土曜深夜の視聴覚室

Saturday midnight audio-visual room.

“ガチョウ”を求めて大阪へ(2018年1月19日~21日)

THE GEESEが大阪で単独公演をやるというので、観に行ってきた。

THE GEESEとは、尾関高史と高佐一慈によって2004年に結成された、お笑いコンビである。過去に二度ほど「キングオブコント」で決勝進出を果たしているので、その名を聞いたことがあるという人もそれなりにいるのではないかと思う。近年、尾関がカープ大好き芸人として、或いは、娘に手作り弁当を作り続けているパパ芸人として、メディアに出演する機会が増えているので、それをきっかけに知っているという人もいるだろう。所属事務所はASH&Dコーポレーション。同事務所に所属する“シティボーイズ”の大ファンだったことからインディーズ時代より所属を熱望、2005年に入社した。

そんなTHE GEESEが東京・大阪・広島の三都市で単独ライブを敢行すると聞きつけ、馳せ参じようと決意した次第である。……本来ならば、大阪では大阪で活動する芸人こそを見るべきなのだろうが、まあ、それはまた別の機会にということで(後になって、このライブの一週間後に大阪でチョップリンの単独ライブが開催されると知り、ちょっとだけ後悔したのはここだけの話)

出発は公演前日の1月19日(金曜日)。

仕事を終えた私は、職場からそのまま高速バスのターミナルへ。出発予定時刻の午後六時ギリギリに到着、息をつく暇もなく出発となった。途中、淡路島のとあるパーキングエリアでの休憩を挟んで、目的地の大阪駅に到着したのが午後九時半を回ったころ。真っ直ぐに今回の宿である“サウナ&カプセルホテル 大東洋”へ向かい、チェックイン。

f:id:Sugaya:20180119215136j:plain

そのまま明日に備えて寝てしまうつもりだったのだが、以前から付き合いのあるボードゲーマーの藩主さん(HN)がホテルの近くにいると知り、合流。氏がテレビで見かけてからずっと気になっていたという“堂山食堂”に入り、フジテレビの今後について軽やかに話し込む。卵サラダを薄いハムで挟んで揚げたハムカツがやけに美味しかった。

f:id:Sugaya:20180119222000j:plain

f:id:Sugaya:20180119222759j:plain

食後、藩主さんと別れ、ほのかに物足りなさを感じていた私は“三田製麺所”へ。大阪へ来るたびに食べているつけ麺をすする。食べ過ぎのような気がしないでもないが、堂山食堂ではそれほど食べなかったので、まあ、良しとする。

f:id:Sugaya:20180119234703j:plain

午前零時、ホテルに戻る。館内着に着替え、大浴場を堪能し、カプセルの中で横になりながらスマホで幾つかの動画をチェック。……旅先でまでマイクラ動画を見る必要性があるのかどうか。午前一時半ごろ就寝。

明けて土曜日(1月20日)。

午前八時ごろに目覚めるも、ついついカプセルの居心地の良さにかまけているうちに、だんだんとホテルを出なくてはならない時刻が近付いてくる。これまでに何度も重ねてきた過ちをまたしても。結果、午前九時半ごろにホテルを出る。

そのまま何処へ立ち寄ることもなく、御堂筋線で心斎橋駅へ。THE GEESEの単独ライブ会場である“道頓堀Zaza”の場所を確認し、それから一蘭(道頓堀店別館)で朝食を。朝からラーメンを食ってこその大阪旅行である(そんな決まりはない)。一玉目にピンとこなかったので替え玉を追加、じっくりとスープに絡めて食したところ、かなり美味かった。味わい方が分かればこちらのものである。何が。

f:id:Sugaya:20180120103243j:plain

f:id:Sugaya:20180120104250j:plain

食後、会場付近にある快活CLUB道頓堀店へ移動、ライブ開場時刻の午後一時半まで漫画を読み漁る。ラインナップは以下の通り。

猫のお寺の知恩さん 4 (ビッグコミックス)
 
猫のお寺の知恩さん 5 (ビッグコミックス)
 

午後一時半、店を出て道頓堀Zazaへ。ライブ内容はこちらの記事で。

公演後、即座に待ち合わせ場所のある梅田に移動しようと思うも、なにやら腹部に違和感を覚え、“コメダ珈琲店”へと駆け込み、トイレを借りる。アイスコーヒーに小豆が沈殿している「小豆小町アイス 葵」を注文、なかなか美味しかった。

f:id:Sugaya:20180120160804j:plain

その後、御堂筋線で梅田へと移動するも、再び腹部が不穏な状態に。駅の側にあるヨドバシカメラでトイレを借りる。それなりの時間を費やし、状態を整えたところで、待ち合わせ場所である“ビブリオテーク”へ。お馴染みのイシダドウロ氏、ゴハ氏、資本主義氏が既に揃っていたので、ヘラヘラしながら合流する。各々、私が声を掛けたので、わざわざ他県から来てくれているのである。まったく奇特だと思う。有り難い。スウィーツを楽しみながら、ももいろクローバーZ有安杏果の引退を始めとしたアイドルにまつわる話を伺う。

f:id:Sugaya:20180120181140j:plain

午後七時を過ぎたところで席を立ち、事前に予約していた居酒屋“軍鶏三郎”へ移動。アルコールをしたたかに飲みながら、表現規制の問題を中心に激論を繰り広げる。……単純にボヤキ続けていただけのような気もする(メンツが芸人寄りだったからなあ)。出てくる料理にいちいちゴハ氏が激しく感動していたのが印象的。事実、焼き物も揚げ物も美味しかったのだが……あの人は面白過ぎる。

f:id:Sugaya:20180120195648j:plain

f:id:Sugaya:20180120200054j:plain

f:id:Sugaya:20180120200643j:plain

二時間後にラストオーダー、大阪駅前で解散となった。しかし、ほのかに物足りなさを感じていた私は、一度ホテルでのチェックインを済ませて、改めて梅田近辺を散策することに。しかし、夜の街に慣れていない私は、楽しそうなお店を見つけても、なんだか物怖じしてしまって入ることが出来ない。最終的に、全国展開をしているチェーン店“いきなり!ステーキ”に飛び込み、ワイルドステーキ450gをかっ食らう。

f:id:Sugaya:20180120223621j:plain

ほぼほぼ生の肉を食らい、野生児になったような気分でホテルに戻り、大浴場で汗を流し、気が付けば眠っていた。それほど酔っていた自覚はなかったのだが、無意識のうちに旅行疲れが出始めていたのかもしれない。

そして1月21日(日曜日)。

午前九時、ホテルをチェックアウト。駅のコインロッカーに荷物を預け、なんばへと移動。そのままここでは書けないようなところへ赴き、ここでは書けないような場所で、ここでは書けないような人と待ち合わせをして、ここでは書けないようなことをする。ああ、実に書けない。書きたいけど書けない。書いてもいいけど書かない。ここはあえて書かないという選択でいこう。くどいですか、そうですか。

なんやかんやとし終えたところで、大阪駅へととんぼ返り。それから福島駅へと移動し、私の従兄弟が働いているラーメン屋“燃えよ麺助”へと向かう。一昨年の夏に訪れたときにも沢山の人が列をなしていたが、今回はそれ以上の人数が並んでいた。着実に人気店になっていることは喜ばしいが、食べるたびに三十分も四十分も並ばされるのは少しツラい。とはいえ、やはりラーメンは美味かった! 贔屓目抜きに、今まで食べてきたラーメンの中で一番美味かったかもしれない。たまらんね。

f:id:Sugaya:20180121140330j:plain

f:id:Sugaya:20180121140241j:plain

食後、三たび大阪駅へ。帰りの高速バスが発車する午後三時五十分まで、発着駅である阪急三番街の近辺をウロウロする。紀伊國屋書店ヨーロッパ企画の公演DVD『あんなに優しかったゴーレム』『ロベルトの操縦』を購入。『出てこようとしているトロンプルイユ』のソフト化はいつだろう。梅田ナカイ楽器でウクレレを見る。やはり都会には色々な楽器が売られているなあと感心。いずれは買ってみたいものだけれど、旅先でそこそこの値段のモノを買うという行為はどうも躊躇してしまう。バスターミナル側にあるお土産物屋で家族へのお土産を探す。私の家族は典型的ミーハーな田舎者なので、洋菓子の類を持って帰れば問題がないだろうと、横文字系のお菓子を幾つか購入する。無論、私も好きなのだが。

午後三時五十分ごろ、バスに乗り込み大阪を出る。午後七時半に善通寺インターバスターミナルへ到着。途中、夕飯にマクドナルドのドライブスルーで色々買って、片手間に食べながら午後八時帰宅。家族にお土産を渡し、風呂に入って、『ロベルトの操縦』を観る。移動コメディだった。なんだ移動コメディって。でも移動コメディとしかいいようのない内容だった。「乃木坂工事中」視聴。和む。

午前一時就寝。お疲れさまでした。