトーに調べてみてください。

当時、田房氏のテキストが批判されていたのは、どぶろっくの『もしかしてだけど』の歌詞の世界と痴漢をする人間が作り出している自分の世界が似通っていると比較するだけでなく、前者が「空想」*1で後者が「妄想」*2であるにも関わらず、単なる空想の域を出ていないどぶろっくのネタが評価される世間そのものを批判したためだ。

それ故に、「妄想」ではなく「空想」を是とする人たちに批判されたのに、全く理解しようとしないばかりでなく、批判してきた人たちを“怒男(ドメンズ)”などと揶揄し、開き直っている。率直に言って不誠実ではないか。

ちなみに、どぶろっくのネタ(※『もしかしてだけど』のこと)は、日常の風景における女性たちの姿を描写(フリ)して、観客が思いもよらない理由を提示して自分に対して思いを寄せているのではないか?と歌い上げる(オチ)ことによって生じる、意外性の笑いである。系統としては、まったく別々の言葉の予想外な接点を提示する掛け言葉、堺すすむの『なんでかフラメンコ』、オリエンタルラジオの『武勇伝』に近い。ヤバい男の妄想ネタという意味では、むしろ天津木村の『エロ詩吟』の方を例に挙げるべきだろう。

あと、芸人が想像した意外性のある行動を実際に取っている人間がいて、それについて「想像が足りない」「現実を分かっていない」という批判があったとすれば、それは逆だからな。意外性のある行動を実際に取っている人間の方がヤバいんだからな。なんでヤバいやつに合わせて芸人側が表現を控えなくちゃならないんだ。むしろ、芸人がそういうヤツを演じて、観客が笑っている時点で、そいつの方がアウトローだって世間が認めてるってことなんだからな。よろしく頼むよ。

以上、終わり!

*1:現実にはあり得ないような事柄を想像すること(デジタル大辞泉

*2:根拠のないありえない内容であるにもかかわらず確信をもち、事実や論理によって訂正することができない主観的な信念(デジタル大辞泉

「上方漫才トラディショナル」(2018年12月31日)

かまいたち「割り込まれても注意しない」
見取り図「オシャレにコーディネート」
さや香「好きな女性の結婚式のスピーチ」
矢野・兵動「色んなおっさん」
シャンプーハット「男の色気」
ティーアップ「ヒップホップ」
アキナ「山登りのガイド」
テンダラー「感動の再会」
藤崎マーケット「ナンバーワンホストを目指して」
笑い飯「タトゥー」
ハイヒール「二人の見た目、五十肩、自撮り」
大木こだまひびき「孫」
学天即「美容のために」
宮川大助・花子「夫婦漫才」
メンバー「俺の顔を見ろ」
なすなかにしスマホ音声認識機能」
アルミカン「男とご飯を食べに行く」
酒井くにお・とおる「ペットを飼う、動物の鳴き声」
オール阪神・巨人「酔っ払いにインタビュー」
ミキ「猫を預かって!」
銀シャリ「子どもの頃の遊び、橋本にオススメの娘」
霜降り明星「お寿司」
ジャルジャル「鎖骨を骨折した話」
NON STYLE「井上の家」
とろサーモン「万引きGメン」
海原やすよ ともこ「USJの人気イベント、大阪と東京のお母さんの違い」
メッセンジャー「昔のお母さん、怖い話」
中田カウス・ボタン「オリンピック、年賀状」

ナレーションは月亭八方。タイトル通り、正統派の上方漫才をお届けする……という名目の演芸番組。それはつまり、この番組に出演している漫才師は、いずれも上方漫才を代表するに値する漫才師ということを意味している。見取り図も、メンバーも、ジャルジャルも正統派。なんとも喜ばしいことである。しかし、平成最後の大晦日に催された、上方漫才の一大番組にも関わらず、中川家ますだおかだアメリカザリガニフットボールアワーに千鳥、チュートリアルといった歴代のM-1戦士……は我慢するにしても、スーパーマラドーナや和牛の不在は誠に残念である。居て然るべきだろう。

とはいえ、シャンプーハットメッセンジャーは面白かった。おぎやはぎよりも過剰にコンビ仲を強調したシャンプーハット、純然たる上方漫才の家風を引き継いでいるメッセンジャー。それぞれ、全国区への展開を意識した芸風とはまた一風違った、関西ガラパゴスの中で丁寧に育まれた濃密な笑いが映し出されている。どちらも以前に何度かネタを拝見したことはあるが、その濃度はより高くなっていたように思う。

ところで……来年は新年号最初の……が放送されるのだろうか。謎だ。

「新春生放送! 東西笑いの殿堂2019」(2019年1月3日)

【スタジオ】
チョコレートプラネット「病院のキャッチ」
霜降り明星「こぶたたぬききつねねこ」
濱田祐太郎「漫談」
ウエストランド「メチャクチャ面白い人」
西川のりお・上方よしお「社会問題」

なんばグランド花月
アインシュタイン「サプライズでプロポーズ」
宮川大助・花子「夫婦漫才、イノシシ」
中田カウス・ボタン「年賀状」

【スタジオ】
ニッチェ「十億円の遺産相続」
サンドウィッチマン「犬の散歩」
桂文珍「新・世帯念仏」
翁家和助翁家小花「太神楽」

鈴本演芸場
ホームラン「歌舞伎」
江戸家小猫「動物ものまね」
柳家権太楼「代書屋」

【スタジオ】
Gパンパンダ「アイドルファン」(平成30年度NHK新人お笑い大賞
ネルソンズ「告白の後で」(平成30年度NHK新人お笑い大賞・準優勝)

【ニュース】

【スタジオ】
なすなかにしスマホ音声認識
酒井くにお・とおる「漫才」
柳家喬太郎「太鼓腹」

【新宿末広亭
ナイツ「怖い夢」
ぴろきウクレレ漫談」
桂文治源平盛衰記

【スタジオ】
アンガールズ「水族館」
ダイアン「カリスマ美容師」

【心斎橋角座】
チキチキジョニー「イノシシとハンター」
アメリカザリガニ「スケッチブック漫才」
三吾・美ユル「親子漫才」
笑福亭松喬「酒の粕」

【スタジオ】
中川家「結婚式」
爆笑問題「占い、貴乃花なまはげ、タクシーの車載カメラ」
堺すすむ「なんでかフラメンコ」
大木こだまひびき「漫才」

総合司会は爆笑問題中川家、雨宮萌果(NHKアナウンサー)。また、各地のリポーターとして、鈴本演芸場から古今亭文菊柳亭こみち、新宿末広亭からナイツ、なんばグランド花月から和牛、大阪城からspan!もりやすバンバンビガロ、心斎橋角座からチキチキジョニーらが出演。

R-1王者の濱田祐太郎M-1王者の霜降り明星、新人お笑い大賞のGパンパンダといった実力者たちのネタは勿論のこと、既にバラエティで一定の地位を築き上げているアンガールズサンドウィッチマン、ニッチェ、のネタも流石の一言。特にニッチェは、正月番組で披露するに相応しいとは思えないダウナーな設定のコントを演じていて、その良い意味での空気の読めなさが素晴らしかった。これから売り出されようとしているウエストランドネルソンズも良かった。逆にダイアンは、びっくりするぐらいに場にハマッてなくて、それが却って面白かった。エンディングでスーを差し上げる場面が用意されていたのも、良かったなあ。

各劇場からの中継では、流石の安定感を見せつつもコンプライアンスに立ち向かう姿が妙に勇ましかった中田カウス・ボタン、正反対なキャラクター同士の衝突を滑稽に描いた柳家権太楼、何処までもフザケ倒したナイツ、源平と漫談を軽快に行き交いながら観客を揺さぶっていた桂文治、謎のスケッチブック芸で安定の笑いを提供していたアメリカザリガニが印象的。アメザリは普通に漫才やっているところが観たかった……というか、あの妙に派手な衣装はどういう戦略性を抱いたものなのだろうか。もう、割と落ち着いた芸に転じていい年齢だと思うのだが。

ラストはくじ引きで選ばれた観客による審査。三対零で東軍の勝利となった。西軍が勝てないのは、和牛に漫才をやらせなかったせいかもしれない!

「新春!お笑い名人寄席」(2019年1月2日)

神田松之丞「寛永宮本武蔵伝より狼退治」
新宿カウボーイ「漫才」
ロケット団「欽ちゃんとキムちゃん」
トム・ブラウン「加藤一二三
テツandトモ「なんでだろう」
ナイツ「大晦日特番、塙の同窓会」
U字工事「地元の梨農家をレポート」
三四郎「小宮の神対応
カミナリ「ヘビで例えるお母さん」
アンガールズ「ファッションモデル」
サンドウィッチマン「謝罪会見」
 コラボ企画「ねづっち、ナイツ土屋、秋山ゆずきによるなぞかけ」
 コラボ企画「青空球児・好児×デヴィ夫人のゲロゲーロ」
 コラボ企画「おぼんこぼん×東貴博のオワンダセ♪」
 コラボ企画「クールポコ。と東・サンド・ナイツ・アンガ・三四郎
 コラボ企画「春風亭小朝による美人大喜利(回答者に春風亭ぴっかり☆、大家志津香峯岸みなみデヴィ夫人、大林素子)」
ダチョウ倶楽部「音マネ」
林家三平歌丸思い出噺」
林家木久扇「明るい選挙」
爆笑問題「山根会長、eスポーツ、ゆうこりん結婚、警察24時」

司会は東貴博繁田美貴テレビ東京アナウンサー)。中継リポーターとして、浅草寺からひょっこりはん千賀ノ浦部屋新年会から松村邦洋らが出演。

どうも菅家です。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。新年一発目の更新は旧作レビューを予定していたのですが、まんまと時間が掛かっているので、バラエティ特番の記録記事でスタートを切っております。なんだか申し訳ないですね(むしろこちらの方が需要が高い気がしないでもないけれど)。

印象に残っているのは、ロケット団、カミナリ、サンドウィッチマンの三組。ロケット団は浅草を代表する芸人の欽ちゃんと北朝鮮のキムちゃんを比較する漫才を披露していた。欽ちゃんは「欽ドン」でキムちゃんは「テポドン」……などのような、正月特番で披露するにはかなりアグレッシブなボケが楽しかった。カミナリは、分かりにくいまなぶのボケに対して間合いを取ってたくみが引っ叩くスタイルから、ナンセンスなまなぶのボケにたくみが頻繁に引っ叩くスタイルへシフトチェンジ。まなぶのボケがシンプルにムチャクチャなので、頻繁に繰り出されるたくみの引っ叩きに違和感が無く、引かれることなくしっかりと笑いに昇華されていた。以前よりも格段に面白くなっていたので、今後の進展にも期待できそう。

しかし、その中でも、サンドウィッチマンの勢いはスゴかった。なにせ漫才に始まるまでが面白い。富澤が“精巣上体炎”という病気になってしまって睾丸(キンタマ)が肥大した話、伊達のゼロカロリー理論の件で栄養士の方からお叱りを手紙を頂いた話、どちらもかなり笑えた。それでいて、肝心の漫才もちゃんと面白いから、もうどうにも止まらない。その無敵状態ぶりに、改めて感服。