土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDについてなんやかんやいう

このよでもっともいとおしいいきもの「Perfume 6th Tour 2016 COSMIC EXPLORER」(2016年6月5日)

夢を見た。

 

近未来の夢だ。

 

夢の中には三人の女性がいた。

 

彼女たちは銀色の船に乗っていた。

 

まだ未来の姿が想像できなかった時代の未来の船だ。

 

そんな彼女たちを大勢の人々が見ていた。

 

歓喜の感情を抑えきれずに踊り出す人がいた。

 

瞳から感動の涙を溢れさせている人もいた。

 

鼓舞するように両手を打ち鳴らしている人もいた。

 

……ああ、分かっている。

 

これは夢なんかじゃない。

 

2016年6月5日(日曜日)。

 

友人のイシダドウロ氏に誘われて、やってきたPerfumeのライブだ。

 

Perfume 6th Tour 2016 COSMIC EXPLORER】

 

アスティとくしま、二日目の公演だった。

 

タイトルの通り、最新アルバム『COSMIC EXPLORER』からの選曲が中心。

 

舞台上には、宇宙船を思わせるステージが組まれていた。

 

その上で踊るPerfume

 

四方八方に発射されるレーザービーム。

 

パフォーマンスの合間で、観客と一つになることを呼びかける三人。

 

それに応える観客たち。

 

まるで会場全体が一つの船になったかのようだった。

 

だとすれば指揮官はあ~ちゃんだろう。

 

柔らかい語り口なのに広島弁全開で観客たちに檄を飛ばしていた。

 

かしゆかはクールな参謀に見える。

 

とはいえ、以前のイベントで覚えたという阿波踊りは実に情熱的だった。

 

のっちはどうだろう。

 

ある二人の観客が着ていたPerfumeを模ったすだちくんTシャツを見て、

 

そこに自分がいないことに気付き、

 

(※それぞれに一人ずつキャラクターがプリントされていた)

 

「のっちは? ねぇ、のっちは?」

 

とステージ上から詰め寄っていた姿が実にコミカルだったので、

 

道化師かもしれない。

 

近未来を思わせるステージの上で、

 

クールでカッコいいパフォーマンスを見せつけていた彼女たちが、

 

曲間にトークを始めると、

 

途端にご近所のキレイでユカイなお姉さんになってしまう。

 

そのギャップもたまらなく魅力的だった。

 

ああ、最強だ。

 

この三人はなんて最強なんだろう。

 

こんな素晴らしき上官の下につけて、私はなんという幸福者でありましょうか。

 

などと思ったり、思わなかったり。

 

しかし、ライブのエンディング。

 

今後のある活動についての話を始めるあ~ちゃん。

 

感情を見せない二人。

 

少しずつ鼻声になっていくあ~ちゃん。

 

やはり感情を抑えている二人。

 

あの最強の三人が不安を露わにしている。

 

「大丈夫かな?」の一言に歓声で応える観客たち。

 

ああ、そうか。

 

Perfumeは最強なんかじゃない。

 

彼女たちを応援する観客がいるからこそ、彼女たちは最強になれるんだ。

 

そしてライブは終わった。

 

Perfumeの三人はまた多くの人たちに夢を見せるため旅に出る。

 

その夢の果てに、彼女たち自身の夢はあるのだろうか。

 

その船は何処へと向かうのだろうか。

 

そんなことをふと思って、なんだか泣きそうになった。

 

この世で最も愛おしい生き物よ。

 

どうか幸せに。