白昼夢の視聴覚室

犬も食わない

キャラクター化する佐久間宣行への勝手な危惧

先日の『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』で、パーソナリティの佐久間氏がプロデュースするアイドルグループ“ラフ×ラフ”の最新シングル『100億点』のミュージックビデオに出演したときの話をしていた。

本来、裏方に徹するべきプロデューサーの佐久間氏が、ラフ×ラフよりも存在感をアピールした映像になっているとのことだったので、好奇心からYouTubeにあがっている動画を視聴してみると、想像以上に出ずっぱりで笑ってしまった。発想そのものはベタなのだが、ここまで徹底されると笑わずにはいられない。佐久間氏の鈍重な動き、バリエーション豊富なテロップ、歌詞の内容とリンクしている(おそらくは狙い通りの)小賢しい映像構成などの要素も、たまらなく面白かった。

ただ同時に、私の心の隅っこの方で、この的確に“佐久間ファン”の期待に応える映像は如何にも広告的だよな、という良くない感情も噴き出していた。この感情の原因はおそらく、ここのところの佐久間氏が、なにやら「エンタメに携わる中年たちにとっての希望の星」として業界内で持ち上げられていることに対する、うっすらとした反発心によるものだろう。

別に佐久間氏のことを嫌いなわけではない。氏のエピソードトークから滲み出るテレビマンらしからぬ小市民的な姿勢には共感を覚えるし、若手時代のエピソードには学ぶところも多い。ただ、佐久間氏をおじさんとして持ち上げようという風潮があまりにもあからさまで、しかも、その神輿が無闇にド派手な装飾品でギラギラしているように見えて、「そういうことじゃないんだよ」と思ってしまう。個人的には、アルコ&ピースの平子氏とともに、一日で福島県各所を練り歩くロケ番組『サクマ&ピース』のように、華やかさでも煌びやかなでもないところで丁寧に笑いを積み上げていく番組こそ、立場的にも年齢的にも似合っていると考えているのだけれども……(これに関しては平子氏にも同様のことを感じている。もう露悪的なオモシロに加担する段階を超えてもいいのでは?)。

『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』のレギュラー放送が始まったころ、佐久間氏はテレビ東京の社員だった。オールナイトニッポンの枠において、非芸能人がパーソナリティを務めることは、さほど珍しくはなかったが、他のメディア媒体に籍を置いている人間がパーソナリティになるのは異例のことだったという。その後、佐久間氏はテレビ東京を退社。フリーとなったことで、テレビ東京以外の様々な番組に出演するようになった。その活躍ぶりを見て、当時の私は「佐久間さんは何処まで行ってしまうのだろう」と、激しいコーフンを覚えたように記憶している。

そんな佐久間氏だが、このところラジオで自身のパブリックイメージについて話すときに、矢沢永吉における「YAZAMAは」のトーンで「SAKUMAは」と口にするようになった。完全に「エンタメに携わる中年たちにとっての希望の星」として見られる側としての客観的な意識が出来上がっている。今春にはフジテレビ制作の番組『オールナイトフジコ』のMCにも抜擢、早くも話題を集めている。今、佐久間氏の到達点が、うっすらと見え始めている。でも、その場所は、当時の私がコーフンしながら期待していた未知なる場所とはまるでかけ離れた、なんともありきたりな着地点のように思える。無論、こんなのは勝手なリスナーの言い分に過ぎず、それが佐久間氏の望む場所だったとすれば、それはそれでいいのだけれども……そこって「無駄なことだけのバカげたパーティー」じゃないですよね?

追記。先日の『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演していた鬼越トマホークが、最近の佐久間氏の活動について「娘を人質に取られているんじゃないか?」と話していて、めちゃめちゃ笑った。ラフ×ラフを背負う立場になったことが、今と当時の佐久間氏の微妙なスタンスの変化に多少は関係しているのかもしれない。

更に追記。一部表現を手直ししました。