令和時代のお笑い公論

心が腐る、その前に。

2020年9月の入荷予定

09「NON STYLE LIVE Re:争論~リソウロン~
16「トータルテンボス全国漫才ツアー2019「CHATSUMI」
26「流れ星 単独ライブ 星幻想

どうも、すが家です。好きな色は橙色です。

このところは相変わらずの無気力生活を続けておりまして、このままだと死ぬまで惰性で生きていくことになるのではないだろうか……などと、自分自身を客観的に心配している次第であります。まるで自分の身体が自分の支配下にないような感覚。その模様はイッセー尾形の名作コント『脳コントロール』のようであります。動け身体、その人差し指に神経を研ぎ澄まし、デッキの再生ボタンを押すのだ! ……あーっ、またYouTubeを再生しているよ。いつまでHDDに去年のバラエティ番組を詰め込んでいるつもりなんだ。見ろ! もうとっくに最終回を放送し終えた筈の『ゲゲゲの鬼太郎』が、未だに高画質で未再生のままだぞ! ……かくして今日もYouTubeを見ているわけであります。困ったもんですね。

そんな不埒な状態で迎える九月にリリースされるのは、ゼロ年代を代表する漫才師三組の最新作であります。

一枚目は『M-1グランプリ2008』王者、NON STYLEが2019年夏に敢行した単独ツアーの模様を収録した作。全国八か所で行われたライブより、東京DX公演の模様を収録しております。……デラックス公演? お馴染みの漫才は言うまでもなく、コントも演じられているようです。また、結成20周年記念ボックス版には、ツアーのメイキング映像を収録したディスクが付いてくるとのこと。ファンなら必須!といったところでしょうか。

二枚目は『M-1グランプリ2007』において、惜しくもサンドウィッチマンに敗れてしまった実力派・トータルテンボスが2019年秋に敢行した単独ツアーの模様を収録した作品。全国十七か所で行われたライブより、なんばグランド花月での公演を収録しているとのことです。ノンスタが東京公演、トーテンが大阪公演をそれぞれ収録しているというのは、なんだか面白いですね。お馴染み「今日のいたずら」も勿論収録。年に一度のお楽しみ!といったところですかね。

三枚目は流れ星の単独です。お察しの通り、先の二組の解説で、もう力尽きてしまいました。体力が無くて申し訳ありません。此方も昨年の公演を収録しているとのことです。よろしくです。

此方からは以上であります。漫才濃度の高い秋ですね。