読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDを見てなんやかんやいうブログ

「じわじわチャップリン」(2016年12月3日)

テレビ
  • はなしょー39

「コックリさん」。二週勝ち抜き。放課後の教室で二人の女子が“コックリさん”で恋愛占いを始めると、杵渕が好きな男子のことをコックリさんも好きらしく……。正直、設定自体はありがちだし、ネタの展開も驚くようなものではないのだが、コックリさんとタイマンを張る杵渕の演技でまんまと持っていかれてしまった。否、それも途中までは、さほどにハマらなかったのだが、コックリさんにダウンさせられて床に額をこすりつけるくだりにまんまとやられてしまった。オチもキレイ。面白かった。三週連続勝ち抜きでチャンピオン大会出場決定!

 

  • マツモトクラブ37

「タクシー」。一週勝ち抜き。小雨の降る中を走っていたタクシーが、雨に濡れた女性を拾って青山へと向かう。観客の視点誘導が巧みなコント。重厚な語り口からホラー映画を思わせる空気を匂わせておきながら、即座に官能へとすり替え、終盤で一気にバカへ落とす。笑いの量でいえば大したことはないのだが、しっかりとコントを見たという気持ちにさせられる密度の高さが素晴らしい。小泉今日子『木枯らしに吹かれて』から同曲の作詞・作曲者である高見沢俊彦へと展開する段階の取り方も“分かっている”。前回の『クロワッサン』もそうだったが、ここ最近のマツモトクラブの芸の伸びは目を見張るものがある。次回も楽しみだ。

 

【ふきだまりコーナー】

ワールドヲーター、むらせ、ゆにばーす、センサールマン、勝又:、トンツカタンスーパーニュウニュウ、プラス・マイナス、ハブサービス、ハナコ、Aマッソ、平野ノラ、サンシャイン池崎が登場。「師走ギャグ」というテーマの元、ハナコ、トンツカタン、センサールマン、ワールドヲーター、サンシャイン池崎がギャグを披露した。ギャグを終え、走り去っていった池崎を見て、内村が「バタバタしてますね。師走ですね」と秀逸のコメントを。

 

「居酒屋」。立ち飲み屋で呑んでいる野沢雅子若井おさむアムロ・レイやR藤本のベジータのように、完全にフィクションのキャラクターになりきるわけではなく、声優そのものにスポットライトを当てているという視点が良い。今回は「ドラゴンボール」の孫悟空に集中していたが、今後は色んなキャラクターを出してくれることだろう。楽しみだ。肝心のネタは、「ドラゴンボール」の台詞をもじったボケ、スカシボケ、ド直球な下ネタなど、なかなかにバリエーション豊富。正統派漫才師として研磨してきたセンスが上手く反映されている。個人的には写メのフラッシュを浴びながら「まぶしい!太陽拳か!」に笑った。

 

  • ザ・パーフェクト【27】

「消防士」。妹尾がカッコイイと思う二つの職業のうちの一つ、消防士をやってみる。ハードパンチャー妹尾の傍若無人なボケに、ピンボケたろうが解説混じりのツッコミを入れるスタイルそのものは面白い。ただ、単純に妹尾のボケがピンとこない瞬間があって(例えば「そちらの“住職”」はちょっとボケそのものが伝わり辛かったような)、大笑いに至るまでの段階を上手く踏めなかったように感じた。消防車のホースから水じゃなくて水商売の人が出てくるとか、そういう突飛でバカバカしいボケをもっと強引に押し出しても良かったような気がする。とはいえ、ギリギリ合格するかと思ったのだが。なかなか難しい。芸風が認知されていけば、もっとウケるようになるだろうか。

 

【今週のふきだまり芸人】

ハブサービス&アイデンティティ田島「かめはめ波

平野ノラ「バブリーな芸能人の宣材写真ものまね」

 

次回の出場者は、アイデンティティ(一週勝ち抜き)、トンツカタン、マツモトクラブ(二週勝ち抜き)、むらせ。