読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDを見てなんやかんやいうブログ

「R-1ぐらんぷり2017」ファイナリスト発表の件。

テレビ

アキラ100%(SMA)

石出奈々子(浅井企画

ブルゾンちえみ(ワタナベエンターテインメント

マツモトクラブ(SMA)

三浦マイルドよしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)

横澤夏子よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)

ゆりやんレトリィバァよしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)

レイザーラモンRGよしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)

ルシファー吉岡マセキ芸能社

ご覧のメンツとなった。

まずは決勝進出経験者から。昨年大会3位の「ゆりやんレトリィバァ」、ファイナリストの「マツモトクラブ」「横澤夏子」「ルシファー吉岡」が今年も決勝進出。「マツモトクラブ」「ゆりやんレトリィバァ」は三年連続の決勝進出である。どちらも最終決戦進出経験があり、優勝候補と言ってもいいのでは。「三浦マイルド」は2013年のチャンピオン。以来、4年ぶりの決勝進出である。優勝後、まったく名前を聞かなくなってしまっただけに、なんだか頑張ってもらいたい気がしないでもない。「レイザーラモンRG」は2014年以来の決勝進出。当時はスティーブ・ジョブズに扮していたが……今回は?

残りの三人は初の決勝進出者。「アキラ100%」はお盆で股間を隠すという宴会芸の可能性を追い求める、男性ピン芸人。前張りなどを要さず、本当に裸でネタに臨んでいるという話を聞いたことがあるが……生放送で大丈夫なのだろうか。「石出奈々子」はモノマネ芸で注目を集めている、女性ピン芸人。過去の大会では、モノマネ芸で優勝しているピン芸人も少なくないので、ここが優勝する可能性もある。「ブルゾンちえみ」は今まさに旬の女性ピン芸人。いつもはバックにダンサー二人を引き連れているが、今回のような賞レースではどうだろう。

以上がファイナリスト。ブロック分けはこのように決定している。

■Aブロック

レイザーラモンRG

横澤夏子

三浦マイルド

(復活ステージ3位)

■Bブロック

ゆりやんレトリィバァ

石出奈々子

ルシファー吉岡

(復活ステージ2位)

■Cブロック

ブルゾンちえみ

マツモトクラブ

アキラ100%

(復活ステージ1位)

ひたすらに一番手を選び続けるRGのカッコよさに惚れ惚れしそうだが、最後に出番を選んだゆりやんが「ここで!」と言いながら、トーナメント表の優勝のところに自分の名前を貼ろうとしたことも記録として残しておきたい(身長の問題で届かなかったが)。

以下、復活の可能性がある、準決勝戦敗退者の皆さん。

アイデンティティ田島

あばれる君(15年ファイナリスト)

AMEMIYA(11年、12年ファイナリスト)

エハラマサヒロ(09年、10年、15年、16年ファイナリスト)

おいでやす小田(16年ファイナリスト)

キャプテン渡辺(11年、12年ファイナリスト)

クロスバー直撃前野

紺野ぶるま

ZAZY

サンシャイン池﨑(16年ファイナリスト)

スリムクラブ真栄田(11年ファイナリスト)

粗品(霜降り明星

とにかく明るい安村(15年、16年ファイナリスト)

ナオ・デストラーデ

中村涼子

中山功太(09年チャンピオン)

西村ヒロチョ

ニッチェ近藤

脳みそ夫

パーマ大佐

バイク川崎バイク(14年ファイナリスト)

パタパタママ木下

ヒューマン中村(11年~15年ファイナリスト)

平野ノラ

藤崎マーケット田崎佑一

藤崎マーケットトキ

ぶらっくさむらい

まとばゆう

もう中学生

守谷日和

勝戦の模様は2月28日19時から放送予定。