土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDについてなんやかんやいう

「M-1グランプリ2017」ファイナリスト決定!

【初】かまいたち
カミナリ(二回目)
【初】さや香
ジャルジャル(三回目)
【初】とろサーモン
【初】マヂカルラブリー
【初】ミキ
【初】ゆにばーす
和牛(三回目)

ファイナリストの速報を受け、決勝進出を果たしたコンビたちのことよりも、まず先に決勝進出を果たせなかったコンビたちのことが気になってしまった。昨年三位のスーパーマラドーナ、四大会連続で決勝戦進出を果たしていたハライチ、今年はかなり面白い漫才を仕上げてきたと噂に聞いていた相席スタートなど、今年も当然のように決勝戦へと駒を進めるだろうと思われていた昨年の猛者たちが軒並み敗退を喫するとは。とりわけスーパーマラドーナの敗退には驚いた。否、昨年大会において、完全にネタを仕上げてきた銀シャリどころか、敗者復活戦を勝ち上がってきた和牛にまで差されて三位に下ってしまったことに、少なくない不安を感じてはいた。とはいえ、それにしても、今年も無難に上がってくると思っていたのだが。

今年から決勝進出者は例年に一組追加されて九組となった。

初の決勝進出者は六組。初……という言葉の響きとは裏腹に、既にお笑い界隈ではその名を知られているコンビたちばかりだ。とろサーモンマヂカルラブリーは、ともにセンスが高く評価され、お笑いフリークの間では常にM-1のファイナリスト候補として名が挙がっていたにも関わらず、これまで決勝戦に縁のなかったコンビである。それが遂に決勝戦へと進出する。嬉しいことではあるが、同時に、どうしてこれまでフックアップされてこなかったのかという疑問も残る。ミキは2016年秋の時点で既にフジテレビが発掘していて、本来ならば昨年大会で決勝進出を果たしていてもおかしくなかった兄弟漫才師である。無論、決勝進出するに値する実力のあるコンビだが、ここを拾い上げるのは半歩ほど遅い。ゆにばーすは先にテレビ東京の“神の舌”が目をつけている。かまいたちに至っては説明する必要もない。唯一、まったく聞いたこともないコンビはさや香だけだ。大阪出身者同士によるコンビらしい。

決勝進出経験者は三組。正直カミナリが二年連続で決勝進出を決めるとは思ってもみなかった。昨年大会で見せた漫才のフォーマットで終わるなどとは流石に思っていなかったが、それにしても、こんなにも早く引き上げられるとは。その意味ではジャルジャルも意外。2015年大会で見せた漫才以上の斬新なフォーマットを開発してきたのだろうか。レギュラー出演している『めちゃイケ』の終了が告知された今、ここでしっかりと存在感を見せつけておきたいところ。和牛は率直にいって今大会の優勝候補だろう。それだけのプロセスを踏んでいるし、実力もある。見せつけられるか。

ここに敗者復活戦の勝者が加わり、全十組で決勝戦を競い合う。誰が勝ち上がるのか。近年の傾向を思うと、昨年大会で決勝進出を果たしている先述の三組とさらば青春の光に可能性があるだろうか。ニューヨークや三四郎、Aマッソに大自然霜降り明星にからし蓮根、ランジャタイといった新勢力もいる。よもや噂に聞いた東京ホテイソンか。何がどうなってもおかしくないが、無難な結果に落ち着いてしまう可能性も低くない。とはいえ、せっかくだから面白いことになってもらいたいものである。

M-1グランプリ2017」決勝戦は12月3日放送予定。