土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDについてなんやかんやいう

トップリードの件について

単独ライブ 二日坊主 [DVD]

単独ライブ 二日坊主 [DVD]

 

トップリードが解散するという。

当然、想定される展開である。他人の家に土足で踏み込んだ男が穏やかに芸能活動を継続することは無理というものだ。

だが、そこを敢えて、そんなどうしようもない人間ですらも包み込んでくれるのが芸能という世界なのだから、赦されても良かったのではないか。そんなことを言いたくなってしまうのは、本件において、私がまったくの部外者であるためである。無責任な立場から語っている。

実際、彼は加害者であるから、言うまでもなく被害者が存在する。被害者にしてみれば、また、被害者と同等の体験をしている方々にしてみれば、今後も彼が芸能の世界でのうのうと生きていくことなど、とても許し難いだろう。分かっている。分かっているが、どうもやりきれない。

1998年に幼馴染み同士でコンビを結成。東京アナウンス学院在学中の2001年に太田プロよりデビュー。しばらく芽の出ない日々が続いたが、2008年ごろからコント師としての才能を開花。2011年に「オンバト+」初代チャンピオンに選ばれる。2011年、2012年に「キングオブコント」決勝進出。2014年からは漫才にも挑戦し始め、「THE MANZAI」「M-1グランプリ」にも出場している。

決して目立つタイプのコンビではなかった。だが、それでも地道に、自らが出来るコントを作り続けていくだろうコンビだった。どうしてそれが出来なかったのか。そのことが腹立たしく、哀しく、惜しい。

昨年のタイタンシネマライブで彼らのコントを観た。父親に娘との結婚を嘆願する男のコントだ。娘との結婚を断られるたびに、男が時間を過去へと巻き戻し、父親が結婚の申し出を断る理由を一つ一つ潰していくという設定が、とても素晴らしかった。ありがちな状況にSF的要素を絡める面白さ。それを観た私は「ああ、トップリードはやっぱり、いつでも面白いコントを作り続けてくれるのだな」と感慨深い気持ちになった。それなのに。

せめて、解散するのであれば、限界点に辿り着いてもらいたかった。同じラーメンズファンとしても頑張ってもらいたかった。こんなことで終わってもらいたくなかった。でも解散するというのだから仕方がない。それぞれにそれぞれの道を邁進してもらいたい。

……ほとぼりが冷めたら、また復活してもいいのよ?(諦めが悪い)