令和元年の視聴覚室

平静を装いながら突き進め。

「兵動大樹のおしゃべり大好き。10」(2019年1月30日)

2018年4月21日によしもと祇園花月で行われた第40回公演の模様を収録。構成に小堂捻典と翠光。余談だが、翠光は兵動と同期の女性ピン芸人杉岡みどり”のペンネームである。

公演の行われた時期が、ちょうど兵動が『わろてんか』に出演していた時期だったため、撮影の舞台裏について語るという氏のトークライブでは珍しく楽屋感の強い話で幕を開ける本作。濱田岳と対峙するシーンで起きたハプニングを顔面で表現する様はとても笑えた。だが、兵動の真骨頂といえば、なんといっても奇跡的なシチュエーションの遭遇率の高さ。『わろてんか』以降は、そんな兵動の才能が余すことなく発揮されている。体調が良くない状態で遭遇してしまったイラつくホテルマン、もはやお馴染みとなっているにも関わらず予想外の言動で兵動を本当し続ける“大阪キッズ”藤田兄さん、ロケ先で見かけた自分を見ながら号泣している謎の男……どのエピソードも一級品の面白さ。

だが、本編最大のエピソードを選ぶとなると、自身の行動によってとんでもない状況に陥ってしまった『脱毛』にせざるを得ないだろう。とある男性専門の総合美容クリニックでヒゲの脱毛処理を行っていた兵動は、そこで下半身周りの脱毛を薦められる。というのも、これから介護を必要とする状態になった場合、下半身周りの毛が介護の妨げや疾患の原因となる可能性があるためだ。妻に相談し、試しに脱毛してもらうことを決める兵動だったが、その決意の裏で、妻に対するとある不安が心の中に浮き上がっていた……。ここから話はとんでもない方向へ転がり始める。ネタバレにならない程度に説明すると、一人で考えて一人で決めて一人で個室で何かをやろうとするとき、人は無軌道でヘンテコな行動を取ってしまいがちである……ということを、そのまま体現しているかのような話が展開している。とても面白い。うっかり者な兵動らしい話だった。

ただ、それはそれとして、芸人が介護を意識した話をしていることに、少し沁みるところもあった。思い返してみると、ライブの冒頭で娘二人の今の年齢を話していた時点で、既に布石を打たれていたのかもしれない。そういえば妻に「イライラするようになった」と言われていた話もあった。兵動のトークの上でしか知らない娘たちは成長を遂げ、対して、兵動もまた着実に老いていく。ごくごく当たり前のことなのだが、舞台の上に立っている人間もまた人間であると改めて思い知らされたような気がした。

これら本編に加えて、特典映像として『兵動大樹のおしゃべり大好き。39』(2016年9月18日・大阪市中央公会堂)の厳選トークロウリュウ』『じろう』と、兵動の愛する個性派芸人たちが集結して芸を披露する『兵動大樹を楽しませる会』を収録。『脱毛』よりも緊迫したシチュエーションが描かれている『じろう』は、痛みに苦しんでいる兵動のことなど気にも留めない娘たちの本編では語られなかった魅力が存分に引き出されていて、とても良かった。なんてステキな家族だろうか。今後も兵動家とともに人生を歩んでいきたい。誰だ俺は。

■本編【92分】
兵動大樹のおしゃべり大好き。40」(2018年4月21日・よしもと祇園花月

■特典映像【77分】
兵動大樹のおしゃべり大好き。39」(2016年9月18日・大阪市中央公会堂
 『ロウリュウ』『じろう』
兵動大樹を楽しませる会」

「今夜、笑いの数を数えましょう」(いとうせいこう)

今夜、笑いの数を数えましょう
 

芸人ではない人間が「笑い」について語ることほど滑稽なものはない。どれほどの理屈をこねくり回したところで、舞台に上がった経験のない人間の語る「笑い」などというものは、所詮は机上の空論に過ぎないからだ。尤も、広い世間には、自分の好き嫌いが一般の評価であると思い込んでいる、自信に満ち溢れた井の中の蛙も少なくない。そういった人間に限って『ドキュメンタル』のレビューで某が面白くなかったなどと無責任に語りたがる。“松本人志の実験”と称したコンセプトをしっかりと噛み締めてもらいたい。……逆にいえば、舞台に上がった経験のある人間が「笑い」について語る場合には、こちらはグウの音も出ないということになる。なにせ向こうは観客を笑わせることで金銭を稼ぐ世界に生きる者だ。常識的世界で常識的作業を淡々と処理している庶民の我々では到達することの出来ない、実践としての「笑い」を知る者だ。

本書『今夜、笑いの数を数えましょう』は、そんな脅威の「笑い」論を余すことなく詰め込んだ一冊である。数多の舞台を経験している才人・いとうせいこうが、「笑い」の担い手たちとトークライブ形式で「笑い」について話し合っている。このような形式の本の場合、単なる思い出話に終始することも少なくないが、本文ではきちんと「笑い」についての話が展開されている。それも、単なる上澄みではなく、奥深いところまできちんと掘り下げる。例えば、いとうがバカリズムとの対談中に紹介した、ある哲学者の〈笑いはノイズ的な反応〉という話から、「笑い」とは〈笑わらない理由を消す〉〈神経の興奮の行き先を混乱させる〉という話へと展開するくだりには、非常に考えさせられた。どうして「笑い」が起こるのか、これほど根源的な話を聞ける場を私は他に知らない。この他にも、倉本美津留ケラリーノ・サンドロヴィッチ枡野浩一宮沢章夫、きたろうといった面々が、自身の経験に基づいた「笑い」の話を展開している。誠に稀少である。とりわけ、実際に芸人としても活動していた経験のある枡野浩一が、お笑いを受容する側として語っている話の内容は必見。不謹慎なネタで笑うことについて、真剣に話し合っている。

今後、「笑い」について考える上で、必ず読まなくてはならない一冊である。

続きを読む

2019年5月の入荷予定

14「ぶちぶちシソンヌDVD ~名言バラエティー~
29「M-1グランプリ2018~若き伏兵はそこにいた~

どうも菅家です。皆さんは菅家ですか?

五月といえばゴールデンウィーク……ということで、私も今日から連休に突入しております。社会人になると、なかなか長期の休暇を取ることが出来ませんので、この公的な連休を利用して、ここぞとばかりにくつろいでます。とりあえず無暗に蓄積されている芸人のDVDを消化すべきところなのですが、今はひとまず、配信されたばかりの『ドキュメンタル』シーズン7を視聴しております。 

コンプライアンスを完全に無視した、非道かつ悪辣な行為がまかり通る様に爆笑しております。芸人という名の治外法権ここに極まり。常識の世界に生きざるを得ない我々は、彼らが常識の壁をブッ壊している様を見て発散するしかないのであります。これぞ日本の芸能、悪しき者どもの狂宴ぞ。

そんな五月の気になる作品は以上となっております。久方ぶりのリリースとなる広島ローカルのバラエティ番組『ぶちぶちシソンヌ』の最新パッケージも気になるところですが、やはり一般的には『M-1グランプリ2018』のソフト化に注目が集まっているのではないでしょうか。中身もかなりの充実ぶり。決勝戦の模様は勿論、敗者復活戦での白熱のパフォーマンスもしっかり収録。更にM-1ファイナリストたちを追ったドキュメンタリー番組『M-1グランプリ アナザーストーリー』、映画館を貸し切って一日限定で上映したという『霜降り明星THE MOVIE』も特典として収録。惜しむらくはスーパーマラドーナ武智の動画が収められていないらしいところで……ダメですかね、やっぱり。

ちなみに、霜降り明星のネット番組をソフト化した『霜降り明星のパパユパユパユDVDスペシャル』は、6月12日リリース予定です。

「バイきんぐ単独ライブ「ROYAL」」(2018年10月31日)

バイきんぐ単独ライブ「ROYAL」 [DVD]

バイきんぐ単独ライブ「ROYAL」 [DVD]

 

2018年8月9日・10日に品川区立総合区民会館きゅりあん小ホールで開催されたライブを収録。企画構成に小峠英二西村瑞樹西条充敏、渡辺隆(錦鯉)、我人祥太。『キングオブコント2012』でダークホース的存在だったバイきんぐが他の実力者を押さえて優勝を果たしてから、間もなく七年。今やバラエティ番組には欠かせない存在となった彼らだが、それでも年に一度の単独ライブは欠かすことなく継続している。バナナマンバカリズムサンドウィッチマンなど、多くの人気者たちが彼らと同様のペースで単独ライブを敢行しているため、もはやそれが当たり前であるかのように感じられてしまうが、これはとてつもないことなのである。新しいネタを作り、コンビで稽古して、彼らのネタを期待している観客の前で初めて下ろすなんて、そう易々とこなせるものではない。

そう。簡単に出来ることではない。そのため、多くの人気芸人たちは、年に一度のライブを重ねていくうちに、少しずつネタの精度を落としてしまうことが多々ある。テレビバラエティで求められる筋肉とネタを作るために必要な筋肉は違っているため、どちらかに偏ってしまうと、バランスが崩れてしまうのである。事実、安定して面白いネタを作り続けている印象を与えるバイきんぐにも、明らかにクオリティが低迷している時期があった。小峠のツッコミでコント全体を無理矢理に引っ張っているような、そんなパワーバランスの悪い時代があった。しかし、今は違う。今の彼らは、完全に……狂っている。どうかしている。正気を失っている。頭のネジを巻き過ぎて、すっかりバカになってしまっている。どうしてこんなことになってしまったのだろうか。

例えば『昼下がり』というコントがある。パジャマ姿で寝っ転がってテレビを見ている小峠の家にやってきたのは、西村扮する訪問販売員風の男。ドアを開けて、中に招き入れると、男は一言目にこう叫ぶ。「宗教でーす!」。戸惑いながら「えぇ?」と聞き返す小峠に、男はまたも「宗教でーす!」と叫ぶ。満面の笑顔で。かなり、どうかしている。その後も、このハイな宗教勧誘の男と、戸惑いながらも落ち着いた対応を取り続ける小峠のやり取りが続く。「今日は宗教の勧誘に来ました!」「眩しいくらいに直球だね!」「最初に言っておきますが、宗教なんで多少お金はかかります!」「根掘り葉掘り言うね!」……。そもそも宗教の勧誘をコントのテーマに取り扱っている時点でかなり攻めている印象を受けるが、その内容もアグレッシブでスリリング。アングラで活動している地下芸人ならまだしも、バイきんぐレベルの芸人がこういったテーマを直球でネタにしていることに、妙な感動を覚えてしまった。

この他のコントも、やはりどうかしている。オープニングコント『池』では、西村が本能に任せて小峠の家の池の水を抜いてしまうし、『寿司屋』ではただ仕事として割がいいというだけで寿司屋で働いているために寿司職人としての修業を断ってしまうし、『コンビニ』には何の要求もせずに延々と「強盗だ!!!」と言い続けるクレイジーな輩が現れるし、『飲みの席』にはこれまたアウトローな人間が登場する。総じてヤバい。でも、たまらなく面白い。とりわけ、最後に披露されたコント『オフィス』は珠玉の作である。昨日、クビにした筈の西村が、何故かまた次の日もやってくる。とんでもない。だが、これが不思議と、さわやかな余韻を残す。狂っている彼らの姿に、日常の窮屈さから脱する自由さを感じてしまうためだろうか……否、だからといって、彼らのように成りたいとは思わないが。個人的には、ちょっとシティボーイズの超名作『漂流商事』を思い出した。

これら本編に加えて、特典映像としてライブの幕間映像『はじめて2人で海キャンプ』の完全版を収録。西村が企画したイベントに小峠が振り回される、お馴染みの映像である。もはや単独ライブの定番となっているのだが、毎回、西村以上にはしゃいでいる小峠の姿が笑えて仕方がない。往年の『ウンナンの気分は上々。』を思わせる。地上波でも十分に耐え得るクオリティだと思うので、どっかのテレビ局で取り上げてもらえないだろうか……。

■本編【63分】
「池」「カフェ」「寿司屋」「CAFE」「コンビニ」「建築現場」「マッサージ」「飲みの席」「昼下がり」「オフィス」

■特典映像【31分】
「幕間映像「はじめて2人で海キャンプ」完全版」
「エンドトーク