白昼夢の視聴覚室

犬も食わない

「R-1グランプリ2022」決勝直後の感想。

kento fukaya
【優勝】お見送り芸人しんいち
Yes!アキト(敗者復活)
吉住
サツマカワRPG
【準優勝】ZAZY
寺田寛明
金の国 渡部おにぎり

最も笑ったのは吉住。既に単独ライブのDVDで観ていたネタだったのだが、大幅にネタ時間がカットしなくてはならなかったことが、かえってネタの面白味を凝縮していたような。そもそも、あのコントを、全国放送のゴールデンタイムで披露したことに意味がある。あそこまでではないにしても、あの女性と同じ気質の人間は世の中にたくさんいる。

もちろん、吉住以外の芸人たちのネタも、しっかりと面白かった。フリップ芸の新しい形を発掘したkento fukaya、想像力を刺激するギャグとショートコントを身一つで表現する姿が格好良かったYes!アキト、熱のこもった演技力と緻密に計算された台本の一人コントに新しい一面を感じさせてくれたサツマカワRPG、「新しいことを始めようとする人には冷たい言葉が投げられる」という現代的なテーマとワードセンスが秀逸だった寺田寛明、見た目のインパクトと間合いの絶妙さがコント職人としての意地を感じさせた金の国 渡部おにぎり、それぞれまったく違った魅力を見せつけてくれた。これだよこれ、賞レースといえばこれなんだよ。

お見送り芸人しんいちもZAZYも最高だった。お見送り芸人しんいちは明らかに底意地の悪い笑いの視点で対象を「好き」「応援している」と歌い上げるネタで、いつもここからが『かわいいね』や『悲しいとき』で見せる角度から更にエグく切り込む笑いで、実にたまらなかった。ZAZYはスケッチブックからデジタルに切り替えることで、よりスピード感あふれる展開に。往年のMAD動画を見ているかのようで、おっそろしいほどに中毒性の高いパフォーマンスに仕上げていた。いやー、たまらんね。マジでたまらん。

正直、大会としてはまだまだツッコミどころが多いけれど(審査員と七人から五人にカット、ギリギリで公開された『東リベ』との謎コラボ、敗者復活戦の動画をすぐに引っ込めたYouTubeの公式アカウント、新聞ラテ欄での「今年は絶対に巻かない」という縦読み宣言、R-1×LINEのコラボCMにピン芸人じゃないガンバレルーヤと見取り図を起用)、とりあえず出ている芸人はみんな面白かった。それだけでとりあえず有り難い。ただ、もうちょっと、もうちょっとなあ……。