白昼夢の視聴覚室

犬も食わない

「R-1グランプリ2021」決勝進出者決定の件。

かが屋 賀屋(マセキ芸能社
kento fukaya(吉本興業 大阪)
ZAZY(吉本興業 東京)
高田ぽる子(マセキ芸能社
土屋(プロダクション人力舎
寺田寛明(マセキ芸能社
森本サイダー(松竹芸能
ゆりやんレトリィバァ吉本興業 大阪)
吉住(プロダクション人力舎

日々の雑事に追われているうちに、いつの間にか『R-1グランプリ2021』の決勝進出者が決定していました。「ぐらんぷり」から「グランプリ」へと切り替えられる際にひと悶着があったことで知られているR-1ですが、結果的に新鮮味のあるメンバーが揃ったように思います。中にはツイッターでしか名前を見たことがないような人もいるので、彼ら彼女らがどんなネタをやらかしてくれるのか、非常に気になるところですね。高田ぽる子とは……。

それにしても、ゆりやんレトリィバァが強い。強すぎる。2013年デビューで五回目の決勝進出。化け物と呼ぶに相応しい活躍ぶりです。下手すると今大会でもあっさりと優勝してしまう可能性があるんじゃないでしょうか。そんなゆりやんを昨年の『THE W』で敗退させた吉住も決勝進出を果たしているので、そのあたりが結果を左右することになるのかも気になります。あと、かが屋の賀屋が、どんなネタで決勝進出を決めたのかも気になりますね。『シンパイ賞』ではいつも醜態に近い姿を晒しているイメージがあるので……いやー、どうなりますやら。

これら九人に加え、準決勝戦で惜しくも敗退した芸人たちによる敗者復活戦を勝ち抜いた一人が決勝進出となります。準決勝戦の敗退者は以下の通り。

Yes!アキト(サンミュージック
お見送り芸人しんいちグレープカンパニー
カベポスター 永見(吉本興業 大阪)
金の国・渡部おにぎり(ワタナベ)
グータン森山(サンミュージック
ケビンス仁木(吉本興業 大阪)
紺野ぶるま松竹芸能
さきぽん(プロダクション人力舎
Gパンパンダ星野(ワタナベ)
シモタ(吉本興業 大阪)
そいつどいつ市川刺身(吉本興業 東京)
田津原理音(吉本興業 大阪)
独唱の塔天(吉本興業 大阪)
徳原旅行(マセキ芸能社
西村ヒロチョ吉本興業 東京)
ヒコロヒー(松竹芸能
真輝志(吉本興業 大阪)
マツモトクラブ(SMA)
ママタルト檜原(サンミュージック
4000年に一度咲く金指(ライジング・アップ)
ラニーノーズ山田健人吉本興業 大阪)

紺野ぶるまとマツモトクラブは決勝進出経験がある実力者なので、ここが勝ち上がってくる可能性は大きいように思います(というかマツモトクラブは過去五回の決勝進出のうち四回が敗者復活とちょっと意味の分からない状況なのですが)。個人的には、随分と昔から何故か相互フォローの独唱の塔天さんに頑張ってもらいたいですねえ。バコーンと売れていただきたい。

なんだかんだで気にはなる「R-1ぐらんぷり2021」決勝戦は三月七日放送予定です。