土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDについてなんやかんやいう

TKO「ゴールデン劇場6」(2017年12月6日)

TKO ゴールデン劇場6 [DVD]

TKO ゴールデン劇場6 [DVD]

 

2017年8月に赤坂レッドシアターで開催された単独ライブを収録。

本編に収められているコントは全部で六本。お化け屋敷のバイトにて、お化けになって人を驚かせることに対して異常なほどの情熱を燃やしている先輩と、そんな先輩に対して気持ちが引いている後輩のやり取りを描いた『お化け屋敷』、完全にオフの状態だった怪人がヒーローに襲われ、拳で背中を貫かれてしまう状況をボヤき続ける『ヒーローと怪人』、テレビドラマのワンシーンで悪目立ちしているエキストラが、注意されるごとに新しい方法で目立とうとする『エキストラ』など、どのコントも安定して面白い。熟練の技術が活かされている。

特に面白かったのは『関係者受付』と『BBQ』。

『関係者受付』は文字通りライブ会場の関係者受付を舞台としたコント。サカナクションのライブ会場にやってきた関係者を名乗る男性の名前が、関係者リストの中に記載されていない。詳しく話を聞いてみると、男の正体はラジオDJで、番組に出演したサカナクションから「ライブ来てくださいよー」と言われ、それを真に受けてやってきたらしく……。木下演じるラジオDJの胡散臭さもさることながら、ライブ会場に入り込むために無茶苦茶なことを主張し始める流れがヒド過ぎて、笑わずにはいられない。それよりなにより“関係者受付”というニッチなシチュエーションがたまらない。コントが終わった後にもおたのしみが……。

そしてオープニングコント『BBQ』。これが抜群に良かった。木下に誘われて、バーベキューにやってきた木本。現地に到着すると、そこには一人で肉や野菜を焼いている木下の姿が。買ってきた飲み物をクーラーボックスに入れながら、今日のバーベキューに誰が来るのかを確認すると、他には誰も来ないと言われて……。バーベキュー、インスタ、ボール遊びなどを“おっさん二人”でやることに違和感を覚えている木本。一方、たとえ“おっさん二人”であっても、それらの遊びを楽しめばいいじゃないかと主張する木下。一般的には木本の方に共感できる人の方が多いのかもしれないが、私はまんまと木下の言い分に感動してしまった。私もアラサーと呼ばれる年齢になって、世間がイメージしているアラサーの在り方に捉われかけていたからだろう。これからの人生、「感じたら動く! 動いたら出来んねん!」という台詞を胸に、おっさんになっていこうと思う。オチも最高。

これほどにネタの内容が充実している本作だが、全体を通してみると、ほのかな物足りなさを感じる。何故か。ネタの本数が感覚的に少ないからである。そこで、当時のライブレポを漁ってみると、実際の公演から二本のコントが削られていることが判明した。しかも、そのうちの一本は、あの「キングオブコント2010」決勝戦で披露されたコントに登場した“モロゾフ後藤”が再登場するネタだったらしい。恐らく、版権絡みのネタだったのだろうが、なんとかして収録してもらいたかったなあ……。

これら本編に加えて、特典映像としてTKOが声を当てているショートアニメ「三角関係ギドラ」「キツイ言葉とオブラート」を収録。ライブの幕間で流された映像らしいのだが、本編で披露されているようなTKOのコントの世界観とは打って変わって、こちらは徹底的にシュールで不可思議な内容となっている。“オモコロ”に掲載されているような漫画が好きな人ならハマると思う。しかし……誰が仕込んだんだコレ。

◆本編【61分】

「BBQ」「お化け屋敷」「フラッシュ暗算」「ヒーローと怪人」「関係者受付」「エキストラ」

◆特典映像【6分】

【TKOショートアニメ劇場】「三角関係ギドラ」「キツイ言葉とオブラート」

「エレキコミック結成20周年記念! ~3公演まとめてお得パック~」(2017年11月1日)

2017年に結成20周年を迎えたエレキコミックが2014年~2016年の間に開催した単独公演「等等」「東京」「金星!!」を三枚組のセットにした作品集。“お得パック”といえば聞こえはいいが、単純に売り上げが見込めなかったからリリースを差し止めていただけなのではないか……という疑念を抱かなくもない。とはいえ、もう出ないのだろうと思っていたものを出してくれたのだから、ここは素直に有り難いと言っておこう。うん。有り難い。ちなみに、エレキコミックの単独がソフト化されるのは、『エレキコミック 第23回 発表会「Right Right Right Right」』以来、およそ三年ぶり。

続きを読む

「新春生放送!東西笑いの殿堂2018」(2018年1月3日)

【スタジオ】

ゆりやんレトリィバァ「昭和の日本映画に出てくる女優さんの喋り方」

日本エレキテル連合ピンクの電話のモノマネ漫才「尼さん」」

ジャングルポケット「コント:バスケの試合終了後」

尼神インター「漫才:女刑事」

ザ・ぼんち「漫才:孫に甘い、遊具の取り合い」

なんばグランド花月

和牛「漫才:返事に困る女性から言われた一言」

中田カウス・ボタン「漫才:ストレスの症状、ペット」

桂文珍「落語:昭和のお父さん」

【スタジオ】

ますだおかだ「漫才:森脇健二が24時間テレビのランナーになったら」

海原はるか・かなた「漫才:時代のスピードについていけない」

三遊亭円楽「落語:フルムーン」

テツandトモ「なんでだろう」

浅草演芸ホール

ホンキートンク「漫才:二人の違い、嵐のラップ」

立花家橘之助「三味線漫談」

柳亭市馬「落語:七福神

【スタジオ】

アキナ「コント:三択クイズ」(平成29年度新人お笑い大賞)

三遊亭歌太郎「落語:庭蟹」(平成29年度新人落語大賞)

【ニュース】

【スタジオ】

タイムマシーン3号「漫才:オーダー・ザ・ライス」

ハマカーン「漫才:こだわり」

桂米團治「落語:茶漬間男」(「正月丁稚」から変更)

【新宿末広亭

ナイツ「漫才:将棋」

山上兄弟「奇術」

春風亭昇太「落語:看板のピン」

【スタジオ】

U字工事「漫才:ラーメン屋」

テンダラー「漫才:父親として子どもに言いたいこと、駅伝」

道頓堀角座

アルミカン「漫才:カップルでやったら楽しいゲーム」

なすなかにし「漫才:心理テスト」

アメリカザリガニ「漫才:近畿地方のテーマソング」

三吾・美ユル「漫才:お互いに対する不満」

酒井くにお・とおる「漫才:食べ物の話」

【スタジオ】

中川家「漫才:からまれたときの対処法」

爆笑問題「漫才:紅白歌合戦、シャンシャン、インスタ映え、トランプ来日、尊敬する人アンケート」

おぼん・こぼん「漫才:高齢化社会、タップダンス」

オール阪神・巨人「漫才:病気、入院、骨折」

全国五か所からの生放送。司会は爆笑問題中川家、アシスタントは雨宮萌果アナウンサー。各地のリポーターにアルミカン、銀シャリ春風亭一之輔、ナイツ、森脇健二、柳亭こみち等。東軍と西軍に分かれてネタバトルを行うという設定はあるものの、対決ならではのピリピリ感は皆無。ご陽気で朗らかなネタ番組だった。ただ、一瞬だけ、ヒリつく瞬間が。大阪からやってきた桂米團治師匠が演る予定だった演目「正月丁稚」を、先に柳亭市馬師匠が「七福神」として演じてしまったのである。とはいえ、事前に何のネタを演るのかは決まっていたわけで、番組の方がネタの内容をきちんと理解していなかったということなのか……どのような背景があったのかは分からないが、なかなかに珍しい事件だった。ちなみに、最後はスタジオの観覧客を三人選出し、東西の勝敗を決する流れに。2対1で東軍の勝利となった。

「映像コントアワード2017」の件。

どうも、菅家しのぶです。

若林正恭(オードリー)と南沢奈央の熱愛報道で日本中が湧き上がっている最中に、海は枯れ、地は裂け、あらゆる生命体が絶滅したかに見えた世界を可視化しているような場末のブログを見に来るような暇人もそうはいないだろうと思いますが、ご報告させていただきます。

先日、某所で開催された【映像コントアワード2017】におきまして、受賞作品に解説文を寄稿させていただきました。そうです。一昨年にやっていたアレです。同賞は、デジタルコンテンツに特化したお笑いカンパニーであるCarrot Inc.が設立したもので、映像コントの普及と発展を目的としております。今回も私は選考には携わっておらず、事前に選ばれた作品にコメントを付け加えるというカタチでの参加となりました。

前回選ばれた作品は玉石混交といった印象で、素直に「面白い!」と感じた作品がある一方で、「これはどういう意図で作られた作品なのだろう……?」と本気で頭を抱えた作品もありました。しかし今回は、以前に比べて多少のクオリティの向上が見られ、なかなかに楽しませていただきました。とはいえ、やはりそのやる気を粉砕しかねない批判をブチかますというのは酷だろうということで、今回もかなりソフトな解説文となっております。麦は踏まなくても育つのだ。

というわけで、今回も受賞作品と解説文を以下に用意しました。年末年始のこってりとしたバラエティにそろそろ飽きてきた身体に、一種の骨休み的な意味合いで触れてみては如何でしょうか。あと、余談として、今回ちょっと個人的に好きだった作品について、本記事の最後に改めて紹介したいと思います。はい。

続きを読む