土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDについてなんやかんやいう

旅行のお報せ

どうも菅家です。

このところ、すっかり更新が滞ってしまいまして、このような場末のブログに付いてくださっている読者の皆様方にはご迷惑をおかけしております。……迷惑というほどではないですか。そうですか。まあ、確かに、ウチのブログには、あってもなくてもどーでもいいようなことしか書かれていないので、そんな迷惑をおかけするほどの存在感も無いかもしれませんが。我ながら卑屈がヒドい。

で、もうしばらく、ブログの更新は滞ります。というのも、旅行に出かけるからです。今夜の飛行機で出発して、来週の火曜日に帰宅する予定になっています。なので、その間は恐らく、ブログを更新する余裕はないでしょう。……多分。まあ、どこかで隙間の時間が出来たら、ひょっとしたらネットカフェあたりでキコキコと書き込む可能性もありますが。その時は、またよろしくお願いしますね。

と、単なる報告で終わるのもアレなので、近況でも。最近、山下達郎のアルバム『COME ALONG』を買いました。

COME ALONG

COME ALONG

 
COME ALONG2

COME ALONG2

 

別に山下達郎のファンというわけではないのですが、こういったコンピレーションアルバムというか、企画盤の類いはどうしても買ってしまいます。どうしても、ということもないけれど。曲間で小林克也が英語で喋りまくるという実際のラジオを思わせる構成に、激しい魅力を感じてしまい、ついつい購入してしまった次第です。で、実際のところ、大変に宜しいです。ここでわざわざ言うことでもないですが、とにかく山下達郎の曲が良い! どうしても『クリスマス・イブ』のイメージが強いから、秋から冬にかけてのミュージシャンとして認識してしまっていたのですが、アルバム全体から溢れ出んばかりのナツ感がたまらないですね。一枚2,000円という価格設定も敷居が低くてヒジョーに良いです。こういうアルバムを聴きながら、車でどっか遠くに行きたいものです。今回は飛行機で行くから関係無いけど。活用できないネー。

こちらからは以上です。