令和時代のお笑い公論

笑いの粗熱が冷めるまで

2021年12月のリリース予定

01「ラバーガールLIVE「史上最高の夏!」
08「ロングコートダディ単独ライブ「じごくトニック」
22「吉住第4回単独公演「生意気なトルコ土産」
22「第六回キュウ単独公演「トルマキハトオ」
22「ぺこぱ単独ライブ「P」

どうも、すが家しのぶです。年末ですね。師走なんて言い方もしますけど、こちとら相変わらず何もやる気が起きませんね。何もやる気が起きないのに、確かに時間は過ぎていくし、年齢も重ねていくのって、なんだか理不尽だと思いませんか。どうでもいいですけど。

そんな十二月のラインナップ、異様に充実しております。昨年のキングオブコントファイナリストのロングコートダディ、昨年のTHE W女王の吉住、一昨年のM-1ファイナリストのぺこぱ、それぞれ初の単独ライブDVDリリースです。吉住は今年の三月にベスト盤をリリースしているので、今年2枚目の単独作品となります。このまま定着するのかな。

対して、ラバーガールは通算13枚目の単独ライブDVDリリースです。圧倒的に売れっ子というわけでもなければ、キングオブコントで優勝しているわけでもないのに、この確かな安定感。今更ながら、実はとんでもないことをやっているのではないかと思ってしまいます。お馴染みの副音声コメンタリーもしっかり収録。キュウはコンテンツリーグからだと4枚目のDVDリリースとなります。ただ、インディーズを含めると、過去の単独は全てソフト化されていることになるので、こういった場合はどう数えたものかと悩んでしまいますね。毎回、漫才師らしからぬ込み入った仕掛けをライブ内に散りばめている彼ら。今年の単独では、何が起こるのか。……地味にM-1の決勝戦直後のリリースなんですよね。なかなかになかなかのタイミング!

十二月は以上のラインナップとなります。ちなみに一月は特にないです。……本当にないな。