令和元年の視聴覚室

平静を装いながら突き進め。

「兵動大樹のおしゃべり大好き。10」(2019年1月30日)

2018年4月21日によしもと祇園花月で行われた第40回公演の模様を収録。構成に小堂捻典と翠光。余談だが、翠光は兵動と同期の女性ピン芸人杉岡みどり”のペンネームである。

公演の行われた時期が、ちょうど兵動が『わろてんか』に出演していた時期だったため、撮影の舞台裏について語るという氏のトークライブでは珍しく楽屋感の強い話で幕を開ける。濱田岳と対峙するシーンで起きたハプニングを顔面を駆使して再現する様はとても笑えた。だが、兵動大樹の真骨頂といえば、なんといっても奇跡的なシチュエーションの遭遇率の高さ。『わろてんか』以降のエピソードトークは、そんな兵動の才能(?)が大いに発揮されている。体調不良の最中で遭遇してしまったとんでもないホテルマン、もはやお馴染みとなっているにも関わらず予想外の言動で兵動を本当し続ける“大阪キッズ”藤田兄さんと参加した脱出ゲームの会場で驚くべき言葉を掛けてきたスタッフ、ロケ先の観衆の中で兵動を見ながら号泣している謎の男……どのエピソードも一級品の面白さ。

だが、本編最強のエピソードを選ぶとすれば、自身の行動によってとんでもない状況に陥ってしまった『脱毛』にせざるを得ない。とある男性専門の総合美容クリニックでヒゲの脱毛処理を受けていた兵動は、そこで下半身周りの脱毛を薦められる。というのも、これから介護を必要とする状態になった場合、下半身周りの毛が介護の妨げや疾患の原因となる可能性があるためだ。妻に相談し、試しに脱毛してもらうことを決める兵動だったが、その決意の裏で、妻に対するとある不安が心の中に浮き上がっていた……。ここから話はとんでもない方向へ転がり始める。ネタバレにならない程度に説明すると、一人で考えて一人で決めて一人で個室で何かをやろうとするとき、人は無軌道でヘンテコな行動を取ってしまいがちである……ということを、そのまま体現したかのような話が展開している。とても面白い。粗忽者な兵動らしいエピソードだった。

ただ、それはそれとして、芸人が介護を意識した話をしていることに、少し沁みるところもあった。思い返してみると、ライブの冒頭で娘二人の今の年齢を話していた時点で、既に布石を打たれていたのかもしれない。そういえば妻に「イライラするようになった」と言われていた話もあった。兵動のトークの上でしか知らない娘たちは成長を遂げ、対して、兵動もまた着実に老いていく。ごくごく当たり前のことなのだが、舞台の上に立っている人間もまた人間であると改めて思い知らされたような気がした。

これら本編に加えて、特典映像として『兵動大樹のおしゃべり大好き。39』(2016年9月18日・大阪市中央公会堂)の厳選トークロウリュウ』『じろう』と、兵動の愛する個性派芸人たちが集結して芸を披露する『兵動大樹を楽しませる会』を収録。『脱毛』よりも緊迫したシチュエーションが描かれている『じろう』は、痛みに苦しんでいる兵動のことなど気にも留めない娘たちの本編では語られなかった魅力が存分に引き出されていて、とても良かった。なんてステキな家族だろうか。今後も、この家族とともに、私も人生を歩んでいきたい。歩むな。

■本編【92分】
兵動大樹のおしゃべり大好き。40」(2018年4月21日・よしもと祇園花月

■特典映像【77分】
兵動大樹のおしゃべり大好き。39」(2016年9月18日・大阪市中央公会堂
 『ロウリュウ』『じろう』
兵動大樹を楽しませる会」