土曜深夜の視聴覚室

Saturday midnight audio-visual room.

今更ながら「R-1ぐらんぷり2018」ファイナリストの件

ルシファー吉岡マセキ芸能社

カニササレ アヤコ(フリー)

おいでやす小田(よしもと)

おぐ(SMA)

河邑ミク松竹芸能

チョコレートプラネット長田(よしもと)

ゆりやんレトリィバァ(よしもと)

復活ステージ2位

濱田祐太郎(よしもと)

紺野ぶるま松竹芸能

霜降り明星 粗品(よしもと)

復活ステージ1位

スマホがブッ壊れたり、家族が次々にインフルエンザで倒れたり、新しい仕事の段取りがなかなか整わなかったり、そんなこんなの疲労からか体調を崩したり(現在進行形)、なにかとろくなことがない二月。なので、そんな最中に「R-1ぐらんぷり2018」ファイナリストが発表されたからといって、即座に反応できなかったのも、仕方がないというものである。決して、決してR-1に対する興味が薄れてしまった訳ではないことだけは、ご理解いただきたい。……たぶん。

というわけで、遅ればせながら肝心の決勝メンバーを確認したのだが、なかなかにバランスが良いのでは。過去に決勝進出経験のあるゆりやんレトリィバァ(四回目)、ルシファー吉岡(三回目)、おいでやす小田(三回目)、おぐ(二回目)、紺野ぶるま(二回目)の五人に、初の決勝進出者であるカニササレ アヤコ、河邑ミク、チョコレートプラネット長田、濱田祐太郎霜降り明星 粗品の五人。事務所で見ても、よしもとが五人で非よしもとが五人。男女比が六:四と昨今の女性芸人の活躍ぶりを反映しているようで、これも良い。

初の決勝進出者だけを見ても、かなり魅力的。フリーで活動しているからこそ芸風が予想できないカニササレ アヤコ、松竹からの新たなる刺客・河邑ミク、ピンでのネタが予想できないチョコレートプラネット長田、「NHK新人お笑い大賞」をきっかけに注目を集めている盲目の漫談家濱田祐太郎漫才コンビを結成するより前からピン芸に高い注目を集めていた霜降り明星 粗品……見どころしかない。

これらのメンバーに加えて、準決勝戦で敗退した芸人が復活する“復活ステージ”枠が二枠用意されている。メンバーを見ると「石出奈々子」「土肥ポン太」「ナオユキ」「中山女子短期大学」「ヒューマン中村」「マツモトクラブ」「レイザーラモンRG」といった決勝進出経験者から、「アイデンティティ田島」「おばたのお兄さん」「ZAZY」「サツマカワRPG」などの注目株まで。果たして勝ち上がるのは誰なのか。

R-1ぐらんぷり2018」決勝戦は3月6日放送予定。見るのは忘れないように……。