土曜深夜の視聴覚室

Saturday midnight audio-visual room.

「M-1グランプリ2018」ファイナリスト発表!

和牛(昨年2位)
霜降り明星
ゆにばーす(昨年8位)
見取り図
かまいたち(昨年4位)
スーパーマラドーナ(昨年4位)
ジャルジャル(昨年6位)
トム・ブラウン
ギャロップ
 +敗者復活枠

上記は発表順。エントリーナンバー順や出番順というわけではないようなので、準決勝の順位なのではないかと勝手に思い込んでいる。しかし、だとすれば、ゆにばーすはどんなネタをやったのだろうか。とっても気になる。準々決勝戦での内訳は、東京予選から2組(ゆにばーす、トム・ブラウン)、大阪予選から6組(和牛、霜降り明星、見取り図、かまいたちスーパーマラドーナジャルジャルギャロップ)。大阪の漫才師の層の厚さをまざまざと感じさせられる。

とにかく驚かされたのはトム・ブラウン。インターネット上でも話題になっていた地下芸人コンビが、まさかまさかの決勝進出だ。あのトリッキーな芸風が受け入れられるとは思えないので、これは準決勝で審査員も無視できないレベルの大爆笑が巻き起こったのだろう。楽しみだ。そして、昨年、一昨年と高い漫才の技術を見せていながら、何故か準々決勝の壁を超えられなかったギャロップが、満を持しての決勝進出である。残念な見た目を逆手に取ったストロングスタイルを見せてもらいたいところ。

そして気になる十番目の枠、敗者復活戦のメンバーはこちら。

ダンビラムーチョ
マユリカ
ウエストランド
たくろう
からし蓮根
インディアンス
侍スライス
三四郎
ニッポンの社長
マヂカルラブリー(昨年10位)
金属バット
プラス・マイナス
東京ホテイソン
さらば青春の光
ミキ(昨年3位)
アキナ

最有力候補は、やはり昨年大会で最終決戦に勝ち進んだミキだろう。話術が安定しているコンビだけに、更なる成長を求められたのだろうか。とはいえ、ここがストレートに勝ち上がってくるというのは、あまりにも芸がない。どうせならば、準々決勝では大爆発していたインディアンス、粗い言葉遣いの繊細な漫才で人気急上昇中の金属バット、ラストイヤーのやりたい放題プラス・マイナス、地味な見た目から繰り出されるハードなワードセンスが魅力のからし蓮根、挙動不審の野心家たくろう、ねたみそねみひがみの塊ウエストランドあたりの活躍に期待したい。果たして、どうなるか。

(訂正:魔人無骨は「GYAO!復活枠」なので、例年通りなら敗者復活戦には参加できません。ルール変更の可能性もありますが、ひとまず彼らの名前は消しておきます。ひとつよしなに)

敗者復活戦・決勝戦は12月2日(日)放送予定。