令和時代のお笑い公論

心が壊死する、その前に。

雑文

なあ、怖いコントを観ようじゃないか!!

先日、XXCLUBの大島育宙氏を怒らせてしまった。 実際に怒っていたのかどうかは分からない。でも、きっと怒っていたのではないかと思う。少なくとも私には怒っているように見えた。日頃は理論的に物事を語っている人が冷静に怒りを露わにする姿というのは、得…

めちゃめちゃ大事な正念場

宮迫博之、吉本興業から契約解除であるという。私は『ワンナイ』の熱心な視聴者ではなかったし、『アメトーーク』もMCよりゲストの方に注目していたし、むしろ『R-1ぐらんぷり』に関してはMCとしての判を押したような立ち振る舞いに苛立ちを覚えることも少な…

ハコのサイズはどんなかな?

「シソンヌライブ08[huit]」大阪公演のチケットが売れていないらしい。 『キングオブコント2014』での華々しい優勝から五年が経過している今も尚、年に一度のペースで開催されている単独公演を継続し、その舞台が高く評価されているシソンヌ。完成された世…

「今夜、笑いの数を数えましょう」(いとうせいこう)

今夜、笑いの数を数えましょう 作者: いとうせいこう 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/02/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 芸人ではない人間が「笑い」について語ることほど滑稽なものはない。どれほどの理屈をこねくり回したところ…

「映像コントアワード2018」の件。

どうも菅家です。 賢明な読者の皆さまなら、かつて私が「映像コントアワード2016」および「映像コントアワード2017」というイベントにコメントを寄せていたことを、しっかりと覚えているのではないかと思いますが……覚えていないのならば脳味噌を搾って思い出…

無題。

ちょっとムカッときたので記録。 2014年に、どぶろっくのネタについて、 「どぶろっくがこんなに老若男女に大人気なのは、痴漢などの性犯罪に関する知識が日本の世の中に浸透していないことの表れ」 「どぶろっくを笑う世界」には、痴漢などの性暴力は存在し…

年末のごあいさつ

どうも菅家です。 本年もお世話になりました。なったと思います。なってないなーと思った人は、見て見ぬふりをしてください。正直なところ、私もそれほどお世話になったような気がしていません。自分が書きたいことを書いて、放出しているだけであります。ブ…

大園桃子について書いてみよう!

ブログを怠けている。 他に書きたいことがあり、そちらの方にばかり力を注いでいるためである。とはいえ、私の文筆活動の中心は、あくまでも本ブログなので、そこをおざなりにしてしまっているのは宜しくない。 そこで、日曜深夜の寝る直前に、Twitterで募集…

今になって、枡野浩一の言葉を思い出す。

ふと、本棚の一冊を引っ張り出す。 お笑い解体新書―ブームの謎を完全に紐解くお笑いMANUAL MOOK (Vol.1) (Oak mook (106)) 出版社/メーカー: オークラ出版 発売日: 2005/09/01 メディア: ムック クリック: 33回 この商品を含むブログ (13件) を見る 2005年に…

俺は今日もメシ喰って出かけるぜ!!!

エレファントカシマシの新曲を聴いて、スッ転がった。なんだこれ! 中学生だった頃、エレファントカシマシがテレビ番組で『武蔵野』を歌っているのを見た日から、少なくとも去年ぐらいまで、彼らに対するイメージは一貫していた。上手く言葉には出来ない。「…

「人を傷つけない笑い」と佐久間一行。

4月7日放送予定の「ENGEIグランドスラム」に佐久間一行が出演する。 他の出演者が推薦する“今、この芸人がすごい!”という特別枠での出演らしい。「R-1ぐらんぷり2011」王者である佐久間が、どうして特別に設けられた枠で出演させられるのか、些か理解に苦し…

これからもブルーなレイにしてくれますか?

今年、芸人の映像作品を主に取り扱っているレーベル“コンテンツリーグ”から、初めてのブルーレイ作品がリリースされた。 第19回東京03単独公演「自己泥酔」 [Blu-ray] 出版社/メーカー: Sony Music Marketing inc. (JDS) = DVD = 発売日: 2018/02/21 メディ…

トップリードの件について

単独ライブ 二日坊主 [DVD] 出版社/メーカー: バップ 発売日: 2012/02/22 メディア: DVD クリック: 4回 この商品を含むブログ (1件) を見る トップリードが解散するという。 当然、想定される展開である。他人の家に土足で踏み込んだ男が穏やかに芸能活動を…

さらば愛しきスマホ

私の傍らでスマホが揺れている。 着信があるわけではない。人付き合いの良くない私と連絡を取ろうという奇特な人間は少ない。無論、メールが届いているわけでもない。とはいえ、スヌーズ設定にしているわけでもない。ただ延々と、ひたすらに延々と、再起動を…

「映像コントアワード2017」の件。

どうも、菅家しのぶです。 若林正恭(オードリー)と南沢奈央の熱愛報道で日本中が湧き上がっている最中に、海は枯れ、地は裂け、あらゆる生命体が絶滅したかに見えた世界を可視化しているような場末のブログを見に来るような暇人もそうはいないだろうと思い…

新年のご挨拶。

あけましておめでとうございます。 菅家しのぶです。 昨年、最後の記事をDVDレビューで締めることが出来たので、 今年最初の記事もDVDレビューにしようと目論んでいたのですが、 まんまと正月特番にうつつを抜かしてしまった挙句、 めでたい空気から大量のア…

とりあえず

とろサーモン、おめでとう! 第三弾DVDのリリース待ってます! というか昨年王者の銀シャリの第二弾DVDはまだか! よしもとーっ! 売れてるときが売り時やぞーっ!

お仕事のお知らせ

NHKCD「立川談志 落語集成 1964-2004 第1集」 アーティスト: 立川談志 出版社/メーカー: NHKサービスセンター 発売日: 2017/11/21 メディア: CD この商品を含むブログを見る 11月21日にリリースされる「立川談志 落語集成 1964-2004 第1集」のブックレットに…

旅行のお報せ

どうも菅家です。 このところ、すっかり更新が滞ってしまいまして、このような場末のブログに付いてくださっている読者の皆様方にはご迷惑をおかけしております。……迷惑というほどではないですか。そうですか。まあ、確かに、ウチのブログには、あってもなく…

理想も現実も抱きしめて『矛盾、はじめました。』

ハロプロの音楽とともに思春期を過ごしたためなのか、アイドルソングといえばポップで陽気で楽しい楽曲というイメージが私の中に深く刻み込まれている。まあ、あながち間違いではない。時にはしっとりとしたバラードを歌っている姿を目にすることもあるが、…

いわばそれは夏のせい。

暑い日が続いている。余裕で三十五度を超えていく気温は、もはやこちらを殺しに来ているようにすら感じられる。否、広い世間を見てみると、実際に人も死んでいるのだから冗談じゃない。適切な温度なんて言ってる場合じゃない。一旦、環境問題も電気代も全て…

ビートルズもいいけど、ハリスンもね。

録画した「ひよっこ」を見ている。 現在はビートルズ来日前後のあたり。主人公・谷田部みね子の叔父である小祝宗男が「ビートルズと同じ空気を吸って雰囲気を味わいたい」という理由で上京、その朗らかな表情の裏側にへばりついている過去が語られる……ところ…

ネットカフェに行ったというだけの話。

このところ、ブログの更新が格段に滞っているのは、お笑いに対する興味が失われてしまったわけではなく、お笑い芸人のDVDをレビューすることに対するモチベーションが行方不明になってしまっただけなので、そういったものを欲求なさっている読者の皆様方は是…

夜を漂う『エイリアンズ』

ああ、キリンジいいなあ、と思うわけですよ。 LINE mobileのCMをご覧になられましたか。いいですよねえ。のん(能年玲奈)が出演しているってだけでも話題性は十二分ですが、楽曲にキリンジの『エイリアンズ』を使っているというのが大変に宜しいです。現世…

映画を観に行った話。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス オーサム・ミックス・VOL.2(オリジナル・サウンドトラック) アーティスト: サントラ,ザ・スニーパーズ feat.デヴィッド・ハッセルホフ,バーナード・ウォレル,ジェイムズ・ガン,タイラー・ベイツ 出版社/メー…

ブログを続けるということ。

ブロガーにとっての最終地点は何処だろう。 そんなようなことを考えるようになったのは、きっと自分がブログから少しずつ心が離れ始めているからなのだろう。 私がブログを始めた頃は、文章で何かを表現したい人たちは誰も彼もブログを運営していた。当時、T…

オールタイムベストの件について。

コンテンツリーグから、芸人のオールタイムベストが出るらしい。 『ベストネタシリーズ アンジャッシュ』 『ベストネタシリーズ ラバーガール』 『ベストネタシリーズ バイきんぐ』 『ベストネタシリーズ うしろシティ』 コンテンツリーグのホームページで確…

無題。

昔、聴いていて、衝撃を受けた音源がある。 「この馬鹿野郎、娘一人さらわれたおかげでもって、両親楽で暮らせるように成りやがって……あの拉致太りめ。ええっ、横田某の夫婦の馬鹿野郎……」 これはヘイト・スピーチなどではない。立川流家元・立川談志のマク…

死んだら飛び乗れ!『Hell Train』

いやー、申し訳ない。このところすっかり音楽脳なもので、お笑い芸人のDVDよりも動画サイトで面白い音楽を探してばかりの日々である。で、今更ながらハマッてしまったのが、こちらのstillichimiya。最初にハマッたのは、Twitterのタイムラインを流れてきた『…

脳内一面に広がる『PINK』

えっ、えっ、何これ何これ。ラジオを聴いているときに、流れてきた楽曲に心奪われた。その瞬間、まるで思春期のように気持ちが揺れたのを感じ取った。衝撃の大きさはあまりにもデカくて、その後の芸人のトークがまるで、頭に入らなくなってしまうほど、完全…