令和時代のお笑い公論

心が腐る、その前に。

2016-07-12から1日間の記事一覧

「夢であいましょう」のはなし。

美しい曲である。これほどに美しい曲は他に存在しないのではないかと確信に似たような感情を抱けるくらいに、美しい曲である。まるで、これから訪れる夜の輝き、瞬き、美しさをそのまま描いているようだ。そんな夜は、子どもの頃にテレビの中で見たような記…