土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDを見てなんやかんやいうブログ

「UWASAのネタ」(2017年6月21日)

ナイツ「早くマイクに辿り着きたい」

南海キャンディーズ「シェアハウス」

サンシャイン池崎「記憶喪失」

中川家次長課長井上「韓国でありそうな番組」

NON STYLE「刑事の取り調べ」

友近ハリセンボン春菜「路上販売」

サンドウィッチマン「ゴルフのキャディ」

カミナリ茨城県のアピールポイント」

U字工事「栃木に比べて茨城は」

レイザーラモンRG細川たかし「『北酒場』で細川たかしのあるある」

クールポコ。&三遊亭好楽「モテようとして……」

トレンディエンジェル斎藤(&タッキー)「ジャニーズメドレー」

ヒロシ(&水卜麻美)「ヒロシです

オードリー若林「野球教室」

平成ノブシコブシ「火事の現場」

AMEMIYA(&DAIGO)「うぃっしゅポーズはじめました」

テレビではあまりお目に掛かれないネタを「UWASAのネタ」として披露するバラエティ番組。番組を見始めた段階では、無闇に大きい観覧客のゲラ声や意味のないチーム対抗戦システムに少なからず違和感を覚えたが、細川たかし三遊亭好楽が芸人とネタでコラボしたり、水卜アナやDAIGOがネタを披露したり、トレンディエンジェル斎藤がジャニーズの替え歌をタッキーと歌ったり、そもそもネタ番組として見ることが間違っているのだと気付かされた。こういうのは酒でも引っ掛けながら気楽に見るべきなのだろう。とはいえ、その一方で、南海キャンディーズの新ネタやオードリー若林のピンネタをオンエアするという、妙にシブい一面も。浅さと深さを両立させようとした結果、このような番組に仕上がったのかもしれない。ちなみに、企画・演出は、「落下女」「ぜんぶウソ」「潜在異色」「たりないふたり」などの番組を手掛けた安島隆。

一番笑ったのは、友近ハリセンボン春菜のコント。正直、中川家友近が繰り広げる類いのアドリブコントにはもう飽き飽きしていたのだが、路上で雑多とした商品を売っているヤバい二人が取り留めのない話を延々と繰り広げる……という設定がもうたまらなかった。よくテレビで放送できたな。中年男を演じた春菜の演技力の高さにも驚いた。あんなにリアルに中年男性を演じられるとは。ビジュアルだけの問題ではないだろう。お見それしました。