土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDについてなんやかんやいう

「にちようチャップリン」(2018年4月22日)

  • インディアンス【90点】

「漫才:きむが元気ない」。相方がコンビを結成したころに比べて元気が無くなってきたという田渕に対し、元気いっぱいの姿を見せようとする木村だったが、何を言ってもやっても反論されてしまう。通常、インディアンスの漫才は木村の話が先行し、田渕がそれにいらぬボケを付け足していくスタイルを取っていたが、今回は木村の言い分に対して田渕がボケやツッコミを打ち返していくスタイルにシフトチェンジ。結果、従来のネタよりも漫才として噛み合っているし、田渕のスタンスも木村を追い詰めるという点では統一されているので違和感がない。新しいインディアンスの扉が開いたような漫才だった。

「コント:サプライズ」。テキトーな理由で家に呼んだ友達に、サプライズパーティを用意している二人。ケーキもプレゼントも用意して、二人の間でしか通じない暗号も考えて、しっかり準備万端で待ち構えていたのだが、そこで思わぬハプニングが……。明らかにチョイスミスな暗号のフリが大き過ぎて、そちらにばかり意識がいっていたところ、その隙を突くかのように繰り出された「緊急事態の合図」「オリジナルのバースデーソング」などの表現力重視のボケにまんまと飲み込まれてしまった。否、むしろ暗号ボケがきちんと機能するように作られているからこそ、伝わるかどうか分からない表現力重視ボケを安心してぶつけられるのだろう。序盤のどうでも良さそうなボケをフリにしたオチも上手い。

  • プラス・マイナス【92点】

「漫才:街づくり」。自分で街を切り開いていくゲームにハマッているという岩橋が、舞台上でお互いに街を作っていって、どちらがより良い街を作ることが出来るか勝負しようと提案する。慣れた手つきで街に必要な施設を建築していく岩橋に対して、我が道を突き進んでいく兼光の奔放さが楽しい。そんな朗らかな気持ちをブチ壊すように始まる「大仏・小仏」についての激論を重ねていくくだりは、これまたあまりの下らなさに笑ってしまった。どうでもいい。心底どうでもいい。それでいて終盤、「おぎゃあ」のくだりにはちょっと感動を覚えてしまった。これほどまでに観客の視点を右へ左へ転がしてくれる漫才も珍しい。面白かった。

  • ペンギンズ【82点】

「アニキ漫才 ~小道具卒業~」。小道具に頼り過ぎだとアニキに注意されたノブオが、泣きながらアニキに小道具を手渡していく。用意してきた小道具のチョイスと所持している小道具の異常な多さが笑いに昇華されているネタ。決して賞レースで勝てるタイプのネタではないが、こういう場だからこそ出来るイレギュラーなネタを用意してきたことに好感を覚えるし、道具のチョイスもきちんと考えられていて(ゴムチキン三連発は笑った)、楽しかった。アニキのオチも見事。

  • 鬼越トマホーク【84点】

「漫才:キャラがほしい」。コンビにキャラが無いと思っている坂井が、様々なキャラクター要素をコンビに付け加えていこうとする。何の説明もなく坂井が「双子設定の漫才」「ハーフ設定の漫才」を始めようとするくだりがたまらなく好き。見た目がアウトローなのに、意外とこういうベーシックなくだりをそつなくこなすコンビである。そこからコントに入るまでのくだりはやや歪な流れになっていたが、それら全てを「コワモテが出来る全ての漫才コントはサンドウィッチマンがやってるよ」の一言で集結させてしまったのは凄かった。妙に内容に熱が篭っているのは、幾らか本音も反映しているからなのだろうか。そして終盤、まさかの展開で一気に畳み掛ける。売れない芸人ならではの悲哀をテーマにしているのに、それをまったく感じさせない安定感。良かったな。

  • しずる【80点】

「コント:高橋英樹」。二人が入った喫茶店に偶然にも高橋英樹が。でも、当人か他人の空似か分からない。そこで池田が確認に行くことに……。既に高橋英樹ではないと分かっているにも関わらず、村上に促されて何度も何度も確認に行かされる池田の不条理な境遇がたまらない。ただ、池田は池田で、不満を口にしながらもまるで積極的に確認しに向かっているように立ち振る舞っているため、不快感のようなものは覚えない。このバランス感が良い。ただ、ややブラック色の強いオチは、しずるの得意な手法をそのままお手軽に持ち込んだだけのように見えて、なんだか勿体無い。

1位のジェラードンが四月の月間チャンピオンに決定。

【次回(4月29日)の出場者】

アイデンティティ

アキラ100%

笑撃戦隊

天狗

トンツカタン

はなしょー

「にちようチャップリン」(2018年4月15日)

  • インディアンス【96点】

「漫才:高級レストランでデート」。ホテルの最上階にある高級レストランでデートしたらモテるんじゃないかという木村の提案に対して、フザケたボケで対応していく田渕。以前に同じ設定の漫才を演っていた彼らを見たことがあるような記憶があるのだが、当時よりもずっと田渕のボケが暴走していて、それなのに適度に元の話題へと戻ってくるバランス感がきちんと向上している点にうっすらと感動を覚えた。ただ、それが却って、田渕の暴走を予定調和であるように見えてしまって、それに伴い、面白いのだけれども乗り切れない部分を作ってしまっているようにも感じられた。結果、改めてアンタッチャブルの偉大さに気付かされている。厳しい道だ。

  • しずる【90点】

「コント:蜂」。追試中、教室に入ってきた蜂に何故か先生ばかりが刺され続けるのだが、平静を装い続ける。生徒の前で平静であり続けようとしているのに、蜂に刺されるたびについつい「んっ」と濁った声でリアクションを取ってしまうギャップが可笑しみに昇華されているコント。切り口は面白いし、それなりに丁寧に作り込まれてはいるが、最後の最後で「先生だけが何故か蜂に刺され続けている」という設定の粗に言及するオチは、上手い落としどころを見つけられなかったが故の苦肉の策という風で勿体無い。

  • 三拍子【82点】

「漫才:遊び」。「馬跳び」を知らないという高倉に久保が遊び方をレクチャー。いつだったかのM-1グランプリ敗者復活戦で披露されていた記憶がある。動きメインのネタだが、「おしりどんぐり」「馬インザスカイ」など、ところどころに引っ掛かる表現をきちんと残しているところに、三拍子の漫才らしさを感じさせられた。後半の「助走をつけている高倉のボケが気になって馬の姿勢を崩してツッコミを入れる久保」のやり取りもバカバカしくて面白かった。ただ、動き重視のネタになっていたため、あんまりボケの本数を詰め込めなかったのが残念。あと、“正統派漫才師”として紹介されていたのに、躍動感にあふれる漫才をやっていたのは、ややチョイスミスのような気がしないでもない。

ポール牧野」。ポール牧野によるポールダンス風のパフォーマンスとともに繰り広げられる一言ネタ。「THE W」決勝戦のステージでも披露されていたパフォーマンス。ポジティブな視点からの自虐ネタと不思議なビジュアルによる洗練されていない仕草が笑いに昇華されている。逆にいえば、それを事前の説明もなく、観客に伝えられる表現力が評価されるべきなのかもしれない。ひょっとするとハリウッドザコシショウレベルの芸人に成り得るといえるのか。ただ、先にも書いたように、ネタの内容はあくまで自虐ネタなので、そこのオリジナリティに欠けるのが勿体無い。

「コント:二人羽織」。新人歓迎会で二人羽織をすることになった二人が、早速練習を開始するのだが……。二人合わせて体重二百キロ超えを自称しているコンビだけあって、ネタの内容も自身のビジュアルに特化したものが主。ただ、どちらも太っているためか、それぞれのデブ発言に対してツッコミを入れず、呑気に爆笑で乗り切ってしまうところに、現代性を感じる(ネタの後、小池栄子の体型を褒める流れには笑った)。とはいえ、ネタの内容に意外性が感じられず、もう少しオリジナリティを見せていくようにしないと単なるデブキャラで終わってしまいそうな気もする。タイムマシーン3号のような語彙力を身につけられるかどうか。

「コント:バスガイド」。東京を案内する観光バスのガイドの左手が明らかに人間のモノではなく、名物名所よりもそっちの方が気になって仕方がない。「左手が明らかに人間のモノではない」というボケを延々と消費し続ける手法は如何にもジグザグジギーらしいが、そのしつこさが上手く表現されておらず、ただ単純にボケのバリエーションが少ないだけのコントに見えてしまう。また、これと同じ傾向のコントを、既にしずるが演ってしまっていたので、余計に物足りなさを感じた。手にまつわるエピソードをもう少し掘り下げていれば、より印象にも残ったのだろうが、それはそれでジグザグジギーらしさが失われてしまいそうでややこしい。

  • 永野【72点】

「おもしろネタ4連発」。「TSUTAYAのテーマソング」「ノリノリで香水をつけるとこ」「コント:台風の中、キャバクラに行く人」「くまさん応援大会」の四本を披露。メディア的にはすっかり飽きられてしまった感のある永野だが、こうしてパフォーマンスを見ると、当時と違わぬポップさとキレ味を兼ね備えていて、まるで色褪せていない。このまま色褪せることなく、静かにメディアから姿を消していくのだろう。それでいいのか。それにしても、千鳥大悟もコメントしていたが、「くまさん応援大会」だけはこの場で披露する理由がまったく分からない。ライブであれば、会場の空気を一つにまとめるための準備として理解できるのだが、テレビの舞台で披露する意味とは。

1位のインディアンス、2位のしずるが勝ち上がり。

【次回(4月22日)の出場者】

インディアンス(3週目1位)

鬼越トマホーク(2週目2位)

しずる(3週目2位)

ジェラードン(1週目1位)

プラス・マイナス(2週目1位)

ペンギンズ(1週目2位)

「にちようチャップリン」(2018年4月8日)

  • 3時のヒロイン【74点】

「コント:妖精」。妖精を見つけるために森へと足を踏み入れた姉妹の前に現れたのは、デカくてダンサブルな妖精だった。強烈なビジュアルと無邪気な印象のキャラクターが暴れ回るという意味では、前回の放送でジェラードンが披露していたコントを彷彿とさせる。後半、急にグロテスクな部分を見せたという点も似ていたが、こちらはそれがあまり観客に伝わっていなかったように思う。途中、姉がダンスを楽しみ始めてしまう展開も、冷静に考えるとバカバカしいのだが、これまたあんまり伝わっていなかったような。もうちょっと笑いへと昇華させる流れを作らなくてはならないところか。基本的には、「妖精が見える姉」と「妖精が見えない(=自身が思い描いている妖精のイメージで捉えている)妹」のギャップを軸としたコント。元アイドルという福田のツッコミが上手い。

  • プラス・マイナス【88点】

「漫才:転校生」。小学生だった頃に父親の仕事の関係で引っ越し・転校を繰り返していたという岩橋の話をきっかけとした、転校生をテーマにした漫才コント。兼光のアニメキャラのモノマネで観客の興味を惹きつけ、シンプルな言い間違いを多用したボケで笑いを巻き起こす構成が、実に手慣れている。「転校生の挨拶」「友達」「お別れ」の三部構成になっていて、きちんと全体の流れを意識しているあたりも上手い。ただ、この上手さがむしろ、彼らの進化を止めてしまっているような気もする。結成十五年目、この辺りが正念場か。

「コント:くだもの子」。フルーツ女子・くだもの子に扮した脳みそ夫による一人コント。「考えがあまおう!」「ばればれバレンシア!」「恥ずかジューシー!」など、台詞の随所に果物(および果物を彷彿とさせるワード)を混入させることで、言葉遊びの上手さと意外性による笑いを引き出している。以前にも書いたような気がするが、やっていることはダンディ坂野ジョーク集と大して変わらない。それが観客にハマるかどうかだろう。あと、これはネタの内容と直接は関係無いが、脳みそ夫がネタ中に「こんちわ~す」と口走るのは彼が不安を感じている時らしいので、そのことを意識しながらネタを観ると、また少し違った面白さが湧き上がってくるかもしれない。

  • ハナコ【76点】

「コント:カレー店」。ナンとライスがおかわり自由なカレー屋さんにやってきた青年は、何故か他の客からナンのおかわりを頼まれたご主人が激怒している姿を目撃してしまい……。不条理な事態に遭遇してしまった当事者ではなく、それを目撃した第三者が心境を語り続けるというスタイルのコント。そのためなのか、どうしてご主人がナンのおかわりを注文されると激怒するのか、その理由は最後まで分からないままなのだが、特にしこりは残らない。また、激怒するご主人・激怒される他の客、どちらに非があるのかが曖昧にすることで、理不尽な状況にまでは至っていない点も絶妙。しかし、なにより注目すべきは、ご主人の造形に対するこだわり。衣装、ビジュアル、語り口、全て完璧ではないだろうか。

「漫才:バスのアナウンス」。バスの中に流れるアナウンスのスイッチをやってみる。随分とニッチなテーマに驚かされたが、要するに、バスのアナウンスを上手く喋ることが出来ないともしげの魅力的なダメさを引き出している漫才である。あまりにも出来ないので、何処までが台本で何処までがアドリブなのか、観ているだけではまったく分からない。結果、後には何も残さない、何も残らない漫才として成立させられている。このバランス感のまま、更に洗練されていったら、とんでもないことになりそう。

  • 鬼越トマホーク【80点】

「漫才:流れ星」。流れ星を目撃したのにお願いが出来なかったという坂井が、相方の金ちゃんに願い事を決めておくように指示する。若手芸人特有の願い事を提案する金ちゃんに対して、ちょっとサイコな切り口から反論する坂井のしゃべくり漫才。それぞれのキャラクターがぶつかり合うやり取りだけでも面白いのだが、「卵から産まれた」「俺は宗教やってるって思われたくねえんだよ!」など、印象的なワードも残せている点が魅力的。ただ、バリエーションがあまりにも少ないため、いずれ枯渇するのではないかと危惧するところも。

「コント:会議」。朝の会議に五分ほど遅刻してきたサラリーマンが目にした、その五分の間に片付いてしまったという数々の案件とは。2014年の単独ライブ「それにしてもへんな花」で披露されたコント。単独ではもっと色々な案件が拾い上げられていて、よりサラリーマンを演じる金子が翻弄されていく様が丁寧に描かれていたのだが、番組では時間の関係か「サングラス」「2億」「転勤」のくだりだけが取り上げられていた。この辺りの描写不足が、点数の低さに繋がってしまったのだろうか。……それにしても、もうちょっと点数を稼いでも良かったような気もするが。ただ、オチに関しては、上手いようなそうでもないような、ふわっとした印象が残るので、もうちょっとしっくりくるカタチを模索してほしいような。

1位のプラス・マイナス、2位の鬼越トマホークが勝ち上がり。

【次回(4月15日)の出場者】

 インディアンス

三拍子

ジグザグジギー

しずる

どんぐりパワーズ

永野

牧野ステテコ

「にちようチャップリン」(2018年4月1日)

要望があったので、やる。

「コント:ハチ公前」。ハチ公前にやってきた二人の外国人観光客からカメラを手渡され、記念撮影を頼まれた青年が独特のテンションに巻き込まれる様を描いたコント。一見、外国人という設定を使っているだけのハイテンションギャグコントのようだが、とはいえ設定を崩さない程度には現実的なラインを守っているバランス感が素晴らしい。否、国際的なドキュメンタリーバラエティ番組が増えている昨今、二人が演じる外国人のテンションが却ってリアルに感じられるといってしまってもいいのかもしれない。青年から財布をかすめ取ってしまうオチも、決して無邪気ではない外国人のしたたかさが上手く表れていて、味わい深い。それはそれとして「西部警察じゃん、見た目!」のくだりがかなり好き。そうとしか見えない。

  • ペンギンズ【90点】

「漫才:コンビニ」。お馴染みアニキとノブオの漫才。以前よりもネタの構成は粗く、内容よりも二人の関係性に着目している印象を受ける。「この二人の漫才が面白い」というより「この二人のコミュニケーションの様が面白い」という状態とでもいうのだろうか。しかし、コントが始まると同時にアニキが退店するボケ、二人の立ち位置に適したコント設定をあっさりと見つけてしまう展開、ノブオが律儀に設定を守ってタクシーを出てから「アニキアニキーッ!」と声をあげるボケなど、舞台での見られ方をきちんと認識しているからこそ出せるネタも多い。この辺りのアクセントをどれだけ続けられるかが今後の重要ポイントか。

  • 空気階段【88点】

「コント:賄賂」。賄賂を受け取っていたことを喋ってしまった大臣をハメるために秘書が発言を録音していたのだが、いざ音声を再生してみると語り口が何故かトシちゃんに。ナンセンスな設定もさることながら、あまりにも異常な事態に大臣が保身を捨てて録音に固執してしまう展開がとんでもなくバカバカしい。ただ、そのバカバカしさが、あんまり観客に伝わっていなかったのが些か残念。あと、トシちゃんとか、郷ひろみとか、ネタの軸となっている部分が昭和で止まってしまっているのも、ちょっと勿体無いような気が。

「コント:ブランコ」。男の子たちにブランコを取られたという小学生の女の子のために立ち上がった青年だったが、その男の子たちというのがなんと高校生の不良で……。青年に巻き起こった状況を思うと、これはとんでもない悲劇でしかないのだが、不良に対してあっさりと引き下がって女の子に諦めるように断言するみっともない姿勢が故に、悲痛な印象を与えない。否、これもそんじょそこらの芸人が同様のことをやれば、観客に引かれていただろう。ほしのディスコというみっともなさの権化のような人間が演じるからこそ、この状況が笑いに昇華されている。「今回はお嬢ちゃんが勝手にブランコに乗っていたのが悪い!」「お兄ちゃんも同じ被害者の会です」「うるさくするのも刺激に繋がるかもしれない!」などの台詞回しも絶妙。しかし、これだけの目にあっているのに、こんなにペーソスを感じさせない芸人も珍しい……。

「漫才:芸能人のイメージ」。反町隆史松嶋菜々子に対して特殊なイメージを持っている南川が、そこから想定されるシチュエーションをコンビで再現しようと試みる。昨年のM-1予選でも披露されていた漫才。勝手なイメージによって生み出されたシチュエーションの歪みと、ピーマンズスタンダードの二人によるクオリティの低い反町隆史松嶋菜々子の会話の歪みが最高潮に達したところで、なんとなくスルーされかけていたツッコミどころが強く指摘される展開がとても気持ちいい。こういう仕掛けを内包した漫才は退屈になりがちだけれど、きちんと熱量を保って演じられていたように思う。また、ツッコミを浴びている最中の、南川のなんともいえない表情がいい。無感情とも茫然とも戸惑いとも表現できない表情なのだ。この表情がもっと活かされたネタも観てみたい。

  • ZAZY【74点】

「紙芝居:転校生」。昔、プレイしたテレビゲームで、どんな危機的状況でもラップで解決してしまう……という設定のゲームがあったけれど、それを思い出した。内容に整合性が取れていなくても、ノルマがあって、クリアすべき障害があって、そこにナンセンスでもストーリーが組み込まれていれば、なんとなく納得してしまえる。そんなリズムゲーのノリをそのままスケッチブックに詰め込んだような。感覚としては「面白い」より「楽しい」に近い。そこへ分かりやすい笑いのエッセンスを組み込むことで、芸人のネタとして成立させている。「途中から無になって、何も考えずに見ていました」という近藤春菜のコメントが最適。

  • 馬鹿よ貴方は【64点】

「漫才:カラオケ」。一人でカラオケにやってきた新道が、ファラオ演じる店員に雑に扱われ続ける。ひとつひとつのやり取りは不条理で面白い。ただ、どちらも感情表現に乏しいため、全体の流れをやり取りから感じ取ることが出来にくいので、「一本の漫才を観た」というより「複数のボケとツッコミのやりとりを観た」という味気ない印象を残す。それでも以前は一貫性を表現しようとしていたように思うが、少なくとも今回のネタからはそれが感じられなかった。以前ほどネタの構成に頓着しなくなったのかもしれない。……したほうがいいと思う。

1位のジェラードン、2位のペンギンズが勝ち上がり。

【次回(4月8日)の出場者】

うしろシティ

鬼越トマホーク

3時のヒロイン

脳みそ夫

ハナコ

プラス・マイナス

モグライダー