読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDを見てなんやかんやいうブログ

「KAJALLA #2 裸の王様」鑑賞における大阪旅行の記録(2017年4月7日~9日)

【4月7日(金)】

終業後、善通寺インターバスターミナルへと移動。観音寺発なんば行の高速バスが午後7時過ぎ(予定よりやや遅れる)に到着したので、これに乗り込む。道中は録音してあったラジオを聴きながら過ごす。聴いた番組は「東京ポッド許可局」「WE LOVE RADIO! ~山下達郎星野源のラジオ放談~」「古館伊知郎のオールナイトニッポンGOLD」など。しかし、数日前からやや風邪気味だったこともあってか、だんだんと気分が悪くなり始める。原因は空腹にあるのではないかと思い、途中のサービスエリアでサンドイッチを購入、食べてみるも体調は優れずず。

午後11時過ぎ、大阪駅に到着。御堂筋線の電車に乗って、予約したカプセルホテル「アムザ」があるなんば駅へと移動する(そのままバスに乗っていればなんばに行けたではないかと思われるだろうが、当初は梅田のカプセルホテルを予約する予定だったのである)。なんばには数分で到着。夜中とは思えぬ街の賑わいに、心なしか元気になったような気分になる。本来、このままカプセルホテルでチェックインを済ませるべきところだが、本日の体調を考慮するに、恐らく、カプセル内で横になってしまったら、そのまま眠ってしまうであろうことが予想されたので、ここは先に現地で何か食っておこうと思い(食べることしか考えていない)、ホテルの近場にある三田製麺所でつけめんを食べる。もう何度も食べている味だが、相変わらず美味い。

f:id:Sugaya:20170407142650j:plain

食後、カプセルホテル「アムザ」へ移動。今回は事前にネット予約をしていたので、細かい手続きをせずにチェックインすることが出来た。荷物をロッカーに押し込み、館内着に着替える。「アムザ」の良いところは、私のように大柄な体型の人間向けの館内着をきちんと用意している点である(チェックイン時にカウンターへ申し出れば大きめの館内着を用意してくれる)。とても有り難い。着替えたら、財布を貴重品ボックスに預けて(暗証番号を入力するタイプのボックスがカウンター横に設置されている)、大浴場へと向かう。カプセル宿泊客用のロッカー(形状は棚に近い)に館内着を放り込み、まずは洗い場へ。垢と疲労感を洗い流しように、タオルで全身を強く擦る。それから湯船に向かう。「アムザ」には、大浴場の他にも、ジェットバス、サウナ風呂、露天風呂などの多種多様な風呂が設置されているので、どんなに客が入っていたとしても、それなりに余裕をもって入れることが出来る。広々とした湯船、それだけでとても嬉しい気持ちになれる。

入浴後、カプセルにて就寝。

 

【4月8日(土)】

午前8時起床。しかし、スマホを片手にカプセルの中でダラダラと過ごしているうちに、午前9時を過ぎる。このままでは午前10時のチェックアウト時間ギリギリまで居かねなかったので、強引に気持ちを切り替え、そそくさと出発の準備を始める。持参したT字カミソリで髭を剃り、館内着とタオルを回収用ボックスに放り込んで、ロッカーの前で服を着替え荷物をまとめる。一人旅ではお馴染みの行程なので、頭がぼんやりとしていても難なくこなすことが出来るようになった。

午前10時、ホテルを出る。空はどんより曇り空……どころか、ぽつぽつと雨が降っていたので、気持ちが萎える。そのままNGK近くにある金龍ラーメンへと向かい、朝食のラーメンを貪る。

f:id:Sugaya:20170408005012j:plain

ただでさえ出来の良くないラーメンの味が、更に落ちていたような気がする。

この日は心斎橋のカプセルホテル「朝日プラザ心斎橋」を予約していたので(本当は「アムザ」に連泊するつもりだったのだが、予約しようとした時点で土曜の夜は満室になってしまっていた)、ホテルからほど近い場所にある心斎橋駅(御堂筋線)のコインロッカーにおおよその荷物を預ける。時刻は午前11時。朝食を取って間もないが、コインロッカーの近くにあったてんやで昼食。その日、特別価格の390円で振る舞われた天丼は、きちんと衣がサクサクッとしていて非常に美味しかった。地元にあったら、きっと通っていたに違いない。

f:id:Sugaya:20170408110820j:plain

食後、表に出ると雨が上がっていたので、あちらこちらをブラブラと散策する。偶然通りがかったイシバシ楽器を冷やかそうと店内に入ると、なかなか良さそうなコンサート用ウクレレが安値で売られているのを見つけ、少しだけ購入を考える……が、予算の都合で断念。旅行をすると、こういう事態に遭遇することがあるから厄介だ。自宅の近所であれば、間違いなく購入していたのだが……。

その後も街中をウロウロしていると、雨の湿気と疲労感で汗がダラダラと流れ始めたので、これまた通りがかった「雪桜」というかき氷屋へ飛び込む。チョコレートを全体にブチ撒けたようなかき氷を注文、ふわふわとしたミルク100%の氷がとても美味しかった。食事中、店内の雰囲気に少しだけ違和感を覚えたのだが、後で調べてみたところ、どうやらここは韓国系のお店だったらしい。思わぬ文化交流である。

f:id:Sugaya:20170408043439j:plain

午後2時、カプセルホテル「朝日プラザ心斎橋」でチェックイン。初めての場所だったため、ホテルに入る際に少しだけ緊張していたのだが、店員のフランクな笑顔についつい心を許してしまう。チェックインを済ませた後、館内着のサイズが気になったので、ロッカーへと向かい、中に入れられたそれを試着してみると、案の定入らない。恥ずかしながら大きめのサイズは無いのかと受付で訊ねてみたところ、浴衣を差し出される。大柄な体型の人間がこれを着たら、それはもう力士のコスプレではあるまいか……と思いながら装着してみるとピッタリと合った。見た目はどうあれ、合えば問題はない。ロッカーには、館内着の他にフェイスタオルが二枚とバスタオルが一枚備え付けられていた。館内の貼り紙によれば、これはあくまでレンタルタオルであって、新しいタオルが必要な場合は売店で購入しなくてはならないとのこと。宿泊費が千円近く違うがフェイスタオル取り放題な「アムザ」との明確な違いをはっきりと感じ取る。一応、カプセルにも入ってみる。布団はやや薄め。床の硬さを身体で感じられる。テレビは小さめ。画質は粗く、誰が映っているのかハッキリと確認できない。色々とグレートがダウンしている感は否めないが、却って味わいがあるといえなくもない。

ホテルを出て、四ツ橋線で梅田駅へと移動。到着してから何をしていたのかは、まったく記憶に残っていない。恐らく、梅田の街の巨大さに翻弄されて、心を奪われていたのだろう。途中、とあるサイトで紹介されていた、ヨドバシカメラの8階にある「ミートラッシュ」でステーキを食べる。見たところ、ジューシーな肉の旨味を感じられる料理だろうと想定していたのだが、予想していたよりも肉の主張が控え目で、やや肩透かし。

f:id:Sugaya:20170408065526j:plain

食後、再び記憶を失う。

気が付くと、時刻は午後5時を過ぎていた。本来ならば、もう会場に向かっていなくてはならない頃合いである。しかし、この時点で私は何処に居るのかを完全に把握出来ない、迷子状態であった。これが噂に聞いた梅田ラビリンスか……! 慌ててスマホのナビ機能を立ち上げ、北と南、東と西の向きを勘違いしながら、なんとか会場であるサンケイホールブリーゼに到着したのは午後5時50分ごろのことだった。その後の様子に関しては前記事でまとめたので、そちらを参考にされたし。

午後6時開演。午後8時過ぎ閉演。

閉演後、兵庫県からやってきたイシダドウロ氏と、京都府からやってきたゴハ氏と落ち合い、三人で「フジヤマドラゴン 福島店」へ。さりげないタイミングでニクい相槌を打つイシダ氏、普段は物腰が柔らかいのにお笑いの話になると超早口で持論を展開するゴハ氏との楽しいようなそうでもないようなよくよく考えてみるとやっぱり楽しかったような時間を過ごす。主な話の内容は「後藤秀樹の現状」「関西女性芸人の枠を埋めるのは誰?」「関西に見切りをつけて上京する若手たち」「関西には売れない芸人を記録する演芸おじさんがいない」「神田松之丞はメチャクチャ面白い」「M-1グランプリの審査基準、キングオブコントの審査基準の変化」「コントを観るのに適した会場の大きさ」などなど。午後10時半ごろ、ゴハ氏の終電時刻に差し掛かったため、店を出る。……思えば、2時間の宴会の間に、話題がコロコロと変わり過ぎた気がする。もっと一つの話題に集中して掘り下げていくべきなのかもしれない。……そういった規制がないからこその居酒屋トークともいえるのだが。大阪駅で解散、それぞれ自分たちの棲み処へと戻る。

御堂筋線で心斎橋駅へ移動。コインロッカーから荷物を回収し、「朝日プラザ心斎橋」へ。ホテルのロッカーに荷物と衣服を預け、浴衣を装着し、フェイスタオルとバスタオルを持って大浴場へと向かう。大浴場の手前に鍵付きのロッカーが設置されていたので、そこへ浴衣と先程のロッカーのカギを放り込み、洗い場へと向かう。大浴場、サウナ、ジェットバス……施設としては及第点といったところだろうか。宿泊代を思えば妥当だが、個人的には「アムザ」の方が好きかもしれない。

風呂を出て、そのままカプセルに戻り、就寝。寝る前に喉が乾いたので、自販機でコーラを買って、一気に飲み干した。

 

【4月9日(日)】

午前9時半ごろ起床。チェックアウトの時刻を寝過ごしかねないほど眠り込んでいたことに驚く。

洗面台で髭を剃ろうと思うも、髭剃り用のクリームやアフターウォーターが備え付けられていなかったので諦める。午前10時にチェックアウト。荷物を抱えたまま、なんば方面へと移動する。……ここから先は、このブログでは書けないようなことをしっぽりとやっていたので省略する。どういうことをやっていたのかを知りたい方は、個人的に聞きに来ればいいと思う(話すかどうかは知らん)。

正午、御堂筋線で梅田へ移動。そのまま環状線で親類がやっている福島のラーメン屋へ向かう予定だったのだが、うっかり乗り換えとは反対方向の出口に出てしまう。どうしたものかと考えていたら、大丸梅田店の看板が目に留まる。この日、私は大丸ミュージアムで開催されている「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」を観に行く予定だったので、ならばこちらを先に済ませようと思い、大丸ミュージアムへと向かう。どのような内容だったのか言葉では説明のしようがないのだが、とにかく一度行ってみるといいと断言できるほどには優れた展覧会であった。水木翁のイラスト、写真、映像を堪能させていただいた。出口の物販コーナーでは、これまでに世に出た水木翁の著書やらなにやら、とにかく素晴らしいモノが大量に売り出されていたのだが、そのハクリキに押された私は公式図録のみを購入した。……美術館に行くたびに、なにかしらかの図録を購入している気がしないでもない(京都でサザエさん展を見たときも買ったような……)。

展示会場を出て、時刻を確認してみると、午後2時を過ぎていたので驚く。どれほど作品に見入っていたのだろうか。帰りの高速バスの発車時刻が午後3時なので、これでは福島に行く余裕がない。仕方がないので、今回は諦めることにして、「ルクア」10階にある「どうとんぼり神座 ルクア大阪店」で昼食を取る。チャーシューメンがとても美味しかった。

f:id:Sugaya:20170409141005j:plain

食後は、ごく当たり前にお土産物を買い漁り、用便を済ませ、コンビニで飲み物を購入した。その姿、まさしく純然たる観光客そのものである。……そのもの、なのだが。

午後3時、なんば発観音寺着の高速バスが大阪駅を出発する。直後、うっかり待合用の席に、土曜日に購入したビニール傘を忘れていたことに気が付く。大した金額ではなかったし、それほど思い入れもないのだが……なにやら悪いことをしたような気分になる。最後の最後で、なにやらとても哀しい。道中は、つい先日放送されたばかりの「オードリーのオールナイトニッポン」を聴きながら過ごした。スペシャルウィークに、オードリーとは犬猿の仲だという市野瀬瞳(中京テレビアナウンサー)がゲストとして登場すると知り、ニヤニヤが止まらない。梅沢富美男、ビビる大木ときて、市野瀬アナとは……楽しみで仕方がない。

午後7時、善通寺インターバスターミナルに到着。二日ぶりに再会した愛車に乗り込み、なんとなしに丸亀のTSUTAYAへと立ち寄ったところ、矢野顕子+TIN PANのライブアルバムが何故か20%オフという罰当たりな金額で売られていたので、これを購入する。この価値が分からないとは、もはや罪よのう。

午後8時半ごろ帰宅。お疲れさまでした。

「CONTEMANSHIP KAJALLA #2 裸の王様」(2017年4月8日・大阪)

簡単な感想を記録。

“KAJALLA”とはラーメンズ小林賢太郎率いるコントユニットである。演者は毎回変動するようになっており、本公演には「久ヶ沢徹」「竹井亮介」「菅原永二」「辻本耕志」「小林賢太郎」の五人が出演している。竹井と辻本は二回連続の登板だ。小林にとって使い勝手の良い人材なのだろう。

会場はサンケイホールブリーゼ。前回の公演「#1 大人たるもの」と同じところである。オシャレで落ち着いた雰囲気の施設で、観客にもオシャレな人が多い印象を受ける。ロビーには物販コーナーが設置されており、前回の公演を収録したDVD・BD、小林賢太郎の単著、ボールペンなどの公演グッズ、そして前回の公演の上演台本が売られていた。文系の身としては、上演台本は手に入れたい所存だったので、物販コーナーへと続く行列に参加する。なかなかの人数が並んでいたが、スタッフの方が手慣れた態度で客をさばいていたので、さほど待たずに購入することが出来た。

購入後、席へと移動する。一応、指定された席は二階だったのだが、何故か四階へ上がらなくてはならないようだったので(どうやら二階と三階はバルコニー席のための階らしい)、エレベーターを利用した。同じホールの二階席から鑑賞するために、わざわざエレベーターを使わなくてはならないという事態に多少の違和感を覚えるが、恐らく、こういった状況に慣れていないだけである。ちょっと時間的にギリギリになってしまったため、些か慌ただしく着席して周囲の席に座っている人たちに少なからず迷惑をかけてしまった。申し訳ない。

18時開演。

具体的な内容には触れられないが、漠然とした印象として、前回よりもファンタジー寄りになっていたように思えた。否、前回の公演にしても、現実的には有り得ない設定が少なくなかったのだが、今回は明確にファンタジー色が強かった。まあ、そもそもの話、この公演タイトルからして童話をモチーフとしているのだから、当然といえば当然なのかもしれないが。ただ、それがダメというわけではなく、前回とはまた違ったベクトルの面白さがきちんと表現されていたように思う。とはいえ、あのキャラクターの再登場は、どうなのだろう。笑ったのは笑ったのだが、ちょっとファンサービスが過ぎるような気もした。前回の公演を観た限りでは、このライブはこれまでとはまた別の普遍的な笑いを志向しているように感じていただけに、予備知識を要するコントというのはやはり……。まあ、そういった考えを吹き飛ばすくらいに、笑っちゃったんだけれども。うむ。

それと、今回もシチュエーションコントを連発するくだりがあったのは嬉しかった。今回もベーシックな設定だったけれど、彼らが敬愛するコントユニットが得意とするシチュエーションということもあって、少なからず影響を感じた。あと、時たま、菅原さんが某03の某歌い手に見える瞬間があった。キャラ作りの上で、ちょっと参考にしたのだろうか。

エンディングは、アンコールのしつこさもあってか(舞台公演では割とよく見かける光景ではあるが、それにしても多かった!)、最後の最後に出演者たちから一言言ってもらう流れに。基本的にはコントの台詞を上手いこと使い回していくだけだったのだが、久ヶ沢の番になって、「筋肉見せてーっ!」という声が客席からあがると、隣に立っていた辻本が筋肉を見せ、更に小林がズボンを引っ張り上げて脚を見せるという流れが生まれ、やたらとコーフンしてしまった(小林の脚の細さにビックリ)。

なんだかんだで第三弾も楽しみである。あるよね?

「KAJALLA #1「大人たるもの」」(2017年3月15日)

2016年7月から9月にかけて、東京・大阪・横浜・豊橋の四か所で開催されたコントライブを収録。様々な方法でコント表現を模索してきた小林賢太郎による最新の不定形ユニット“KAJALLA”。その第一回公演の模様を収めた本作には、嘘偽りのない至極真っ当で誠実な「大人のコント」が演じられている。

あるモノを買うために並んでいた大人たちが、在庫の有無やバージョンの差異に踊らされるオープニングコント『ならんだ大人たち』、これまでに経験した不幸を埋め合わせる保険「バランス」を契約にやってきた男が、印象的な口癖の男たちからの接客を受ける『しあわせ保険バランス』、子どもたちに甘い飴を分け与える謎の男と甘いと思わせておいて奇妙な味の飴を配っている謎の男が公園で不明瞭な戦いを繰り広げる『味なやつら』、内向的な趣味の男たちが、社交的な友人を通じて苦手な女性と会話する機会を与えられそうになり困惑する『カドマツ君』など、どのネタもシンプルで分かりやすく、それでいて面倒臭さが滲み出ていて、清く正しく「大人のコント」として自立している。とりわけ、とある山小屋で起きた出来事を現在の視点と過去の視点を同時進行に展開するコント『山小屋における同ポジ多重コント』は、過去と現在の人々が入り乱れた小林賢太郎の演出力を堪能できる傑作だ(タイトルも説明もややこしいが、コントそのものは一目瞭然なのでご安心頂きたい)。

ただ、小林賢太郎のコント作家としての表現力が最も反映されていたのは、『頭蓋骨』を皮切りに繰り広げられるシチュエーションコントの数々だろう。「医者と患者」というコントとしては非常にオーソドックスなシチュエーションで統一された一連のネタ群は、その多くが、ちょっとした会話や動作で大きな笑いが生まれていくストロングスタイルになっていて、地味ながらも腹持ちが良い。インパクトよりも質で勝負しているあたり、これもまた「大人のコント」である。特に笑ったのは、安井順平竹井亮介の間に小林賢太郎が割って入る……これはタイトルがネタバレになってしまうところもあるので、どのコントのことを書いているのかは伏せておこう。そのバカバカしさ、下らなさは実際に鑑賞して楽しんでもらいたい。……この直後があのコントというのが、また……揺り戻しが強い……。

ところで、先程からやたらに取り上げている「大人のコント」というワードだが、そもそも「大人のコント」とは何なのか。正直なところ、書いている本人もよく分かっていない。ニュアンスで使っている。もっと掘り下げてしまうと、「大人」とはなんなのか。どういう状態の人間を「大人」と呼べるのか。正しく言語化できる人はいるのか。大きければいいのか。大きい人は大人なのか。では小さい人は大人じゃないのか。そもそも何の大きさの話をしているのか。……考え始めればキリがない。ただ、オープニングコント『ならんだ大人たち』の中で、在庫やバージョン違いに踊らされた小林が店員に訊ねた「あのー、普通のってないんですか? もう、こっから先、十年は変わりませんっていう定番」という台詞が、この勝手に生み出された問題の答えのような気がしないでもない。

「大人のコント」、それは思うに……。

■本編【128分】

「ならんだ大人たち」「しあわせ保険バランス」「味なやつら」「頭蓋骨」「オカルト先生」「もんしん」「BSドラマみたいな男たち」「野生のヤブ医者」「カドマツ君」「山小屋における同ポジ多重コント」「第二成人式」

「笑×演」(2017年3月30日)

芸人がネタを書き役者が演じるバラエティ特番第二弾。

ネタを提供したのは、岩井勇気(ハライチ)、森田哲矢さらば青春の光)、塙宣之(ナイツ)、ニッチェの四組。ネタを演じたのは、迫田孝也池田鉄洋前川泰之木村了不破万作・渡辺哲、西尾まり松井玲奈の八名。二人の役者がユニットを結成し、コンビとしてネタを披露していた。MCは山崎弘也アンタッチャブル)とバカリズム。ちなみに、第一弾は今年の1月5日に放送、石田明NON STYLE)、小峠英二(バイきんぐ)、富澤たけしサンドウィッチマン)、ライスがネタを提供していたらしい。

何年も会っていない友人のタナベに森の中に呼び出された男(池田)が、劇団四季を思わせる全身タイツの猫男(迫田)と遭遇、近況と願望を奇妙なメロディの曲に載せて聞かされる。法則性を認識させてから少しずつ崩していくスタイルは、まさにハライチの漫才そのもの。ただ、もしも迫田が演じている猫男を岩井が演じてみせたとしても、ここまで一定のリズムを保つことは出来なかっただろうし、なにより岩井が猫男に扮しているという背景が主張し過ぎて、ネタの本来の面白さは伝わらないだろう。「当人には出来ないタイプのネタを役者に演じてもらう」という、企画の魅力をきちんと反映したタイプのネタだった。

カフェで原稿を書いている小説家のヒガシノショウゴ(前川)の隣の席にやってきた彼のファンだという男(木村)が、さっき買ったばかりだというヒガシノの小説を速読で次々に読破していく。さらば青春の光の持ちネタ『速読』を思わせる設定だが、内容がまったく違っていたので驚いた。さらばの『速読』は、友人から本当に速読できるのかどうかを疑われている男が、官能小説を速読させられるという下ネタ寄りのコントだった。だが、ここで演じられているコントでは、自身が書き上げてきた小説を速読であっさりと読まれてしまう小説家の複雑な心境が笑いに昇華されている。使っている道具は同じなのに、ここまでまったく違った味わいのコントを完成させてしまう森田の技術力の高さに感心した。

ベテラン役者の二人によるしゃべくり漫才。二人の経歴を取り入れた内容になっていて、如何にもテレビの企画のためにこしらえた漫才という印象を受けた。しかし、それ以上に気になったのは、二人のリズム感の悪さ。いつまで経ってもしっくりこない。ただ、これは二人の演技に問題があるというよりも、むしろ、ナイツの情報をギチギチに詰め込んだ漫才が、如何に彼らの技術でもって成立しているかという証明であるように思う。もしも、他の漫才師が、例えば間をじっくりと使うようなタイプの漫才師がネタを書いていたとすれば、もうちょっとなんとかなっていたかもしれない。こういったズレもまた、企画の魅力である。

遠足が楽しみ過ぎて、三日前から眠れない娘(西尾)に戸惑いを隠せない母親(松井)のコント。事前のVTRで、江上が「マンパワーでなぎ倒していくタイプのコントしか書かない」と語っていたので、どのようなネタが作られたのだろうかと期待していたら、想像していたよりもずっとニッチェのコントだったのでビックリした。西尾が演じる娘も、松井が演じる母親も、キャラクターや言葉遣い、台詞のイントネーションから舞台上での動き方に至るまで、完全にニッチェのコントそのものだ。もはやトレースと言っても過言ではない。それは逆にいえば、ニッチェの個性的なビジュアルが無くても、彼女たちのコントは成立するということになる。それはそれで興味深い事実だ。ニッチェのコントの肝は、むしろ強烈な演技にあるのかもしれない。

番組内では観客投票を実施、ハライチ岩井×迫田孝也池田鉄洋のユニット「鹿児島学園」が優勝した。……どうでもいいけど、【優勝 鹿児島学園】というテロップの甲子園っぽさが、ちょっと面白かった。

なお、「笑×演」は四月からレギュラー放送を開始するらしい。見るかどうかは知らん。