読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜深夜の視聴覚室

芸人のDVDを見てなんやかんやいうブログ

おおなんというノープラン神戸旅(2017年3月4日・5日)

イベント

ニッポン放送 開局60周年記念 オードリーのオールナイトニッポン5周年記念 史上最大のショーパブ祭り」を観に行った日の夜、ひっそりと開催されたリスナー同士のオフ会で顔を合わせたこう☆こう氏が、夫婦で神戸に来るというので会いに行くことにした。こう☆こう氏は福岡県でTシャツの製造・販売をされている方である。当時、私とこう☆こう氏は一瞬しか会話を交わさなかったのだが、派手なファッションとアクティブな言動がとても印象的で、この魅力のカタマリみたいな人物のことをもっと知りたいと、かねてより思っていたのである。そんな最中に持ち上がった神戸来訪の話は、私にとってまさに渡りに船であった。……というのは、実のところは大義名分に過ぎず、本当は「一度、神戸に行ってみたかった」という好奇心によるところが大きかったのだが。えへへへへ(苦笑い)。

当日。家族に地元の駅まで送ってもらい、売店でお土産用の饅頭を購入、高速バスへと飛び乗ったのが午前7時半を過ぎたころ。そのままバスは走り出して、各停留所を経由して、神戸は三宮駅へと真っ直ぐに向かう。三宮駅に到着したのが午前11時50分ごろ。いつも、大阪へと向かうときに通り過ぎる場所に、とうとう降り立つのか……と感慨にふける間もなく、兵庫県民で“ミスター世話焼き”の異名を持つイシダドウロ氏と合流。実は、今回こう☆こう氏が神戸を訪れるのも、そもそもは彼の行きつけのクラブに行くためだった……らしい。詳しくは知らない。私はあまり他人の事情に首を突っ込まない人間なのである。イシダ氏と合流して、すぐさま電車で新神戸駅へと移動する。今回、こう☆こう氏は新幹線でやってくるのだが、この近辺で新幹線が止まる駅は新神戸駅しかないのだそうだ。むしろ、新神戸駅は新幹線を止めるためだけに作られたため、それ以外の楽しめる場所やらなんやらがまったく追いついていない……というのは、イシダ氏の弁である。

続きを読む

「じわじわチャップリン」(2017年2月25日)

テレビ

「アパレル」。服屋の店員にアパレル業の接客風の口調で語りかけてくる客。アパレル界隈の人間特有の鼻につく喋り方やマニュアル的言い回しを皮肉ったネタは過去にも存在したが、同様の方法論で店員に立ち向かうという発想は初めて目にした。この着眼点だけでもかなりのものなのに、構成も上手いからたまらない。半ば強引にアパレル風の口調を維持している客の不条理さが最高潮に達したところで、「僕、土木作業員です」と(もしかしたら同業者が他社を潰しに来たのではないか?)という一縷の希望を打ち砕く、この素晴らしさ。それでも何か納得させられるオチの一言に至るまで、とてもよく出来たコントだった。流石、チャンピオン。

 

「ダイイングメッセージ」。自宅で泥棒と遭遇し、胸をナイフで刺されてしまった男が、ダイイングメッセージをカセットデッキに吹き込もうとする(メロディ付きで)。胸をナイフで刺されているのに余裕ある行動を取っている……というギャップが笑いを生み出している。また、無駄に高い音楽性が、そのギャップを更に大きく広げている……その意味では、先週のてんしとあくまのコントに近いものがあるのかもしれない。途中で戻ってきた犯人が、ツッコミ役から不条理の担ぎ手へと役割を転換する構成もバカバカしくて面白かった。ただ、オチに救いがなくて、こんなに不条理なコントなんだから、そこはムチャクチャなことになっても良かったのではないか、という気もした。

 

【ふきだまりコーナー】

アイロンヘッド、インディアンス、インポッシブル、Aマッソ、えんにち、末吉くん、てんしとあくまトンツカタンネルソンズ、ハナコ、平野ノラ、ハリウッドザコシショウ、バッドナイス、ペンギンズ、マツモトクラブ、ORIEが登場。「今まで見たこともないギャグ」というテーマの元、バッドナイス、インポッシブル、ペンギンズがギャグを披露した。ペンギンズのネタにアイパー滝沢が入り込もうとする姿に、ちょっとだけ感動してしまった。新旧のアウトローキャラたちが共演している……!

 

「スリル」。二週勝ち抜き。恐い体験をするのが好きだという高松に、篠宮があの手この手を駆使して「安全なスリル」を味わわせる。センターマイクは用意しているが、漫才ではなく、布袋寅泰の『スリル』に合わせて高松を様々な方法で追い詰めていくパフォーマンス。とどのつまりは単なる悪ふざけなのだが、追い詰める方法のバカバカしさと使用されているBGMのリズム感が合わさって、ついつい笑ってしまう。こういうのを見ると、もう会場を自分たちの内輪に連れ込んでしまえば、何をやっても構わないのだなと思わせられる。それが良いことなのか、それとも良くないことなのか、私には判断できない。ただ、そういう徹底して意味のないこと、とことんバカバカしくて下らないこと、それって演芸じゃなくてテレビの役割じゃない? テレビの演芸番組なんだから、間違っていないといえば間違っていないんだけど……。三週連続勝ち抜きでチャンピオン大会出場決定。

 

 「社内恋愛」。同期の飲み会で意中の男性・鈴木との距離を埋めようと考えている和泉だったが、同僚の浜名が同じく鈴木に告白しようと考えていることを知り、自らの気持ちを悟られないままに諦めさせようと試みる。一昔前の会社漫画で描かれていたようなOL同士の腹の探り合いを、演技に強めのデフォルメを施して演じてみせたコント。そのため、新しさは皆無に等しいが、無難に笑える仕上がりにはなっている。あえて新しさを見出さない方向に行くのも悪くはないのかもしれないが、以前に見たコントの面白さを思うと、このクオリティは不服。演技力は安定しているし、だからこそ、こういうベーシックな台本でも笑うことが出来るのだが、もうちょっと攻めてもいいような気はする。今後、そういう一面も見せてもらえるようになれば、とても嬉しい(そういうネタだと投票数で負ける可能性もあるが)。

 

【今週のふきだまり芸人】

バッドナイス「ショートコント「サプライズ」」

ハリウッドザコシショウ「滑舌の悪いプロレスラー サムソン冬木の真似」

ORIEレースクイーンのショートコント「アドバイス」」

 

次回の出場者は、インディアンス、ORIEハルカラ(一週勝ち抜き)、ラフレクラン(一週勝ち抜き)。

「じわじわチャップリン」(2017年2月18日)

テレビ

「ゲーム」。一週勝ち抜き。甥っ子とどんな遊びをしたらいいのか分からない高松に、篠宮が様々なゲームを教えてあげる。篠宮が提案する徹底的に意味のないゲームは、面白いといえば面白いのだが、その中身の無さが故にネタの世界観に入り込めないと、置いてけぼりを食らったような気持ちになるから困る。とはいえ、中途半端に達者なネタをやるよりは、このくらいブッ飛んでいる方が印象に残るのも、また事実。それにしても中身のないネタだった。書きかけの文字がなんという文字なのか当てる「「ろ」か「る」かゲーム」はともかくとして、「どんなチクビか当てるゲーム」はヒドかったなあ……笑ったけども……。

 

「古い稽古場」。一週勝ち抜き。バイオリンの腕は上達しなかったのに、稽古場のきしむドアを操る技術が上達してしまった男。ナンセンスな設定と独自の音楽観を融合したコント。生み出される音楽が素晴らしければ素晴らしいほど、ナンセンスな設定との乖離が笑いに昇華される仕組みになっている。で、確かに面白かったのだが、途中で歌い始めたあたりから、ちょっと期待していた方向性とは違う展開になってしまったかなーっという印象を受けた。ドアから生み出される音楽が発端となっているのだから、最後までドアを貫くか、或いはまったく関係のない新しい流れが作られるか、どちらかが見たかった。歌うのは、ちょっと違う。あと、オチの「ドアせえ!」という微塵も捻らないツッコミが、少しだけ面白かった。

 

【ふきだまりコーナー】

てんしとあくまアイロンヘッド、インディアンス、インポッシブル、Aマッソ、ORIE、末吉くん、トンツカタンネルソンズ、ハナコ、ハルカラ、バッドナイス、平野ノラ、ペンギンズ、マツモトクラブ、ラフレクランが登場。「マツモトクラブが腹を抱えて笑うギャグ」というテーマの元、Aマッソ、ORIE、平野ノラがギャグを披露した。カメラの前に出てきてはしゃいでいるORIEと平野ノラに澤部「どけどけ! バブルはとうに終わっているのだから!」

 

「子どもの遊び」。子どもの頃にやっていた「なぞなぞ」をお互いに出し合う。「爆笑オンエアバトル」以来、久しぶりにしっかりとえんにちの漫才を鑑賞させてもらったが(M-1予選はあまりにもヒドかったので自分の中でノーカン)……こんな感じだっただろうか。なんというか、あまりにも、盛り上がりに欠けている。当時はもうちょっとアイパーのキャラクターを全面に出していて、観客をガンガン笑わせていた気がしたが……。そういえば、M-1の時にもコンプライアンスの影響をもろに食らっているという噂を耳にしたが、それにしても、ここまでとは……。アイパーの出すなぞなぞがビミョーにアウトローだったのには笑ったが、全体的にトーンが低調で、彼ら自身もあまり盛り上がっていないように感じた。実力のあるコンビなので、この厳しい時代の流れに負けず、なんとか持ちこたえてもらいたいところだが。

 

「ものまね大連発」。一週勝ち抜き。「誇張しすぎたアンガールズ田中」「誇張しすぎた今でしょ!」「誇張しすぎたジャパネットたかた」「爆笑問題 太田さんの登場シーン」「誇張しすぎた木村拓哉」「誇張しすぎた美川憲一」を披露。全体的に粗めに処理していたような印象を受けた。荒々しいようでいて、パフォーマンスそのものは非常に丁寧なザコシにしては珍しい。とはいえ、それでも笑えた。壊れたオモチャのような田中の「ヤーマーネー!」、誇張された途端にデスボイスになるジャパネットたかた、シンプルにモノマネになっていた太田光(「爆笑問題 太田さん」という表記に地味にリスペクトを感じる)あたりがお気に入り。

 

【今週のふきだまり芸人】

ラフレクラン「ショートコント「突然先輩が来た」」

アイロンヘッド「ショートコント「分かっていたよ」」

ネルソンズ「ショートコント「優先席」」

 

次回の出場者は、アイロンヘッドオジンオズボーン(二週勝ち抜き)、ハルカララフレクラン

「R-1ぐらんぷり2017」直後の鬱屈を吐いてみる。

テレビ

「面白いって、なんだろう?」。お笑いを真面目に見るようになって十数年、今頃になって、そんなことを真面目に考えてしまった。優勝した芸人のことは嫌いじゃない。ネタも笑った。優勝したことそのものに関しては不満もない。でも、何かが、しっくりきていない。その理由はなんだろう。自分が好きな笑いが評価されなかったからだろうか。確かに、レイザーラモンRGルシファー吉岡、マツモトクラブがさほど評価されなかったことは、私の心をひどく冷たくさせた。でも、笑いの量に関していえば、最終決戦に進出を決めたファイナリストたちのネタの方が多かった。そして、私の思考は、最初の疑問へと戻ってくる。「面白いって、なんだろう?」。笑えればいいのか。それだけでいいのか。これが漫才であれば、それでいいとも思えるだろう。漫才は他の演芸に比べて圧倒的に笑いに特化した演芸だからだ。事実、歴代のM-1王者を見ても、NON STYLEパンクブーブーのように笑わせることだけに特化したコンビの名前が刻まれている。だが、R-1ぐらんぷり、もといピン芸の世界において、笑わせることだけに特化したパフォーマンスばかりが評価されて、独創的な切り口や卓越した表現方法などがおざなりにされてしまうというのは、どうなのだろう……と、ここまで考えたところで、「別にいいんじゃないですか? 笑いに特化したパフォーマンスが評価されずに、重厚な演芸ばかりが評価されるというのも、それはそれで不健全というものですよ」という反論が自分の中に浮上してきたので、成程と納得することにした。