土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDについてなんやかんやいう

理想も現実も抱きしめて『矛盾、はじめました。』

ハロプロの音楽とともに思春期を過ごしたためなのか、アイドルソングといえばポップで陽気で楽しい楽曲というイメージが私の中に深く刻み込まれている。まあ、あながち間違いではない。時にはしっとりとしたバラードを歌っている姿を目にすることもあるが、基本的にアイドルの歌う曲は明るく楽しい。だからこそ、Negiccoの『矛盾、はじめました。』を初めて耳にしたときには、そのアダルトな雰囲気に驚かされた。イヤな言い方をすれば地味なのだが、しかし、ついつい何度も聴いてしまう中毒性を秘めている。歌詞の内容も大人びていて、「持ち寄った(コンビニの)缶ビール(シュークリーム)」なんて言い回し、アイドルソングではあんまり聞かない。 でも、そんなメロディと歌詞を、Negiccoは寄り添うように優しく歌ってみせる。自分がもしも女性で、恋に振り回されていたとしたら、こういった曲でうっかり涙を流してしまうのだろうか。

Negicco 2011~2017 -BEST- 2 [CD+Blu-ray Disc]

Negicco 2011~2017 -BEST- 2 [CD+Blu-ray Disc]

 

ベスト盤も買ったのだが、なんだかんだでコレばっかり聴いている。他の曲も聴けよ、勿体無い。