土曜深夜の視聴覚室

Saturday midnight audio-visual room.

「キングオブコント2018」準決勝進出者決定!

今年も決まったので、ざっくりとまとめてみました。

【歴代ファイナリスト】

うしろシティ

かもめんたる

ザ・ギース

さらば青春の光(昨年3位)

GAG(昨年10位)

しずる

ジャルジャル

ジャングルポケット(昨年4位)

ゾフィー(昨年8位)

だーりんず

チョコレートプラネット

ななまがり

わらふぢなるお(昨年6位)

昨年大会2位のにゃんこスター、5位のアンガールズは不出場。この他、エレキコミック、鬼ヶ島、TKO、バンビーノ、ロッチなどの面々が出場していない。一方で、昨年大会7位のアキナ、9位のパーパーは準決勝戦で敗退している。この他、アルコ&ピースタイムマシーン3号天竺鼠、2700、藤崎マーケットモンスターエンジンラバーガールラブレターズなどの歴代ファイナリストたちが敗退している。……ラバーガールの敗退は割と本気でビックリした。

 

【二年以上連続準決勝進出】

相席スタート(5年連続5回目)

うるとらブギーズ(2年連続3回目)

クロスバー直撃(2年連続4回目)

ネルソンズ(2年連続3回目)

やさしいズ(5年連続5回目)

や団(3年連続5回目)

漫才師としてのイメージが定着している相席スタートは、何気にこれで五度目の準決勝進出。昨年大会のにゃんこスターパーパーに続く男女コンビとなるか。一方で、コント師としての評価が安定しているクロスバー直撃、やさしいズ、や団にもそろそろ光を当ててもらいたい。昨年大会で、準決勝戦の常連だったGAG、ゾフィーわらふぢなるおが決勝戦に勝ち上がった今、彼らもうかうかしていられないことだろう。

 

【返り咲き】

阿佐ヶ谷姉妹(16年以来3回目)

空気階段(15年以来2回目)

高校ズ(16年以来2回目)

ななめ45°(16年以来9回目)

ニッポンの社長(16年以来2回目)

ハナコ(16年以来2回目)

マヂカルラブリー(13年以来2回目)

ロビンフット(14年以来2回目)

阿佐ヶ谷姉妹空気階段ハナコマヂカルラブリーと様々な番組で名前を目にすることの多い面々が揃っている中、ロビンフットの名前が妙に味わい深い。R-1ぐらんぷりのファイナリストに二度も選ばれている「おぐ」がボケ担当を務めているコンビである。ピンではハゲた頭を軸にしたコントを演じていたが、コンビでは……? また、R-1準決勝の常連であるななめ45°が二年ぶりに登場。そろそろ決勝戦に上がりたい。

 

【初の準決勝進出】

かが屋

Groovy Rubbish

大自然

滝音

モダンタイムス

漫才師として名をあげている大自然の存在感があまりにも大き過ぎるが、個人的には「勇者ああああ」で呆れるほどのドン滑りをかましていたモダンタイムスがとても気になる。番組MCのアルピーが落ちているのに、モダンタイムスが残っている。なんという不条理な事態……って、きちんとネタも観てないのにイジりすぎか。とにかく気になる存在ではある。また、やけに評判を耳にするかが屋も気になる。マセキ芸能社所属のコンビらしい。

以上、全32組が準決勝戦進出となった。