読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDを見てなんやかんやいうブログ

「ダイアン 1st DVD DVDのダイちゃん~ベストネタセレクション~」(2017年2月8日)

2016年10月10日にルミネtheよしもとで開催された単独ライブの模様を収録。

“ベストネタセレクション”と銘打っているが、「M-1グランプリ2007」で披露された『スカウト』、「M-1グランプリ2008」で披露された『サンタクロース』、「THE MANZAI 2014」で披露された『職務質問』など、彼らが賞レースの決勝戦で披露してきた漫才は、いずれも収録されていない。どうしても観たかったというわけではないが、それぞれの時期のダイアンの漫才を代表するだろうネタが収録されていないというのは、なにやら寂しい。

収録されている漫才は全八本。これといったスタイルを持たないダイアンの自由奔放な漫才を楽しむことが出来る。どのネタも安定して面白かったのだが、コンビニの店員にクレームを入れる様子を描写した『コンビニ』は昨年11月に放送されたM-1特番内で演じられていたので、彼らにとっての自信作なのかもしれない。確かに、中盤あたりで西澤が演じ始める、コンビニ店員の振り切れたクレイジーぶりには、目を見張るものがあった。そんな西澤の狂気的な言動に震える津田のリアクションも楽しい。

個人的に面白いと感じたのは、『模様替え』『娘さんをください』『カバ』の三本。

最近ストレスがスゴいという西澤に津田が模様替えを薦める『模様替え』は、口頭で説明される西澤の現在のリビングの内装からある施設が想起させられるネタ。要するに、ちょっと回りくどい“あるあるネタ”なわけだが、何故か西澤のリビングが無意識のうちにそういう状況になっているという不条理さがたまらなく面白い。ネタの後半では、このシステムを観客に理解させたうえで、更にブッ飛んだ展開になっていくところも実に好ましい。

まだ結婚していないが恋人の父親に「娘さんをください」と頼むのは得意だという西澤が、津田に父親に見立てて同様の状況を再現する『娘さんをください』は、西澤のクレイジーぶりが全面に押し出されたシチュエーションコント。既にこちらを振り向いている父親に対して「お父さん! お父さん!? お父さーん!」と連呼、「君にお父さんなんて言われる筋合いはない」と言われて「じゃあお母さん! お母さん! ボーイッシュなお母さん!」と即座に切り替え、恋人のお腹の中に新しい生命が宿っていると聞かされて困惑しながら「なんでそんなことになったんや!」と声を震わせる父親に「二ヶ月くらい前に僕、誕生日やって……」と詳細を語り始める。この時点で相当にクレイジーだが、ここからもっともっとタカが外れていく。何がおっかないって、どんなに言動がクレイジーになっていっても、当の西澤はまったく素の状態を維持しているのがおっかない。

動物園に行ってきたという西澤が動物の中でも特に好きだというカバの話を始めるのだが、その話に、途中でそっと挟み込んだ「飼育員のおじさんが西田敏行に似ている」という話が混ざり込んでしまう『カバ』は、M-1グランプリの予選用に作られたかのような漫才。コンセプトは明確だし、二人の個性も光っているし、なにより四分でまとめられている。ダイアンは2015年にM-1出場権を失っているが、もしも今年も出られたとしたら……このネタで決勝戦を目指していたのかもしれない。

これらのバリエーション豊富な漫才の合間には、幕間映像が収録されている。メイン企画は「ダイちゃんのおもしろVTR」。誕生日にファンからバースデープレゼントを二個しか貰えなかった津田(ちなみに西澤は三個)のために、ファンが0人だと思われる芸人たちから話を聞くという超失礼な企画である。これがなかなかに意外な人選になっており、見応えのある内容になっている。先輩・後輩関係無く、堂々と「ファン0人ですよね?」と訊ねる西澤の太々しさも素晴らしい。ただ、個人的に笑ったのは、ダイアンの二人が動物の写真をコメンタリーでイジり倒す「ダイちゃんのおもしろ動物図鑑」。動物の写真だけでも相当に衝撃的なのだが、そこにダイアンのコメントが加わることで、面白味が倍増していた。お互いの会話の距離感から、二人の仲の良さも伝わってくるのも良かった。ラジオ向きのコンビなのかもしれない。

また、特典映像として、ダイアンの二人がかつて住んでいた町を歩くロケの模様を収めた「初めてひとり暮らしをした大阪・平野をぶら歩き」、バレンタインデーにチョコを一個しか貰えなかった津田のためにファンが0人と(以下略)「『ABCホールのダイちゃん』おもしろVTR~聖バレンタイン~」を収録。「平野をぶら歩き」は、ロケ芸人としてのダイアンの一般人に対する感度の良さと底意地の悪さが垣間見える、とても楽しい映像になっているので、是非に。

■本編【105分】

「漫才「本屋」」「ダイちゃんのおもしろVTR①」「漫才「模様替え」」「ダイちゃんのおもしろVTR②」「漫才「コンビニ」」「ダイちゃんのおもしろVTR③」「漫才「娘さんをください」」「ダイちゃんのおもしろ動物図鑑」「漫才「バーベキュー」」「ダイちゃんのおもしろVTR④」「漫才「カバ」」「ダイちゃんのおもしろVTR⑤」「漫才「保安検査場」」「ダイちゃんのおもしろ写真館」「漫才「美容室」」

■特典映像【48分】

「始めてひとり暮らしをした大阪・平野をぶら歩き」

「『ABCホールのダイちゃん』おもしろVTR~聖バレンタイン~」