白昼夢の視聴覚室

この世は仮の宿

『THE SECOND~漫才トーナメント~2024』放送直後の感想。

『THE SECOND ~漫才トーナメント~2024』面白かったですね。

放送前は、昨年の盤石なラインナップとは少し異なり、そもそもネクストバッターズサークルに入った経験がない人たちもいて、どうなることやらと思っていたのですが、そこは十五年以上活動している経験豊富な面々とあって、全員がしっかりきっかり笑いを引き込んでいましたね。

その中でも明らかに積んでいるエンジンの性能を感じさせられたのは、ガクテンソクと金属バットでした。ガクテンソクの漫才は、賞レース向けにパッケージされた作品というより、ゆったりとした心持ちで家族との会話を楽しむ日曜日の昼下がりというような、お互いのことを理解した人間同士の掛け合いといった感じで、なんとも大人向けな漫才でしたね。一方の金属バットは、闘争心なんていうものは持っていませんよと言わんばかりの表情を浮かべながらも、観客を漫才に引き込むための多種多様なのにアヴァンギャルドな手法を駆使して、完全に優勝を見据えたネタをかけていましたね。

対して、タモンズやザ・パンチといった東京勢は、とことん経験値を重ねることで獲得した、シンプルな打撃の強さで観客の心を掴み取る泥臭い戦い方に終始していて、賞レースで結果を残すことが出来なかった芸人たちに光を差し込む“セカンドチャンス”という大会のコンセプトに相応しい、見事な戦いぶりを見せてくれたように思います。事務所は違えど、昨年大会でいうところのマシンガンズの役割を果たしていたのでは。こういうネタは若さと作品性を評価するM-1だと見られないところですよね。ありがたいですね。

映像演出も格好良いですし、観客審査員たちのコメントも芸人愛に溢れていましたし(タモンズファンの方のコメントはたまりませんでしたね)、とても良い大会でしたねえ……ただ、最終決戦の結果発表だけは、ちょっと改善の余地がありそうです。片方の点数が発表された時点で「あっ、ガクテンソクの優勝じゃん」と察することが出来る状況は、あんまり芳しくないでしょう。エンタメとして盛り上げるのであれば、最終決戦に関してはどちらが優勝に相応しいかを決める投票システムか、或いは、点数を同時に発表するスタイルに改変するか、どちらかにした方が良いように思います。……もっとも、あの間の抜けた空気感が賞レースらしからぬ脱力感を生み出して、それが得も言われぬ面白さにつながっていたりもするのですが。それはそれで愛おしいですかね。

ともあれ皆様、お疲れさまでした。また来年もよろしくお願いします。