令和時代のお笑い公論

心が腐る、その前に。

2020年7月の入荷予定

29「2020年度版 漫才 爆笑問題のツーショット

どうも菅家です。人生のバイブルは松本零士『聖凡人伝』です。

気が付けば、もう七月ですよ御同輩!と肩を組みたくなる季節になって参りましたが、なにせソーシャル・ディスタンスの世の中で御座いますので、右も左も猫も杓子もソシャデソシャデで御座いまして、あたしゃ思わず何処かで誰かに課金しそうになっている今日この頃であります。とはいえ、不景気な世の中で御座いましょう? そうそう財布の紐も緩められないってんで、もうガッチンガッチンに結び目を締めに締めて、いざという時に取り出せなくなっちゃったもんだから、最近はすっかりカードでリボ払いの毎日です。元も子もない。下らないことばかり言い続けておりますが、なにせ世の中が薄暗いものですから、こういう場末のブログぐらいは陽気に明るく盛り上がっていこうじゃないって思ったり思わなかったりしているわけです。嘘だけど。

ってなわけで七月ですが、今のところは爆笑問題の漫才DVDだけしか予定がないようです。困ったもんだ。別に困りはしないけど。色んなライブが中止になっているので、もうこの事態は想定の範囲内なのですが、それにしたって寂しいじゃああーりませんか。なので、各社には不出の映像素材を敢えて今になって出すという暴挙に出てもらいたいところなのですが、どうですか。過去には、あくまでも事務所の記録用映像として撮影された、よゐこのベストライブやドランクドラゴンの単独ライブがソフト化された事例もありますので、ここは思い切って秘蔵映像で予算を償却するというのは如何で御座いましょうか。まあ、それはそれで、権利関係とかややこしそうですけども。

ちなみに八月は、小林賢太郎あれが出ます。